2020年1月16日 更新

京都が誇るミシュラン店!こだわりの生揚げ醤油が要の至高ラーメン☆「らぁ麺とうひち」

発酵で健康!京都発酵食品部です☆北山通りから大宮通り上がった玄琢下にあるラーメン店。ミシュランガイドにも掲載され、京都でも行列のできる有名店。そのお店で提供される鶏醤油らぁめんは発酵食品である本醸造醤油使用のこだわりの一杯。

生揚げ醤油が香るこだわりの一杯

 (124373)

前々から来たいと思っていたラーメン店。ですが、ちょっと郊外にあり、アクセスが市バス頼みということで今まで来れなかったんですが。

玄琢下交差点近くにある、超有名ラーメン店。この日は日曜日ながら、オープン11時のお店に11時半に来てみましたが、すでに行列。
 (124374)

それほど下調べせずに来たんですが、とにかく澄んだスープの醤油ラーメンが名物、というざっくりとした知識で臨みました(笑)麺もこだわりなんですね。国産小麦粉使用で自家製麺。
 (124375)

あと、いろいろステッカーが貼られています。つい最近2号店ができたことは、他ライターさんの記事みて把握はしてましたが。

いろいろステッカーある中、この「日本一醤油」というのがここの醤油ラーメンに使われてる醤油なのかな?初耳なやぁ~と思いながら、順番を待ちました。
 (124376)

ようやく店内に。券売機で、もちろん醤油系をということで、鶏醤油らぁめんに味玉付950に。
 (124377)

店内はグループ用テーブル席が2つ。
 (124378)

そして、カウンター席。
つい最近創業3周年を迎えたまだ真新しさも感じる店内。それがこれだけ人気店なんですから、圧倒的美味しさなんだろうな、と期待大。
 (124379)

今回は注文しませんでしたが、同じ醤油系でもつけ麺もあるんですね。これから暑い時期にはいいかもしれませんね。
 (124380)

素材ひとつひとつにこだわりを感じられます。食材説明がいろいろ載ってます。私の注文した味玉も地元静原のゴトウもみじの有精卵使用。
 (124381)

醤油にはとくにこだわりというか、味の要的位置づけなんでしょうね。使用されてる日本一醤油は群馬県にある本醸造醤油の老舗メーカー。創業200年以上。

醤油はご承知の通り、麹菌で醸造される発酵食品。その本醸造醤油でも、火入れしていない生醤油はメーカーに行くとたまに見かけますが、さらにろ過してない本醸造した本来の状態の生揚げ醤油はかなりレアだと思います。酵母や乳酸菌がそのままの状態で入っている、発酵食品の良さが体感できるもの。

そんな醤油をベースに使用。
 (124382)

ほどなくして、鶏醤油らぁめん登場。惚れ惚れするビジュアル。この醤油感。
 (124383)

まずは自家製麺。若干平打ち気味のつるつるしこしこの喉ごしいい麺。小麦の風味もします。国産小麦粉いいですね~
 (124384)

そして、肝心のスープ。澄んだスープが醤油で琥珀色に。高貴な感じすらします。

で、一口。生揚げ醤油の味が立ってます。主張してます。若干の本醸造ならではのクセもあり、それがスープの特徴にもなってて。なんというか、病みつき感を促すような、味の奥に隠れた独特の風味あり。スープは鶏ベース。醤油の風味を引き立てるような。
 (124385)

鶏チャーシューも想像以上に柔らか仕上げ。低温加熱だけじゃない秘策があるのか、と思うほど(笑)
 (124386)

チャーシュー、モモ肉部分ですかね。それでも柔らかく食べごたえアリアリサイズで美味しい。というか、どこか懐かしいようなチャーシュー。
 (124387)

味玉も。エロ気味に接写。トロンととろける舌触り。

あっという間にスープも飲み干し、完食完汁でゴチ!クセになる醤油でした。これは。
 (124388)

店を出るとさらに行列が伸び、この醤油味の虜になる人続出なのかなぁ~と。
発酵食品である生揚げ醤油が味の肝になった、美味しいラーメンでした。

らぁ麺とうひち への口コミ

詳細情報

住所:京都市北区大宮北箱ノ井町33-6 セルリアンハイツ 1F
営業時間:11:00~14:30 18:00~21:00
定休日:火曜日・第3水曜日
関連URL:https://twitter.com/touhichi_ramen

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

京都発酵食品部 京都発酵食品部