2020年1月13日 更新

【保存版】京風の白味噌雑煮がお店で食べられる!京都オススメの美味しいお店☆【厳選5店】

発酵で健康!京都発酵食品部です☆今回は美味しい京風白味噌雑煮が食べられるお店をまとめました。京都へ観光で訪れた方にもってこいのこの時期ならではの味覚。

老舗銘菓とらやの極上菓寮でいただくラグジュアリー雑煮「虎屋菓寮 」

 (175108)

 (175109)

 (175110)

創業は室町時代後期で京都発祥。御所西エリア。シックで高級感あふれる店構えの和菓子店「とらや」。そのとらやの菓寮でいただける期間限定(1月3日~1月20日)のメニュー・お雑煮。ねっとり感を味わうのが醍醐味の海老芋をはじめ、上品な具材がふんだんに。白味噌はお店のご近所でもある本田味噌のものを使用。店内のラグジュアリーな雰囲気もまたよし。なお、お雑煮は四條南座店でも提供。

店名:虎屋菓寮 京都一条店
住所:京都府京都市上京区一条通烏丸西入
電話番号:075-441-3113
営業時間:10:00~18:00 (L.O.17:30)
定休日:年中無休 (元旦を除く)
詳細ページ:https://www.toraya-group.co.jp/
詳細記事:https://kyotopi.jp/articles/hogYK

老舗和菓子店の極上の京風白味噌雑煮☆御菓子司「中村軒」

 (175112)

 (175113)

 (175114)

桂離宮すぐそば。この界隈ではランドマーク的老舗和菓子店。創業明治16年。とくに夏場のかき氷は有名で、行列ができるほどの人気。そして、冬季限定メニューの京風白味噌雑煮もかなりのこだわり派。店で削った削りたての鰹節は別添で。白味噌は京都の料理屋さんでよく使用されてる山利商店さんの最高級のものを使用。上品な味わいの白味噌雑煮。2月末まで。

店名:中村軒
住所:京都市西京区桂浅原町61
電話:075-381-2650
営業時間:7:30~18:00 / 茶店 9:30~18:00(ラストオーダー17:45)
定休日:水曜日(祝日は営業)
公式サイト:https://www.nakamuraken.co.jp/
詳細記事:https://kyotopi.jp/articles/kXY06

ほかほか御赤飯付の京風白味噌雑煮ランチ「一乗寺中谷」

 (175116)

 (175117)

 (175118)

一乗寺、詩仙堂近くにある和菓子店。といっても、洋菓子もあり、雑誌やテレビ、京都物産展では必ず登場する有名店。そんなお店のカフェメニュー京雑煮のいろどりごはんはランチ仕立てで京風白味噌雑煮が楽しめる。具材もバラエティーに富み、白味噌は石野味噌のものを使用。お赤飯やお惣菜も付いていて、ランチとして申し分ない構成。5月下旬まで。

店名:一乗寺中谷
住所:京都市左京区一乗寺花ノ木町5
電話番号:075-781-5504
営業時間:9:00~19:00(L.O.18:00)
定休日:水曜日
公式サイト:http://ichijouji-nakatani.com/
詳細記事:https://kyotopi.jp/articles/zPiwj

上品!あんみつの名店の生麩入り白味噌雑煮「喜み家(きみや)」

 (175120)

 (175121)

 (175122)

銀閣寺界隈にある、普段は豆かんやあんみつが美味しいと評判の有名店。冬場の京風白味噌雑煮もまた通の間では隠れた人気メニュー。雅やかな演出で、お雑煮の具材には丸餅はもちろんのこと、糸がつおと柚子が吸い口に。そして、さらに生麩まで入ってオリジナリティーもあり。白味噌は山利商店のものを使用。4月上旬まで。

名称:喜み家
住所:京都府京都市左京区浄土寺上南田町37−1
電話番号:075-761-4127
営業時間:10:30~17:30
定休日:不定休
関連URL:kimiya-kyoto.com
詳細記事:https://kyotopi.jp/articles/3d5TQ

舞鶴の老舗『大阪屋こうじ店』蔵元直営の京風雑煮☆「糀屋カフェ」

 (175124)

 (175125)

 (175126)

東山区三条通り沿いにある、創業300年の老舗糀店直営カフェ。味噌や甘酒など蔵元ならではなメニューが楽しめ、さらに京風白味噌雑煮は通年いただけます。味噌蔵仕込のお雑煮はシンプル仕上げ。さらに糀店らしいからし漬けも添えられ、甘味処が提供するお雑煮とはひと味違う美味しさ。

名称:大阪屋こうじ店 糀屋カフェ
住所:京都市東山区中之町181
電話番号:075-754-0250
営業時間:11:00~18:00
定休日:月曜日(祝日の場合は営業)
   ※紅葉11月上旬~11月下旬(12月不定)、
    花見3月中旬~4月上旬は無休
公式サイト:https://www.namakouji.com/
詳細記事:https://kyotopi.jp/articles/1IBkS

最後に

いかがでしたか?お雑煮といえばお正月に食べるのが一般的ですが、お店によっては通年楽しめるものもあります。しかしながら、お雑煮に入ったお餅には神が宿る特別な食べ物であると昔から言われ、この時期に食べるのはまさに縁起物。ぜひ、お試しあれ!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

京都発酵食品部 京都発酵食品部