2020年11月8日 更新

【京都ランチめぐり】京都駅前の破格700円定食!サラリーマン御用達「割烹いいむら」

おおきに~豆はなどす☆今回は下京区京都駅前、七条通り沿いにある割烹。昼時には平日限定700円定食が人気。ボリューミーで高コスパ。近所のサラリーマンにも人気。

京都駅スグの場所にある隠れ家的割烹の破格ランチ

 (195198)

下京区、京都駅前。すぐ近くには京都タワーもあり、人がにぎわう場所。

この日たまたまこの辺りを徘徊中の昼時。どこかでランチでも、と思い方々探していると、風情漂うお店を発見。
 (195199)

 (195200)

石畳のエントランス奥にある、いかにも京都らしい雰囲気のお店。ちょっと古そうでもあり。間口が小さいため、隠れ家的でもあります。
 (195196)

お昼は定食もされてるようで、店構えの雰囲気とは裏腹に、700円(税込)の定食を提供。この辺りのお店のランチ相場を考えると、ずいぶん破格。
 (195197)

しかも、その内容も700円とは想像つかないような。『大きい海老フライ』がどの程度が気になったり。

そうしてメニューとにらめっこしている間に、私の横をすり抜け次々と入店していくお客を尻目にし、これは乗り遅れてはいけない!と背中を押されるように入店(笑)
 (195194)

奥には白い暖簾がかかっていて、本当に間口が狭い京町家的仕様。
 (195195)

石畳の先には、古そうな石燈篭があり、京都駅前にこんな設えを備えたお店があることに多少驚きつつ。

そして、店内は撮影禁止。
すでに店内は満席に近い状態で、カウンター席、手前テーブル席2つ、さらに奥にも席があるようで、まさしく鰻の寝床式に奥行きのあるお店。

カウンターは現在コロナ禍ということでパーテーションが設けられ、厨房内の様子がよく見え、客が入店すると、皆一斉にいらっしゃいませ~の掛け声とともに、行き届いた接客に好感。

どうやら家族経営のような雰囲気で、店員同士の連携も阿吽の呼吸。そして、昼は日替わり定食のみ提供さていて、席に座った時点で自動的に定食が出てきます。

今回の定食は平日のみの提供で、それも売り切れ次第終了。なので、早めに入店して吉でした。
 (195189)

そして、席についてから5分ほどで登場した日替わり定食がこちら。お盆の上にお茶もセッティング。

尚、店内の撮影は禁止ですが、料理に関しては許可いただきました。
 (195190)

入り口のメニューどおり、大きい海老フライがこちら。うれしい誤算で2尾あります。そして、ビーフコロッケ。千切りキャベツとタルタルソースがたっぷりと添えらえています。揚げたて。というか、厨房でジャンジャンと揚げてる様が見えるので(笑)
 (195191)

小鉢にはおかず豆。こういうおばんざい的メニューで一気にほっこりします。他、お味噌汁、桜漬け。
 (195192)

まずはビーフコロッケ。卓上にソースがあり、これをかけて食べてください!と店員さん。ほくほくで衣のカリッと感がいい。手づくりですね。
 (195193)

大きい海老フライもプリプリ。本当にデカい(笑)食材は毎日中央市場でそろえられているそうで、特に魚介料理に関しては定評があるみたいです。

他、お味噌汁も豆腐とわかめでしたかね。いいお出汁。ご飯もツヤツヤでわりとたっぷり(笑)けっこう最後には満腹になるボリューム定食。

お客が代わる代わる来店し、特にサラリーマンらしき方がよく利用されていました。この近くで働く人の胃袋を支えてるお店という印象を受けました。地元民の普段使いのランチとはこういうものだな、と。

そして、お客をさばくオペレーションも流れよく、動きに無駄がなく、見ていても心地いい。食べ終わって店を出る際にも、皆に「ありがとうございました~」と声かけされ、気分のいいランチ。

穴場的な名店。お試しあれ!

ヨ~イヤサ~♪

詳細情報

名称:割烹いいむら
場所:京都市下京区七条通烏丸東入ル
電話番号:075-351-8023
営業時間:11:30~売り切れまで(平日のみ営業)
     17:00~22:00(ラストオーダー)
定休日:日曜日
16 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな