2022年8月14日 更新

【京都和菓子】お盆や帰省のお供に喜ばれる老舗銘菓『とらや』の涼やかな季節限定品☆

おおきに~豆はなどす☆今回は上京区御所西にある和菓子の老舗でお盆のお供えを買いに。暑い時期にぴったりの季節限定販売品も。

お盆のお供えや帰省の手土産にも喜ばれる安定の美味しさ

 (227714)

 (227715)

上京区烏丸通り沿い。御所西に面したシックでモダンな造り。高級感あふれる店構え。室町時代後期創業400年の歴史を誇る和菓子の老舗『とらや』。宮中の御用勤めのため東京に進出したことから、東京のお店というイメージ強いですが、ここ京都一条が発祥地。『とらやの羊羹』は和菓子の代名詞とも言え、日本を代表する銘菓でもあり。

この日はお盆のお供えを買いにやってきました。涼やかで比較的日持ちするお菓子を求めて。
 (227716)

店内のショウウィンドウには自慢の羊羹を中心に、整然と箱詰めになったお菓子が並んでいます。
 (227718)

いつもならもちろん羊羹に目がいくわけですが、この暑い盛りの時期にはつるんとのど越しのいい水羊羹が食べやすいだろうな、と。そして、水羊羹は8月下旬までの期間限定品でちょうど季節菓子としても最適だろうと。
 (227717)

さらにこちらも夏の期間限定品。国産果物の自然な美味しさを生かした『夏羹』。ぶどう、もも、れもん、あんずの4種類あり、こちらも冷やして食べたい涼菓。
 (227719)

そして、人気の小形羊羹シリーズ。定番、夜の梅、おもかげ、新緑は夏仕様のパッケージ。涼やかな水をイメージする金魚や熱帯魚の、見た目にも涼を感じる絵柄。
 (227720)

この時、わりと若い男性客の姿が目立ちました。帰省のお供として買われていく人も多いんですかね。予めこんな詰め合わせも用意されていました。
 (227722)

こちらはいろんなシーンで重宝する瓶詰タイプのあんペースト。デザートやヨーグルトにちょい足ししたり、パンにジャム感覚で塗ってみたり。
 (227723)

で、今回はお盆のお供え用のお菓子を買いに来たわけですが、包装紙のロゴが赤色でおめでたい感じになってしまうのでどうかな?と思ってましたが。
 (227724)

そこはもちろん老舗銘菓の当然な配慮。グレー色のロゴの包装紙に包んでくれました。今回は水羊羹、夜の梅・おもかげ・新緑と夏羹、ぶどう・もも・あんずの詰め合わせに。美味しさやクオリティの高さには安定感あり、贈り物としていつも喜ばれます。そして、お盆すぎにはお下がりとして一部分けてもらえるので、私自身ぶっちゃけそれを楽しみにしています(笑)ご参考に。

ヨ~イヤサ~♪

詳細情報

名称:とらや京都一条店
場所:京都市上京区烏丸通一条角広橋殿町415
電話番号:075-441-3111
営業時間:9:00〜18:00
定休日:元日/毎月最終月曜日(12月を除く)
店舗HP:https://www.toraya-group.co.jp/toraya/shops/detail/?id=55
14 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はなのリアル京都暮らし☆ヨ~イヤサ~♪ 豆はなのリアル京都暮らし☆ヨ~イヤサ~♪

オススメの記事