2016年8月20日 更新

【京都宇治平等院スグ】宇治茶老舗店ならではな香り高いほうじ茶宇治きん氷必食!宇治川風景も癒やされる☆甘味処「中村藤吉 」

宇治といえば、当然宇治茶が名産品。創業明治3年創業の宇治茶ひとすじの老舗店がプロデュースする甘味処で、宇治観光の休憩に立ち寄ってみました。

宇治茶の老舗店立ち並ぶ中で

 (50600)

じつは宇治まで足を運んで、宇治茶系のスイーツ店行く機会があまりなく(笑)有名な老舗、2~3軒ほどは知っていてもその違いを比較するほど知識なく。

ただ、京都イチ有名なパン屋・たま木亭のほうじ茶パンで使用している真っ黒なほうじ茶は、この中村藤吉のものだと知って、注目してました。すごく香り高いんで。
 (50601)

宇治観光の休憩に立ち寄ってみることに。ちょうど宇治川に面した見晴らしのいい立地。
こちらも人気店で、時間帯によっては行列。でも、本店の混み具合を考えると、こちらのほうが空いてますかね。
そして、喫茶やスイーツ以外に、抹茶を練り込んだうどん、そばなどの軽食もあり、昼時もなかなかの人気。まあ、宇治に来て茶系フード食べないってありえないくらいな話ですからね(笑)

ここはあえてのほうじ茶!香り高い宇治きん氷

夏季限定宇治きん氷は3種。抹茶、ほうじ茶、黒蜜抹茶。
最初からほうじ茶狙いだったんで、それに。
 (50603)

ふんわり盛られたきめ細かい氷にあんこ、白玉、ソフトクリーム。そして、添えられた真っ黒のほうじ茶みつ。見るからに濃厚。
 (50602)

そして、みつをかけると一気に泥んこレスリング風(笑)いや、冗談ですが。
微かな氷ににじむ色の濃淡で、もともとは緑茶だったんだよな~と認識。でも黒というか、焦げ茶色に変身。
そして、食べてみると若干のお茶らしい渋みも残しつつ、芳醇な味わい。途中、あんこやソフトクリームで甘みを増量しつつ、冷え冷えになりながら完食。
蜜が別添えになってると、もともとの味がわかりやすくていいですね。ちょっと抹茶もためしてみたいかも。この夏の宇治観光の休憩にはぜひここを組み入れてみてください!

ヨ~イヤサ~♪

中村藤吉 平等院店 への口コミ

中村藤吉 平等院店 基本情報

住所:京都府宇治市宇治蓮華5-1
電話番号:0774-22-9500
営業時間:[平日]10:30~17:00 (L.O.16:30) [土・日・祝]10:30~17:30 (L.O.16:30)
定休日:火曜・水曜
関連サイト:http://www.tokichi.jp/tea/index.html
16 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都抹茶めぐり】将軍家御用達茶師!創業500年の老舗☆抹茶づくり体験もできる「三星園 上林三入本店」

【京都抹茶めぐり】将軍家御用達茶師!創業500年の老舗☆抹茶づくり体験もできる「三星園 上林三入本店」

汁物大好きな三杯目 J Soup Brothersです!FU~FU~☆彡今回は京の茶どころ宇治にある老舗。将軍家御用達茶師だった歴史を誇る、宇治茶の歴史を語る上では外せないお店。
【京都発酵食品めぐり】明治創業の老舗京銘菓の名物『琥珀流し』3月は甘酒☆「大極殿本舗 六角店 栖園(せいえん)」

【京都発酵食品めぐり】明治創業の老舗京銘菓の名物『琥珀流し』3月は甘酒☆「大極殿本舗 六角店 栖園(せいえん)」

歴史ある京都の発酵食品事情をご紹介する京都発酵食品部★今回は創業明治18年の老舗京銘菓。その名物甘味『琥珀流し』は月替わりで季節の味が楽しめ、3月は発酵食品である甘酒味。
【京都甘味めぐり】宇治茶の老舗の冬季限定・絶品抹茶ぜんざい!絵画的美しさ☆丸久小山園「茶房元庵」

【京都甘味めぐり】宇治茶の老舗の冬季限定・絶品抹茶ぜんざい!絵画的美しさ☆丸久小山園「茶房元庵」

冬になったら必ずまた来ようと狙ってました(笑)地下鉄烏丸御池駅から西へ。西洞院にある、江戸時代創業の宇治茶の老舗の茶房。冬季限定の抹茶ぜんざいをいただきました。
【京都かき氷めぐり】数量限定のあんず氷は濃厚!最後まで絶品!!年イチで必食☆甘味処「みつばち」

【京都かき氷めぐり】数量限定のあんず氷は濃厚!最後まで絶品!!年イチで必食☆甘味処「みつばち」

河原町今出川にある人気の甘味処。通常は手づくりあんみつが自慢のお店ですが、夏は特にかき氷が絶品。中でも期間限定のあんず氷は一度食べたら必ずリピーターになる美味しさ。早くも梅雨明け前に食べてきました。
秋美味し!明治創業の老舗京銘菓☆駆け込み10月の琥珀流しでほっこり「大極殿本舗 六角店 栖園(せいえん)」【烏丸六角】

秋美味し!明治創業の老舗京銘菓☆駆け込み10月の琥珀流しでほっこり「大極殿本舗 六角店 栖園(せいえん)」【烏丸六角】

ギリギリでした(笑)定点観測中の 栖園・琥珀流し。月替わりメニューが楽しいこちらの看板商品。駆け込みで食べてきました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな