2017年12月10日 更新

【京都ランチめぐり】有名和菓子店の京風白味噌雑煮ランチ!ほかほか御赤飯付で美味☆「一乗寺中谷」

一乗寺、詩仙堂近くにある和菓子店。といっても、洋菓子もあり、雑誌やテレビ、京都物産展では必ず登場する有名店。ちょうど観光で冷えた帰り道のランチで立ち寄ってみました。

寒い冬こそ温かい京風白味噌雑煮ランチ

 (107720)

観光で冷えた身体を温めるべく立ち寄った和菓子店。
こちらは詩仙堂近くにある雑誌やテレビ、京都物産展でよく紹介されるお店で、和菓子だけでなく洋菓子でも定評がある和洋両刀使いできるお店。
 (107721)

もうそういうシーズンですね。おもちも販売されてるようです。
 (107722)

で、こちらのお店には併設で茶店があり、そこで自慢のスイーツも食べられるんですが、食事メニューもあり。
 (107723)

入ってすぐ、和菓子のショウケース。そして、その横には洋菓子の冷蔵ケース。2つが『く』の字に並ぶ、ちょっと面白い店内。その隣が茶店。
 (107728)

この時は早めの入店だったんで空いてたんですが、この後続々と国内外問わずお客が殺到し、アッという間に満席。人気店です。
 (107724)

改めてメニューチェック。
最初からこの京雑煮のいろどりごはん1000円を注文しようと決めてましたが。和菓子や洋菓子をセットにすることも可能。
 (107725)

他も。わらび餅も有名みたいです。
 (107726)

この日の和菓子メニューも。
 (107727)

洋菓子も。季節の食材を使ったメニューも。
 (107729)

しばらくすると京雑煮のいろどりごはんが登場。こちらは特に昼だけのメニューというわけではなく、営業中はいつでも食べられるようです。ただし、9月下旬~5月下旬の期間限定メニュー。
 (107730)

蓋オープン。
まず、京風の白味噌仕立てのお雑煮。お赤飯。小鉢にはひじき煮、めかぶですかね?佃煮、胡麻豆腐。
 (107731)

まずはお雑煮。具材は、丸餅、大根、人参、里芋、鰹節。
 (107732)

京都の雑煮は丸餅。で、それも焼かずに予め湯がいて柔らかくするのが京都流。こちらのは杵つきの丸餅。自家製のお餅なんでしょうね。よく伸びる美味しいお餅。白味噌はきっと和菓子にも使用してる石野味噌さんの白味噌。鰹節で出汁感がより引き立ちます。
 (107733)

御赤飯。ほかほか。柔らかい。ご飯感覚で食べやすい。
 (107734)

わりとしっかりめの味付けのひじき煮。あと佃煮も。胡麻豆腐もいただき、とてもヘルシーでありながら、身体が温まるランチ。お惣菜の小鉢も付いて、バランスいい。

やはり、冬場はお餅やお雑煮が美味しいし、お赤飯もセットになってるって、とてもうれしい構成。オススメです。

ヨ~イヤサ~♪

一乗寺中谷 への口コミ

詳細情報

住所:京都市左京区一乗寺花ノ木町5
電話番号:075-781-5504
営業時間:9:00~19:00(L.O.18:00)
定休日:水曜日
関連サイト:http://ichijouji-nakatani.com/

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【保存版】秋旨し!旬の味覚!!京都オススメの栗スイーツ☆【厳選6店】

【保存版】秋旨し!旬の味覚!!京都オススメの栗スイーツ☆【厳選6店】

おおきに~豆はなどす☆秋本番。秋の味覚が美味しい季節到来。そこで、栗を使った京都オススメスイーツを集めてみました。
【京都ランチめぐり】世界遺産・下鴨神社境内のあったか数量限定小豆粥!新年から神々しいパワーチャージ☆甘味処「さるや」

【京都ランチめぐり】世界遺産・下鴨神社境内のあったか数量限定小豆粥!新年から神々しいパワーチャージ☆甘味処「さるや」

ロケーション最高。世界遺産の下鴨神社境内、糺の森の中にある甘味処。夏場は絶品かき氷「鴨の氷室の氷」がいただけることで有名。今回、初詣の帰りに立ち寄ると冬場の寒い時期に食べたくなる小豆粥が。食べてきました。
ボリュームサンドに渾身のラテアート!出町柳のプチリゾート★「さるぅ屋」【出町柳】

ボリュームサンドに渾身のラテアート!出町柳のプチリゾート★「さるぅ屋」【出町柳】

出町柳駅すぐ、古民家を改装したカフェ&バー。オリジナリティあるボリュームメニューに、まったり空間はもはや無敵のリラクシングプレイス。
ブックカフェのパイオニア★ほっこりモーニング「大垣書店 &cafe 高野店」

ブックカフェのパイオニア★ほっこりモーニング「大垣書店 &cafe 高野店」

今はメジャーになりつつあるブックカフェ。いち早く取り入れた、今尚愛され続ける地域に根付いた寛ぎのブックカフェです。
【京都和菓子めぐり】桜の名所・哲学の道の隠れ家的銘菓!作りたてわらび餅必食「叶匠寿庵(かのうしょうじゅあん)京都茶室棟」

【京都和菓子めぐり】桜の名所・哲学の道の隠れ家的銘菓!作りたてわらび餅必食「叶匠寿庵(かのうしょうじゅあん)京都茶室棟」

おおきに~豆はなどす☆今回は京都桜の名所として知られる哲学の道沿いにある銘菓の茶寮。静かな雰囲気の中お茶とお菓子が楽しめる場所。中でも作りたてのわらび餅はこれからの季節にぴったりな和菓子。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな