2017年8月10日 更新

【京都かき氷】極上和の世界が広がるビル上の穴場茶房!老舗銘菓の和菓子もいただける贅沢空間で梅まろみぞれ氷☆「鶴屋吉信本店」

驚きです。あんなステキな空間があるとは。街中なのに喧騒を忘れる中庭もある広々空間の茶房。京都イチ有名といっても過言ではない、老舗和菓子店・鶴屋吉信本店のかき氷をいただきました。

創業200年余の老舗和菓子店

 (89961)

堀川通り今出川北西角にある老舗和菓子店。創業200年余。よくテレビで、和菓子作り体験もできるお店として登場。
 (89962)

進物買いに来たりとかはあります。他、百貨店にも支店が全国にあることでも有名。さらには、京都駅構内に新しいスタイルの和菓子の提案をする店舗も構え、老舗らしい伝統菓子と、今のニーズにあった革新的和菓子を柱にした安定感。
 (89964)

いつも、至近距離でしか本店を見てなかったんですが、引きで見るとビルなんですね、ここ(驚)さすが、京都を代表する老舗銘菓の一つといえます。
 (89965)

今回はたまたまこの近くを通りかかり、うだるような暑さに耐えきれず、何か冷たいものが食べたいなと。
 (89967)

下の和菓子店の横に茶店エントランス。かき氷もあるようなので、こちらに入ることに。
 (89966)

街中とはいえ、青竹を配した涼やかな演出のエントランス。
 (89968)

一番奥に入り口。
 (89969)

入ってさらにエレベーターで2階へ。
 (89970)

すると、外観からは想像できない広々とした和の空間が広がる。広すぎて、どこに座ったらいいかとちょっと戸惑うほど(笑)
 (89971)

手前にはカウンター席も。
カウンター6席の菓遊茶屋。職人による実演と菓子作りの説明を聞きながら、季節の生菓子とお茶をいただける空間。よく紹介される和菓子づくり体験はこちらで行われます。
 (89972)

中央にはガラス張りになったお庭も。坪庭、と言ってしまうにはあまりにも立派で広々。ビル内にこんな空間が広がろうとは。外からは全く想像できず。
 (89973)

そして、奥には小上がりの茶室もあり、茶会に使われたりもするんですかね。お客さんも和服のご婦人の団体がけっこう来店されてて、茶道絡みのツアーか何かで来られたのかな?という方々をよく見かけました。
 (89974)

もう最初からかき氷、それも梅まろみぞれ氷を注文しようと決めてましたが。他メニューもいろいろと。
 (89975)

かき氷、こんな新しいメニューもあり、かなり惹かれましたが。
26 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都かき氷めぐり】数量限定のあんず氷は濃厚!最後まで絶品!!年イチで必食☆甘味処「みつばち」

【京都かき氷めぐり】数量限定のあんず氷は濃厚!最後まで絶品!!年イチで必食☆甘味処「みつばち」

河原町今出川にある人気の甘味処。通常は手づくりあんみつが自慢のお店ですが、夏は特にかき氷が絶品。中でも期間限定のあんず氷は一度食べたら必ずリピーターになる美味しさ。早くも梅雨明け前に食べてきました。
【京都かき氷めぐり】北野天満宮前の老舗和菓子店!あの銘菓・粟餅がかき氷にイン!!季節限定☆「粟餅所・澤屋」

【京都かき氷めぐり】北野天満宮前の老舗和菓子店!あの銘菓・粟餅がかき氷にイン!!季節限定☆「粟餅所・澤屋」

北野天満宮前にある、創業330年の歴史ある有名和菓子店。こちらの看板メニューとなる粟餅はオールシーズン人気の和菓子だが、夏限定で粟餅のかき氷があるということで、食べてきました。
【京都かき氷】年イチで必ず食べたい絶品あんず氷!数量限定の濃厚仕上げ☆甘味処「みつばち」【河原町今出川】

【京都かき氷】年イチで必ず食べたい絶品あんず氷!数量限定の濃厚仕上げ☆甘味処「みつばち」【河原町今出川】

河原町今出川にある人気の甘味処。通常は手づくりあんみつが自慢のお店ですが、夏は特にかき氷が絶品。中でも期間限定のあんず氷は一度食べたら必ずリピーターになる美味しさ。そして、これを食べないと夏を越せない名物かき氷。
【桂離宮前】京都老舗和菓子店の全力かき氷!月替りのフレッシュフルーツかき氷は全制覇したくなる!!「御菓子司 中村軒」

【桂離宮前】京都老舗和菓子店の全力かき氷!月替りのフレッシュフルーツかき氷は全制覇したくなる!!「御菓子司 中村軒」

大本命のかき氷ならココ。しかも、定番のものから月替りのかき氷までバリエーションも豊富。創業明治16年の老舗和菓子店の総力結集の季節限定かき氷。
【京都発酵食品めぐり】明治創業の老舗京銘菓の名物『琥珀流し』3月は甘酒☆「大極殿本舗 六角店 栖園(せいえん)」

【京都発酵食品めぐり】明治創業の老舗京銘菓の名物『琥珀流し』3月は甘酒☆「大極殿本舗 六角店 栖園(せいえん)」

歴史ある京都の発酵食品事情をご紹介する京都発酵食品部★今回は創業明治18年の老舗京銘菓。その名物甘味『琥珀流し』は月替わりで季節の味が楽しめ、3月は発酵食品である甘酒味。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな