2022年1月12日 更新

【2022】多種多様に咲き誇る冬〜春の花―京都・椿(ツバキ)の名所9選

京都で有名な食堂と言えば、必ず名前があがる「ハイライト食堂」。今回は、ハイライト食堂の名物メニューでもある唐揚げの作り方を教えてもらいました。

名物食堂の味をおうちで

 (217376)

京都のガツ盛り食堂と言えば「ハイライト食堂」が有名ですよね。
本店は百万遍にあり、市内で5店舗を展開する名物食堂です。

現役大学生はもちろん、学生生活を京都で過ごした人なら、必ず食べたことがあると言っても過言ではない、ハイライト食堂の『唐揚げ』

その『唐揚げ』の作り方を、ハイライト食堂3代目の辻井さんに教えてもらいました。初公開です。懐かしの味、プロの味を、ぜひおうちで再現してみてください。
 (217375)

さくさくでスパイシーな衣、ジューシー唐揚げは、たっぷりなボリュームなのにぺろっと食べれてしまうから不思議。
ぜひ、おうちでハイライト食堂の唐揚げ再現してみてください!

f:id:kyotoside_writer:20211227100527j:plain

雪が積もりだす冬から桜の季節まで、品種によって見頃も違えば色や形も違う椿(ツバキ)。江戸時代に品種改良が盛んにおこなわれ、現在では数え切れないほどさまざまな椿が存在しています。今回は、京都府内で見られる椿の名所をご紹介。頭上に咲く椿はもちろん、花を落とした姿や手水鉢に入った椿にも注目です。

【新型コロナウイルスの感染拡大防止対策にご協力お願いします!】
・基本的な感染予防対策(マスクの着用・手洗い・身体的距離の確保など)を徹底してください。
・屋外の活動も慎重にしてください。
・発熱等の症状(発熱、咳、のどの痛み、息苦しさなどの症状)がある場合は、外出を控えてください。

和洋折衷・1500種の椿が見られる楽園

舞鶴自然文化園@舞鶴市

f:id:kyotoside_writer:20211227100216j:plain

園内に約5haの椿園を有する舞鶴自然文化園では、約1500種3万本の椿を見ることができます。
まずは、入ってすぐのところにある全長約1.5㎞の椿めぐりコースを歩いてみましょう。正門付近の日本種や管理棟手前に咲く洋種にはじまり、コース沿いには色も形もさまざまな椿が咲き乱れています。そして、一番奥にあるカメリアハウスでは、原種椿や唐椿、洋種椿が見られます。

f:id:kyotoside_writer:20211227100236j:plain

こちらは鮮やかなオレンジの雄しべと黄色い花弁が特徴の「金花茶(きんかちゃ)」。中国原産の種で、「幻の黄色い椿」とも呼ばれていたのだそう。
園内の芝生広場では、お弁当を広げてピクニックができるので、休憩をはさみながらゆったり鑑賞できますよ♪色とりどりの椿をじっくり楽しんでみてください。

■■INFORMATION■■
舞鶴自然文化園
場所:舞鶴市字多祢寺24-12
電話:0773-66-1053(舞鶴市土木課)
時間:9:00〜17:00(最終入園16:00)
料金:椿園・アジサイ園開催期間中500円
休み:※椿園(春)とアジサイ園の時期のみ開園。椿園は令和4年3月頃予定
HP :https://www.city.maizuru.kyoto.jp/kurashi/0000008152.html

1200年の歴史を持つご長寿椿!

滝の千年ツバキ公園@与謝野町

f:id:kyotoside_writer:20211227100408j:plain

与謝野町にある滝の千年ツバキ公園のエントランスから山道を進むこと約300m。他の椿とは一線を画す風格をもつこちらの椿は、なんと推定樹齢1200年!
ヤブ椿科クロツバキの原種と考えられており、その大きさは樹高9.7m、枝張り径10.0m、幹周3.26mで、日本最長寿級なんだとか。椿の見頃は例年3月末~4月中旬と言われています。

また、公園から徒歩15分のところには、「加悦椿文化資料館」があります。こちらでは、千年ツバキに関する資料や、椿をテーマにした絵画、陶磁器などが展示されています。椿についてもっと知りたい!となった方は、足を運んでみてはいかがでしょう。

■■INFORMATION■■
滝の千年ツバキ公園
場所:与謝郡与謝野町字滝316
電話:0772-43-0155(与謝野町観光協会)
時間:園内自由
料金:入園無料(加悦椿文化資料館は入館料200円)

秋から春先まで多彩な椿で彩られるお寺

興雲寺@福知山市

f:id:kyotoside_writer:20211227100527j:plain

春日局の甥である福知山藩主・稲葉紀通侯を開基とする、藩主の菩提寺。境内に植栽されている椿は、約150種200本。多彩な品種を見られることに加え、長期にわたって花を楽しめるのが特徴です。

f:id:kyotoside_writer:20211227100537j:plain

10月に咲く「炉開き」を皮切りに、早咲きは10~12月、冬咲きは12~3月、春咲きは3~4月と次々に境内を彩ります。特に注目したいのは、同寺の固有種である一重の筒咲き椿「興雲寺」。樹齢400年と境内一の古株で、桃紅色の美しい花で見る者を魅了します。秋から春先まで、何度も足を運んで椿を楽しんでみてください。

■■INFORMATION■■
興雲寺
場所:福知山市三和町中出16
電話:0773-58-2273
時間:9:00〜17:00
料金:拝観無料
休み:無休
HP :https://www.facebook.com/kenryuzan

広大な庭園を彩る椿園へ

八幡市立松花堂庭園・美術館@八幡市

f:id:kyotoside_writer:20211227100738j:plain

八幡市立松花堂庭園・美術館は、寛永文化が息づく関西有数の「わびさび」の美しい日本庭園です。約2.2haの広大な園内では、四季折々の花木を見られることでも有名。こちらでは、庭園全域で椿が見られますよ。

f:id:kyotoside_writer:20211227100746j:plain

園内の椿は、2月頃から開花が始まりますが、椿の種類によって開花時期はさまざま。3月頃は、花弁がほんのり桃色に染まった八重の酔羽衣(よいはごろも)をはじめ、京雅や宝珠などが咲き始めます。

f:id:kyotoside_writer:20211227100756j:plain

4月になると、真紅のバラと見紛うほど華やかな南蛮紅や、黒椿、白楽天などが見られます。もっと早い種だと、11月や12月に咲くものも。HPでは庭園で見られる椿の種類と場所が掲載されているので、散策の際に参考にしてくださいね。(こちら

■■INFORMATION■■
八幡市立松花堂庭園・美術館
場所:八幡市八幡女郎花43-1
電話:075-981-0010
時間:9:00~17:00(入園・入館は16:30まで)
料金:100円(美術館は400円~)
休み:月曜(祝日の場合はその翌平日)、12月27日~1月4日
HP :https://shokado-garden-art-museum.jp/

椿寺でお参りとともに椿を鑑賞

浄安寺@久御山町

f:id:kyotoside_writer:20211227100923j:plain

天喜元(1053)年に創建された、浄福寺を前身とする浄土宗の寺院・浄安寺。「椿寺」の愛称でも親しまれています。境内には約230種の椿が植えられていて、お参りの際に自由に見ることができますよ。

f:id:kyotoside_writer:20211227100942j:plain

毎年、こちらでは「椿展」が開催され、一輪挿しの椿が飾られていましたが、今年は新型コロナウイルスの影響で椿展は中止の予定です。再び開催される時がきたら、じっくり楽しみたいですね。

■■INFORMATION■■
浄安寺
場所:久世郡久御山町佐山双置80
電話:0774-41-6036
時間:9:00〜17:00
料金:拝観無料
休み:無休

見目麗しい椿の詰め合わせ

柳谷観音 楊谷寺@長岡京市

f:id:kyotoside_writer:20211227101059j:plain

境内に四季折々の花が咲き、押し花を使った御朱印も人気の柳谷観音 楊谷寺(ようこくじ)。花手水も一年を通してさまざまな花で彩られています。もちろん、椿もその中のひとつ。写真は2021年4月の花手水です。ピンクの花弁がかわいらしい八重咲の乙女椿をメインに紅椿と一緒に浮かべた春らしい装いです。

f:id:kyotoside_writer:20211227101112j:plain

ほかにも紅椿で埋め尽くされた花手水や……

f:id:kyotoside_writer:20211227101123j:plain

黄色バラと春椿の花手水も。
また、手水だけでなく、奥之院へつながるあじさい回廊の途中のところに、樹齢約200年の五色八重椿が植わっています。1本の木から白やピンク、赤、縞模様など、いろいろな椿が咲くのだとか!美しく施された花手水と色とりどりに咲く椿の木の両方を楽しんでみてください。

■■INFORMATION■■
柳谷観音 楊谷寺
場所:長岡京市浄土谷堂の谷2
電話:075-956-0017
時間:9:00〜16:30受付終了
料金:無料(令和4年4月1日から500円、ウィーク開催時700円)
休み:無休
HP :https://yanagidani.jp/

古典から近現代まで多様な椿が並ぶ

城南宮@京都市 

f:id:kyotoside_writer:20211227101256j:plain

方除(ほうよけ)の大社として信仰を集める「城南宮」では、四季折々の花が見られることでも有名です。中でも、神苑には、源氏物語に登場する約80種の草花が植栽されていて、「源氏物語 花の庭」とも呼ばれています。
こちらでは、120品種、約400本の椿が植えられており、早いものは9月頃から、遅いものでは5月頃までさまざまな椿が苑内を彩ります。神社の名前が付いた「城南椿」(花期2~4月)は、藪椿の一種で苑内に4本あり、真紅の花びらと筒状の形で小ぶりな大きさが特徴。

f:id:kyotoside_writer:20211227101311j:plain

こちらは樹齢約200年の藪椿「離宮椿」(花期2~4月)。平安時代に白河上皇が院政の拠点として造営した城南離宮(鳥羽離宮)に咲くことから、その名前が付けられました。城南椿と似ていますが、離宮椿の方が少し大きく、中央あたりにふくらみがあります。

f:id:kyotoside_writer:20211227101322j:plain

左上:光源氏、左下:菱唐糸、右上:岩根絞、右下:酒中花

また、椿を鑑賞する際にカテゴリー別に見てまわるのもおすすめ。城南宮のHPでは、独自の視点で椿を区分しているので参考にしてみてください。

古典椿の道では、江戸時代に発展した「古典椿」と呼ばれる椿がたくさん植えられています。先人たちが品種改良をして、今や数え切れないほど椿の種類がありますが、江戸時代から変わらない花を見るのも風情がありますね。
古典椿の一部をご紹介。
光源氏(ひかるげんじ)…牡丹咲・八重・花期3~4月
菱唐糸(ひしからいと)…唐子咲・八重・花期3~4月
岩根絞(いわねしぼり)…八重咲・八重・花期3~4月
酒中花(しゅちゅうか)…牡丹咲・八重・花期3~5月

f:id:kyotoside_writer:20211227101403j:plain

左上:孔雀椿、左下:金花茶、右上:以津の夢、右下:松波

古典椿と対を成すのが明治以降に作出された椿を城南宮では「近代・現代椿」と総称して植栽しています。華やかな花形も多く、見ているだけでも楽しめますよ。
近代・現代椿の一部をご紹介。
孔雀椿(くじゃくつばき)…蓮華咲・八重・花期3~4月
金花茶(きんかちゃ)…筒からラッパ咲・一重・花期3~4月
以津の夢(いつのゆめ)…桔梗咲・一重・花期1~4月
松波(まつなみ)…獅子~牡丹~二段咲・花期3~4月

f:id:kyotoside_writer:20211227101432j:plain

左から日光、月光、流星光

以前、KYOTOSIDEでは、城南宮の「三光の御神紋」について触れましたが、日・月・星の文字が入った椿もあるんですよ。
日光(じっこう)…唐子咲・八重・花期3~4月
月光(がっこう)…唐子咲・一重・花期2~4月
流星光(りゅうせいこう)…筒咲・一重・2~3月

f:id:kyotoside_writer:20211227101524j:plain

また、2月18日~3月22日には、「しだれ梅と椿まつり」が開催されます。神苑の「春の山」では、150本のしだれ梅があたりを彩ります。そして、足元に視線を向ければ、苔の上に落ちた「落ち椿」が。梅のピンクと苔の緑、そして椿の赤が作りだす光景は自然が生み出した春の絶景。ぜひ、冬の椿と春の椿、どちらも楽しんでみてください。

■■INFORMATION■■
城南宮
場所:京都市伏見区中島鳥羽離宮町7番地
電話:075-623-0846
時間:9:00〜16:30(受付は〜16:00)
料金:境内自由、神苑拝観800円
休み:境内自由
HP :https://www.jonangu.com/

しだれ梅と椿まつり
開催期間:令和4年2月18日(金)〜3月22日(火)
梅が枝神楽:平日は10:00、土・日・祝日は10:00と15:00

思う存分に椿を愛でて♪

平岡八幡宮@京都市

f:id:kyotoside_writer:20211227101727j:plain

高雄山神護寺の守護神として創建された、山城国最古の八幡宮である平岡八幡宮。こちらの“椿の小径”と呼ばれる庭には、約200種・300本の椿が咲き誇ります。

f:id:kyotoside_writer:20211227101738j:plain

珍しい品種もたくさんあり、中でも「白玉椿」は、故事にある「願い事をすると白玉椿が一夜で開花し、願いが成就した」という白玉椿伝説と同じもの。樹齢約200年の八重咲で、「一水(いっすい)」と呼ばれています。

f:id:kyotoside_writer:20211227101747j:plain

ほかにも、樹齢500年を超える、花びらが三角に開く平岡八幡ヤブ椿(写真)や、金魚の形の葉を持つ金魚椿、いい匂いがする香椿など、じっくり見たい椿がたくさん!そんな椿を堪能するために開催されるのが「椿を愛でる会」(3月11日(金)~4月10日(日)・鑑賞無料)です。境内に咲く椿を心行くまで鑑賞できますよ♪

f:id:kyotoside_writer:20211227101758j:plain

また、同時期に、さまざまな椿が描かれた「百椿図屛風(ひゃくじんずびょうぶ)」が社務所縁側で公開されます(拝観無料)。
さらに、江戸時代末期に描かれた「花の天井」も併せて拝観するのがおすすめ(3月11日~5月15日・800円)。花の天井は、春と秋のみ公開される貴重な天井画です。こちらは宮司さんが説明・お話をしてくれますよ。お話の最後には、拝殿前で無病息災の大福茶をいただきましょう。

■■INFORMATION■■
平岡八幡宮
場所:京都市右京区梅ケ畑宮ノ口町23
電話:075-871-2084
時間:10:00~16:00(最終受付15:30)
料金:無料 ※「花の天井」春の特別拝観は拝観料800円(宮司のお話と大福茶接待付)

【番外編】〜こんなところにも椿を発見!椿と桜の共演に感動〜

紫水ヶ丘公園@綾部市

f:id:kyotoside_writer:20211227101925j:plain

標高約100メートルの小高い丘に位置している綾部市の紫水ヶ丘公園。ここは桜が見られるスポットとして人気ですが、実は椿も点在しているのをご存じですか?数は多くありませんが、桜と一緒に鑑賞できる穴場のスポットなんです。

f:id:kyotoside_writer:20211227102010j:plain

品種によって花が咲く時期は違いますが、桜と一緒に見るのであれば、3月末から4月初旬が見頃。写真の椿は、いこいの広場周辺で、少し歩くとさくら広場がありますよ。また、近くには遊具があるなかよしパークもあるので、子どもと一緒に散策できます。

f:id:kyotoside_writer:20211227102143j:plain

公園内には駐車場もあるので、おでかけしやすいのも嬉しいポイント。おでかけついでに椿を探してみてくださいね。

■■INFORMATION■■
紫水ヶ丘公園
場所:綾部市味方町 薬師谷
電話:0773-42-9550(綾部市観光協会)
HP :https://www.ayabe-kankou.net/spot/shisuigaokakoen/

 

唐揚げの作り方

 (217374)

材料一覧

鶏もも肉:2枚
玉子:3個
マスタード:10g
一味:6g
砂糖:6g
塩こしょう:2g
カレー粉:3g
チキンコンソメ:4g
めんつゆ:100ml
醤油:50ml
小麦粉:90g
片栗粉:150g

手順

1.鶏もも肉の厚みを揃えて、1口大に切り分ける

2.スパイス類をボールにあけて混ぜ合わせる

3.玉子をときスパイス類と混ぜる

4.粉類をボールにあわせよく混ぜ、切り分けた鶏肉を半日から1日漬け込む

5.鶏肉に生地をたっぷりつけて、160度の温度で揚げます

6.表面がサクサクしてたら油からあげて、油をきって完成


これでおうちの唐揚げが、ハイライト食堂のようなサクサク、スパイシーに。ぜひ、おうちでも試してほしいメニューです。

ハイライト食堂 百万遍店 店舗情報

店名:ハイライト食堂 百万遍店
住所:京都市左京区田中門前町94
電話番号:075-781-4517
営業時間:11:00〜22:30
定休日:日曜日・祝日
15 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Kyotopi 編集部 Kyotopi 編集部

オススメの記事