2019年2月12日 更新

【保存版】京風の白味噌雑煮がお店で食べられる!京都オススメの美味しいお店☆【厳選5店】

おおきに~豆はなどす☆お雑煮も地方によってさまざま違いがあります。角餅だったりお澄ましだったり。そして、京都もまた他とは違う白味噌スタイル。お雑煮というと家庭で食べるイメージですが、最近ではお店でも提供してたり。今回は美味しい京風雑煮が食べられるお店をまとめました。

老舗和菓子店の極上の京風白味噌雑煮☆御菓子司「中村軒」

 (111366)

 (111367)

 (111368)

桂離宮すぐそば。この界隈ではランドマーク的老舗和菓子店。創業明治16年。とくに夏場のかき氷は有名で、行列ができるほどの人気。そして、冬季限定メニューの京風白味噌雑煮もかなりのこだわり派。店で削った削りたての鰹節は別添で。白味噌は京都の料理屋さんでよく使用されてる山利商店さんの最高級のものを使用。上品な味わいの白味噌雑煮。

上品!あんみつの名店の生麩入り白味噌雑煮「喜み家(きみや)」

 (111372)

 (111373)

 (111374)

銀閣寺界隈にある、普段は豆かんやあんみつが美味しいと評判の有名店。冬場の京風白味噌雑煮もまた通の間では隠れた人気メニュー。雅やかな演出で、お雑煮の具材には丸餅はもちろんのこと、糸がつおと柚子が吸い口に。そして、さらに生麩まで入ってオリジナリティーもあり。白味噌は山利商店のものを使用。

老舗銘菓とらやの極上菓寮でいただくラグジュアリー雑煮「虎屋菓寮 」

 (111377)

 (111378)

 (111379)

創業は室町時代後期で京都発祥。御所西エリア。シックで高級感あふれる店構えの和菓子店「とらや」。そのとらやの菓寮でいただける期間限定(1月3日~1月20日)のメニュー・お雑煮。ねっとり感を味わうのが醍醐味の海老芋をはじめ、上品な具材がふんだんに。白味噌はお店のご近所でもある本田味噌のものを使用。店内のラグジュアリーな雰囲気もまたよし。

ほかほか御赤飯付の京風白味噌雑煮ランチ「一乗寺中谷」

 (111382)

 (111383)

 (111384)

一乗寺、詩仙堂近くにある和菓子店。といっても、洋菓子もあり、雑誌やテレビ、京都物産展では必ず登場する有名店。そんなお店のカフェメニュー京雑煮のいろどりごはんはランチ仕立てで京風白味噌雑煮が楽しめる。具材もバラエティーに富み、白味噌は石野味噌のものを使用。お赤飯やお惣菜も付いていて、ランチとして申し分ない構成。

錦市場の京風白味噌雑煮!つきたてお餅が美味しい「錦もちつき屋」

 (111387)

 (111388)

 (111389)

京の台所・錦市場。その市場内にあるつきたてのお餅の人気店。店の奥にはイートインスペースがあり、京風白味噌のお雑煮が食べられる。餅屋だけにこだわりがあり、滋賀県江州地区の契約農家で栽培する羽二重糯米でついたもの。きめが細かく、歯ごたえがあり、添加物も一切なしの安心安全のお餅。そして、京のお雑煮は彩りがきれいで、黒豆も添えられていて、お正月のようなハレ感。白味噌は石野味噌のものを使用。
いかがでしたか?中には5月ごろまで食べられるお店もありますが、お雑煮といえばこの時期ならでは。お餅には神が宿る特別な食べ物であると昔から言われ、この時期に食べるのはまさに縁起物。ぜひ、お試しあれ!

ヨ~イヤサ~♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな