2020年8月12日 更新

【保存版】京都オススメの酷暑に美味しいかき氷!和菓子&抹茶老舗から人気甘味処まで【厳選12店】

おおきに~豆はなどす☆今回は酷暑に美味しいかき氷を集めました。和菓子やお抹茶の老舗の名店から女子に人気の甘味処まで☆

抹茶が濃い!江戸時代創業の老舗茶舗のかき氷「丸久小山園」

 (188810)

 (188811)

中京区、地下鉄烏丸御池駅から西へ。西洞院にある、江戸時代創業の宇治茶の老舗の茶房。夏期限定メニューの抹茶かき氷は、老舗茶舗ならではな驚くほどの抹茶感。そして抹茶クオリティにこだわる人なら押さえておきたい中毒性ありな美味しさ。

名称:丸久小山園
場所:京都市中京区 西洞院通御池下ル西側
電話番号:075-223-0909
公式サイト:https://www.marukyu-koyamaen.co.jp/
詳細記事:https://kyotopi.jp/articles/npSaO

月替りの老舗全力のフレッシュフルーツかき氷「中村軒」

 (188797)

 (188798)

 (188799)

西京区、桂離宮スグの場所にある創業明治16年の老舗和菓子店。通常の和菓子ももちろん有名だが、夏場のかき氷に対する総力結集ぐあいがハンパない。月替りで提供するフレッシュフルーツかき氷はかき氷マニアの間では大人気で、リピート率も高い。今年は新型コロナの影響により、テイクアウトかき氷も登場。

名称:中村軒
場所:京都市西京区桂浅原町61
電話:075-381-2650
公式サイト:https://www.nakamuraken.co.jp/
詳細記事:https://kyotopi.jp/articles/zwshl

数量限定のあんず氷は濃厚!最後まで絶品☆甘味処「みつばち」

 (188818)

 (188819)

上京区河原町今出川下がった場所にある人気の甘味処。こちらは通常あんみつが美味しいことでも有名だが、夏場のスペシャリテ・あんず氷はかき氷マニアの間では必ず年イチで食べたくなる絶品のかき氷。濃厚な果肉たっぷりの自家製あんずシロップを一度食べたら必ずリピーターになる美味しさ。

名称;みつばち
場所:京都府京都市上京区河原町今出川下ル梶井町448-60
電話番号:075-213-2144
詳細記事:https://kyotopi.jp/articles/ZIJmJ

名物・琥珀流しでも有名な老舗「大極殿本舗 六角店 栖園」

 (188793)

 (188794)

 (188795)

中京区烏丸六角東へ。創業明治18年の老舗。もう見るからに歴史あり!な雰囲気の店構え。築約140年の使い込まれたベンガラ色の京町家。祇園祭の時期は「吉兆あゆ」、そして月替りのこちらの名物「琥珀流し」は人気商品。月イチで訪れるファンも。そして、夏場のかき氷もそれに負けず劣らず老舗ならではな美味しさ。ふわふわの氷に白玉が乗ってる黒みつしぐれは黒蜜の濃厚な味ダイレクト。暑さで疲れたカラダを癒やしてくれる、心地良い甘さ。他、梅酒みぞれも絶品。

名称:大極殿本舗 六角店 栖園(せいえん)
場所:京都府京都市中京区六角町高倉東入堀之上町120
電話番号:075-221-3311
詳細記事:https://kyotopi.jp/articles/Hl980

羊羹の老舗とらやの濃厚宇治金時「虎屋菓寮 京都一条店 」

 (188790)

 (188791)

上京区御所西にある羊羹の老舗代表格。室町時代創業の和菓子店とらやの甘味処。高級感ただよう落ち着いた雰囲気の店内でゆったりとお庭を眺めながらいただく抹茶濃厚な宇治金時はついつい長居して食べたくなる逸品。形も煮崩さず炊き上げた北海道十勝産の小豆使用のあんこは老舗ならではな美味しさ。

名称:虎屋菓寮 京都一条店
場所:京都府京都市上京区一条通烏丸西入
電話番号:075-441-3113
公式サイト:https://www.toraya-group.co.jp/
詳細記事:https://kyotopi.jp/articles/GEfY5

隠れ家的人気和カフェ!抹茶&黒蜜味が楽しめる☆「茶房一倫」

 (188821)

 (188822)

左京区銀閣寺スグの場所の細い路地にたたずむ穴場的甘味カフェ。和菓子やぜんざい、パフェなど和を基調としたスイーツぞろいで、しかも割安。中でも夏場のかき氷は、抹茶&黒蜜のハーフ&ハーフなど、欲張りさん御用達メニューも。

名称:茶房一倫
場所:京都市左京区浄土寺東田町19
電話番号:075-761-5810
詳細記事:https://kyotopi.jp/articles/ZYzl5

世界遺産の森の中で食べる極上かき氷!「さるや」

 (188816)

 (188817)

左京区下鴨神社境内、糺の森の中にあるロケーション最高の甘味処。夏場はここのかき氷を目当てに訪れる参拝客も多数。古事にならい再現した由緒正しい「鴨の氷室の氷」使用いちごミルクはキメ細かい氷とねっとりしたイチゴシロップ、練乳が三位一体の美味しさ。

名称:さるや
場所:京都府京都市左京区下鴨泉川町59、下鴨神社境内
電話番号:075-781-0010
公式サイト:http://www.shimogamo-jinja.or.jp/saruya/
詳細記事:https://kyotopi.jp/articles/AXqWZ

蜂蜜専門店のハチミツかけ放題かき氷「ミールミィ本店」

 (188824)

 (188825)

中京区三条富小路にある創業1930年の老舗蜂蜜専門店。店内には高品質で希少な蜂蜜や蜂蜜のお酒、ミードも各種。さらに店内奥にはカフェもあり、夏場は8種類の蜂蜜をかけ放題できるハニーレモンかき氷もあり人気。

名称:ミールミィ三条本店
場所:京都市中京区三条通富小路西入中之町21
電話番号:075-221-6639
公式サイト:https://miel-mie.com/
詳細情報:https://kyotopi.jp/articles/sAm6Z

老舗銘菓の贅沢空間で梅まろみぞれ氷「鶴屋吉信本店」

 (188813)

 (188814)

上京区堀川今出川にある京都イチ有名といっても過言ではない老舗和菓子。その自社ビル上階にある、街中なのに喧騒を忘れる中庭もある広々空間の茶房。かき氷メニューもいくつかあるが、中でも淡いピンク色がなんとも愛らしい梅まろみぞれ氷はゼリーとかき氷がドッキング。梅酒使用のさっぱり感が美味。

名称:鶴屋吉信 京都本店
場所:京都市上京区今出川通堀川西入る
電話番号: 075-441-0105
公式サイト:https://www.tsuruyayoshinobu.jp/shop/pages/tenpo_tokyomise_kissa.aspx
詳細記事:https://kyotopi.jp/articles/44Umz

宇治系かき氷なら老舗茶舗におまかせ「中村藤吉」

 (188801)

 (188802)

宇治市にある創業明治3年、宇治茶ひとすじの老舗茶舗がプロデュースする甘味処。なので抹茶がテッパンではあるが、そこはあえてのほうじ茶チョイスが通。ふんわり盛られたきめ細かい氷にあんこ、白玉、ソフトクリーム。そして、添えられた真っ黒のほうじ茶みつの宇治きん氷。渋みも残しつつ、芳醇な味わいは老舗茶舗ならではな逸品。

名称:中村藤吉
場所:京都府宇治市宇治蓮華5-1
電話番号:0774-22-9500
公式サイト:https://www.tokichi.jp/tea/index.html
詳細記事:https://kyotopi.jp/articles/xjFHN

北野天満宮前の銘菓・粟餅がかき氷にイン☆「粟餅所・澤屋」

 (188807)

 (188808)

上京区北野天満宮前にある、創業330年の歴史ある有名和菓子店。こちらの看板メニューとなる粟餅はオールシーズン人気の和菓子だが、夏限定で粟餅とかき氷がドッキング。1皿で2度美味しいかき氷は参拝後に食べたくなる逸品。

名称:粟餅所・澤屋
場所:京都府京都市上京区紙屋川町839−6
電話番号:075-461-4517
詳細記事:https://kyotopi.jp/articles/sBtA1

三条寺町のレトロ老舗甘味処・甘党茶屋『梅園』

 (188804)

 (188805)

中京区、三条寺町にある創業昭和2年の甘味処。四角いみたらし団子が名物で、他あんみつやらかき氷も定評あり行列をつくる場面にもよく遭遇する人気店。自慢の白玉やわらび餅をカスタマイズでトッピングできるのが楽しいかき氷。

名称:梅園
場所:京都市中京区天性寺前町526
電話番号:075-211-1235
公式サイト:http://umezono-kyoto.com/
詳細記事:https://kyotopi.jp/articles/FSrHm

最後に

いかがでしたか?どのお店のかき氷も京都では美味しいと定評あるお店ぞろい。これからまだまだ酷暑が続きそうな京都で、ひんやり身体を癒す絶品かき氷、ぜひご賞味あれ!

ヨ~イヤサ~♪
40 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな