2018年5月29日 更新

【京都和菓子めぐり】創業400年の老舗の京都限定羊羹!発酵食品・白味噌味は驚愕の逸品「とらや京都一条店」

創業は室町時代後期で京都発祥。『とらやの羊羹』は、もはや銘菓の代名詞。そんな老舗銘菓で京都限定羊羹、しかも発酵食品でもある白味噌味の羊羹を発見し、食べてみることに。

驚きの白味噌羊羹は京都ならではな発酵食品使いの逸品

 (125151)

烏丸通り沿い。御所西に面したシックでモダンな造り。高級感あふれる店構え。室町時代後期創業の老舗銘菓。宮中の御用勤めのため東京に進出したことから、東京のお店というイメージ強いですが、ここ京都で創業。
 (125152)

長いショーケースにズラリと並ぶ和菓子の数々。季節の和菓子や最中など。

そして、『とらやといえば羊羹』と言われるほどの看板商品である羊羹も季節限定品や水ようかんなどいろいろなタイプのものが並んでいます。
 (125153)

なかでも、こんな手軽に食べられる小形タイプの羊羹もあり、いろいろな味を楽しみたい人に人気の商品。
 (125154)

そんな小形羊羹の中に、京都限定羊羹があります。白味噌と黒豆黄粉。とても京都らしい食材。
 (125142)

黒豆黄粉は和菓子食材としてもよく見かけるので、なんとなく羊羹にしても合いそうなイメージありますが、あの発酵食品でもある白味噌、味噌が羊羹に?と、どんな具合に仕上がってるのか、興味津々で買ってみました。
 (125145)

 (125143)

さすがです。原材料表示もインターナショナルに英語表記。こちらは白味噌。
 (125146)

 (125144)

こちらは黒豆黄粉。
 (125147)

白味噌羊羹、食べてみます。一見、キャラメルにも見えます。

ちょっと羊羹のイメージ覆すような。美味しいです。白小豆、白金時で色目も小倉羊羹とは対照的に白貴重に仕上げられています。後味にほんのり白味噌のコク。でも加熱して十分練り上げられているからだと思いますが、それほど味噌特有の風味はありません。コク味ですかね。とても上品な。きっともともとの羊羹のベース自体美味しいというか。どの羊羹にも共通する深い甘味。
 (125149)

黒豆黄粉。一見、こんにゃく風に黒いプツプツした粒子も見えますが(笑)
 (125150)

こちらも共通の深い上質の甘み。そして、香ばしくて奥ゆかしい黒豆の風味をほのかに感じます。

とにかく京都限定羊羹、どちらも上品な味わいです。とらや名物羊羹『夜の梅』にはない京都ならではな美味しさがあります。ぜひ食べくらべてみてください!

白味噌羊羹 への口コミ

18 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都和菓子めぐり】創業400年の老舗!名物羊羹『夜の梅』は食べ切りサイズ◎レアなゴルフ最中も「とらや京都一条店」

【京都和菓子めぐり】創業400年の老舗!名物羊羹『夜の梅』は食べ切りサイズ◎レアなゴルフ最中も「とらや京都一条店」

創業は室町時代後期で京都発祥。『とらやの羊羹』は、もはや銘菓の代名詞。とらやの代表商品『夜の梅』や季節の和菓子を求めて行ってきました。
【京都和菓子めぐり】京都限定!夏限定!!宇治金時かき氷の美味しさをそのまま羊羹に「とらや京都一条店」

【京都和菓子めぐり】京都限定!夏限定!!宇治金時かき氷の美味しさをそのまま羊羹に「とらや京都一条店」

創業は室町時代後期で京都発祥。『とらやの羊羹』は、もはや銘菓の代名詞。そんな老舗銘菓で京都限定の夏らしい羊羹がまたまた登場。食べてみました。
【京都発酵食品部】江戸時代創業の西京白味噌の老舗!ご飯やお酒のアテになる絶品味噌も◎「本田味噌本店」

【京都発酵食品部】江戸時代創業の西京白味噌の老舗!ご飯やお酒のアテになる絶品味噌も◎「本田味噌本店」

京都の発酵食品をご紹介する「京都発酵食品部」。今回は白味噌の老舗として有名な御所西にある本田味噌本店。正月のお雑煮はもちろん、有名和菓子店・とらやでもこちらの白味噌を採用。
【京都発酵食品めぐり】創業230年余の伝統と銘水が育む老舗の白味噌!こだわりの洛中醸造「石野味噌」

【京都発酵食品めぐり】創業230年余の伝統と銘水が育む老舗の白味噌!こだわりの洛中醸造「石野味噌」

四条油小路下る、祇園祭では山鉾が並ぶエリア。創業230年余と歴史の古い醸造味噌専門店。とくに、お正月には欠かせない白味噌が看板商品の老舗店。
【京都かき氷めぐり】北野天満宮前の老舗和菓子店!あの銘菓・粟餅がかき氷にイン!!季節限定☆「粟餅所・澤屋」

【京都かき氷めぐり】北野天満宮前の老舗和菓子店!あの銘菓・粟餅がかき氷にイン!!季節限定☆「粟餅所・澤屋」

北野天満宮前にある、創業330年の歴史ある有名和菓子店。こちらの看板メニューとなる粟餅はオールシーズン人気の和菓子だが、夏限定で粟餅のかき氷があるということで、食べてきました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

京都発酵食品部 京都発酵食品部