2021年8月12日 更新

星付きシェフ直伝『時短ハンバーグ』の作り方!”合わせ調味料”が決め手!フランス料理「レーヌ デ プレ」

ハンバーグを作るとき、下味は塩胡椒だけだった人、涙をこらえながら玉ねぎのみじん切りをしていた人、必見!!!秘伝の合わせ調味料8種類をミンチ肉に丹念に混ぜ込めば、あとは焼くだけで“星3つ”ハンバーグができてしまう最強ハンバーグレシピをご紹介!

「レーヌ デ プレ」のオーナーシェフが教えるハンバーグの作り方

 (210531)

お子さんや旦那さん、彼氏、彼女に「晩ごはん何食べたい〜?」と聞いたときに、リクエストの多いメニューの1、2位を争うのって、いつの時代もハンバーグじゃないでしょうか??

でもなぁー、ちょっと面倒なんだよなーー。とお思いのあなた、今回、「ミシュラン」「ゴ・エ・ミヨ」に選ばれるなど、数々の受賞歴をもつフランス料理店「レーヌ デ プレ」のオーナーシェフ・中原文隆氏が、肉1キログラム分のミンチを使ったハンバーグの作り方、保存方法などすべて教えてくださいます!

一度作っておけば、しばらく一家安泰です。レシピ動画とともに、こちらの記事をご参照ください。
 (210532)

河原町丸太町エリアのフランス料理店「レーヌ デ プレ」。総席数8席。昼も夜も完全予約制で、最大3組までしか入れない、予約ハードル高めのお店。

素材×火入れ×シンプルをコンセプトに、その日その時手に入る最良の食材たちをマリアージュさせたコース料理を提供されているので、メニューはおまかせ。どんなサプライズが仕掛けられているのかは、食べるまでのお楽しみです。

材料(肉1kg分)

 (210530)

牛ミンチ:1kg(シェフは和牛100%を推奨)
付け合わせの野菜:季節のものをお好みで

<合わせ調味料>
醤油:24g
ウスターソース:22g
卵(全卵):260g (Mサイズ5個分が目安)
ケチャップ:120g
パン粉:50g
蜂蜜:10g
黒コショウ:2g
ナツメグ:2g
塩:2.5g

※分量はお肉の量にあわせて変えてください。

作り方

 (210533)

材料の<合わせ調味料>をすべてボールに入れて、混ぜ合わせておく。
※先に調味料を合わせておくことで、味にムラがなくなり、混ぜる工程も1回で済み、時間短縮に

1キロのミンチ肉の中に、合わせ調味料をすべて入れて、粘りが出るまで手早く混ぜる。
(シェフの手際で、こねる時間は1分間)
※手が汚れるのが嫌、肉1キロを混ぜられるほど大きなボウルがない方はビニール袋で代用ok

肉を成形する。小判型、丸型、俵型なんでもok。熱が均等にとおるように真ん中を少し凹ませておくのがポイント
※今日使わない分は成形してラップ、冷凍しておけば次のハンバーグの日がめちゃくちゃ楽!

テフロンのフライパンであれば、油をひかずに、そのまま中火で表面に焦げ色をつけ、オーブンで火を入れていきます
※オーブンがない場合は、弱火で蓋をして焼くか表面だけフライパンで焼いて、そのあとレンジで5分ほど温めてもok

シェフの焼き加減の目安は、片面1分ほど、その後、何度かひっくり返して、両面にきれいな焼き色をつける

180度に加熱したオーブンで、10〜12分ほど焼きます

キッチンペーパーにおいて、余分な脂を吸わせたら、できあがり。

お皿に付け合わせの野菜とソースを乗せて盛り付けます。
※ソースはお好みでどうぞ! ただ、お肉にしっかりと味がついているので、薄味がおすすめです。


料理のコツ

●調味料はすべて合わせておく

●ミンチと合わせ調味料を素早く混ぜる、ミンチに粘りが出るまで素早く混ぜる

●成形の形は自由、真ん中に凹みをつけておく

●フライパンで表面に焼き色をつけ、オーブンで中まで火を入れる

レーヌ デ プレの基本情報


店名:レーヌ デ プレ (Reine des pres)
住所:京都市上京区中町通丸太町下ル駒之町537-1
電話番号:075-223-2337(完全予約制)
※昼、夜とも最大3組まで予約可能、席数8席
営業時間:
ランチ 11:30~12:30(L.O)
ディナー 18:00~19:00(L.O)
定休日:水曜、第2・3木曜(変動あり)
公式サイト:http://reine-des-pres.com/
17 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Kyotopi 編集部 Kyotopi 編集部

オススメの記事