2016年6月25日 更新

【京都下鴨神社内】鴨の氷室の氷再現!世界遺産の森の中で食べる極上のかき氷必食☆甘味処「さるや」

ロケーション最高。世界遺産の下鴨神社境内、糺の森の中でいただける絶品かき氷。そして、古事にならい再現した由緒正しい「鴨の氷室の氷」を使用。

おなじみの世界遺産・下鴨神社

 (40462)

すっかりおなじみですよね。キョウトピでも何度と無く取り上げている下鴨神社。それだけ、イベントごとや名所が多い神社の一つ。
 (40464)

境内には糺の森があり、豊かな緑と潤沢な水源。

鬱蒼とした緑の中にあるお休み処・さるや

 (40465)

鬱蒼とした緑の中、こんな開放的なお休み処・さるやが。

こちらのさるやは、以前ご紹介したわらび餅で有名な「茶寮 宝泉」を手がける宝泉堂が本体。

140年ぶりに復元!葵祭り名物・申餅

 (40466)

 (40467)

そして、さるやといえばこちらも名物ですかね。

古事から再現!鴨の氷室の氷を使った絶品イチゴミルク氷

鴨の氷室の氷の説明書きにはこんな下りが。
「下鴨神社大炊殿(おおいどの)の氷室は、冬の新鮮な雪を、夏まで糺の森に保存しておく所のことです。京の真夏の伝統行事、下鴨神社氷室神事は、氷の朔日(ついたち)とも呼ばれ、氷を宮中へ献上したり、氷室開き神事で無病息災を祈願し、 氷を口にしてお祓いをしました。「さるや」では、古事にならい、暑い夏を平穏無事にお過ごし願いたいと、初雪のような純白の氷をかき、「鴨の氷室の氷」を再現しました。」

なんだか普段のかき氷とちがい、由緒ただしい雰囲気。思わず襟を正して食す、みたいな(笑)
 (40468)

そして、注文したのはその氷室の氷を使った、いちごミルク。
果肉たっぷり。キメ細かい氷とねっとりしたイチゴシロップがいい感じで。
練乳はあらかじめかかっていて。
 (40469)

そして、中にもイチゴシロップ。補充分も別の添えられていましたが。いや~贅沢なかき氷。
氷は美味しかったけど、解放された店内は蚊取り線香が焚かれ、それでもおかまいなしの蚊。
短時間のうちに4個も刺されましたが(笑)
虫刺され用キンカンもおいてありました。まあ、より自然を感じながら食べるとはこういうことでしょうか(爆)

そんなロケーションも含めての絶品氷、一度お試しあれ。

ヨ~イヤサ~♪

さるや への口コミ

さるや 基本情報

■店舗名
さるや
■住所
京都府京都市左京区下鴨泉川町59、下鴨神社境内
■電話番号
075-781-0010
■営業時間
10:00~16:30
■定休日
無休
■駐車場
有(有料)

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都氷菓めぐり】世界遺産・下鴨神社の糺の森で食べる極上あずきバー『氷の花』☆休憩処「さるや」

【京都氷菓めぐり】世界遺産・下鴨神社の糺の森で食べる極上あずきバー『氷の花』☆休憩処「さるや」

おおきに~豆はなどす☆今回は世界文化遺産・下鴨神社、糺の森にある甘味処。夏場は氷菓が人気だが、その中で注目の『氷の花』をいただいてきました。
みたらし団子発祥の地はここ京都!世界遺産・下鴨神社の門前甘味処「加茂みたらし茶屋」【京都下鴨】

みたらし団子発祥の地はここ京都!世界遺産・下鴨神社の門前甘味処「加茂みたらし茶屋」【京都下鴨】

おおきに〜豆はなどす★みたらし団子ファンには聖地のような場所。世界遺産・下鴨神社のすぐそばにある門前茶屋。そして、みたらし団子発祥がこちら。
【京都銀閣寺スグ】あの豆かんが食べたくなる季節到来!ひっそりと佇む穴場甘味処☆「喜み家」

【京都銀閣寺スグ】あの豆かんが食べたくなる季節到来!ひっそりと佇む穴場甘味処☆「喜み家」

おおきに~豆はなどす☆穴場と言いつつ、じつは有名店かもしれません(笑)少し涼やかな和モノスイーツが食べたくなる季節。名物豆かんは必ず食べるべき!
【京都かき氷めぐり】銀閣寺スグの隠れ家的人気和カフェ!抹茶&黒蜜味が楽しめる☆「茶房一倫」

【京都かき氷めぐり】銀閣寺スグの隠れ家的人気和カフェ!抹茶&黒蜜味が楽しめる☆「茶房一倫」

おおきに~豆はなどす☆今回は銀閣寺にもほど近い場所にある隠れ家的カフェ。抹茶や日本茶を中心に和テイストの甘味もあり。今回はかき氷をいただきました。
【京都和菓子めぐり】みたらし団子の聖地・下鴨神社スグ!焼きたてもっちり!!食べ歩きに◎「古都香」

【京都和菓子めぐり】みたらし団子の聖地・下鴨神社スグ!焼きたてもっちり!!食べ歩きに◎「古都香」

世界遺産・下鴨神社スグの場所にあるみたらし団子専門店。香ばしく焼きたてで、1本から注文でき、食べ歩きもお店で食べることも可能。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな