2020年9月18日 更新

【仮店舗オープン】京都和菓子の老舗『中村軒』の絶品かき氷を北野天満宮前で「北野茶店」

おおきに~豆はなどす☆今回は上京区北野天満宮スグの場所に9月オープンした京菓子の老舗『中村軒』の仮店舗。すでに注目店で、シーズン終盤の秋めく中、かき氷を頂いてきました。

本店改修工事に伴い9月にオープンした天神さん前の仮店舗

 (191321)

上京区、北野天満宮から今出川通りを東へ。西京区桂に本店構える京菓子の老舗『中村軒』が、以前から告知されていた店舗の老朽化により、改修工事を10月からスタート。それに伴い、ここ北野に9月から仮店舗をオープン。

以前、烏丸にあった割烹『和食晴ル』がこちらに移転して営業されてた場所。和食晴ルも烏丸の店舗を改修工事するとかで、仮店舗としてここで営業され、工事が完了したため元の場所に移られたとか。
 (191322)

新しい暖簾は白とブルーの市松模様。これはきっと、桂離宮にある襖柄をモチーフにされたのかな、と。老舗でありながら、ちょっとモダンな佇まいのここ北野茶店。
 (191325)

店内は古い町家リノベーションながら、カウンターや椅子など和モダンなテイストもあり。窓際にもカウンター席。考えてみると、本店と違いオープンキッチンなので、調理されてる様が見えます。
 (191326)

お客の多い時はここでも並ばれたりするんですかね。長椅子が設置。
 (191334)

さらに奥には坪庭があり、緑が目にも優しい設え。そして、やわらかい照明下のテーブル席も落ち着いた雰囲気。
 (191327)

和菓子は10/1より本店の裏の南側駐車場仮店舗で販売予定ですが、茶店の営業は休止となるため、ここに臨時茶店をオープン。なので、本店工事が終了する来年4月ごろまでの営業とか。

まあ、それでも天神さんの近くに茶店があるなら、立地的に今まで以上に利用しやすくなる方も多いのか、すでに満席になる日もあるんだとか。
 (191323)

そして、そろそろ季節的に終盤のかき氷ですが、こちらでは10月13日まで食べることが可能。さらに、本店にはなかったメニュー、ルバーブ氷やトマト氷があり興味津々。他、人気のすだち氷や桂うり氷、宇治系もあります。

今回はルバーブ氷750円を注文。
かき氷は10月半ばまでですが、それ以降は和菓子やお抹茶、さらにお雑煮、おぜんざいも提供される予定。やはり、お餅の美味しさが定評の老舗ですから、そこはハズせません。
 (191328)

そして、ほどなくして登場のルバーブ氷。淡いサーモンピンク色が愛らしい見た目。追い蜜も添えられています。
 (191330)

最近ジャムや洋菓子でも使用されるルバーブ。それを京菓子の老舗が果敢に使われるのも、ちょっと面白い趣向ですね。ルバーブ自体、高地で栽培しやすい野菜ということで、こちらは長野産。
 (191331)

で、食べてみます。ほんのりやわらかい酸味と蜜のさっぱりとした甘み。

氷も本店から運んでるそうです。結構桂からだと距離ありますが。霊験あらたかな愛宕山伏流水の湧く井戸水からつくられた氷。

最近ではかき氷が美味しいことで知られている中村軒ですが、もともと夏枯れ時期に桂川遊泳にきた人向けに冷やしあめやかき氷を提供してたのがはじまりなんだとか。
 (191332)

そして、さらにたっぷりと追いルバーブ。かき氷にもルバーブ使い、いいですね。見た目にも突出した洋風な感じもなく、和風感もあるというか。
 (191333)

恐らく、私的に今シーズン最後のかき氷がこの中村軒のルバーブ氷。有終の美を飾るにふさわしい美味しさでした!次回もっと寒くなったら、お雑煮やおぜんさいを求めて再訪したいと思います。天神さん参拝とともに、ぜひご賞味あれ!

ヨ~イヤサ~♪

詳細情報

名称:中村軒 北野茶店
住所:京都市上京区東今小路町744−3
電話番号:075₋381₋2650
営業時間:11:00~15:30L.O.
定休日:9月は土日と21日22日。10月からは水曜日
公式サイト:https://www.nakamuraken.co.jp/kitano-2/
16 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな