2022年1月4日 更新

【保存版】京都オススメ『マツコの知らない世界』で紹介されたグルメ【厳選6店】

明けましておめでとうございます!豆はなどす☆今回は人気テレビ番組『マツコの知らない世界』で紹介された京都オススメグルメを集めました。

焼胡麻豆腐がスペシャリテ☆和食「じき宮ざわ」

 (216894)

 (216895)

 (216896)

中京区、京の台所として知られる錦市場にもほど近い場所にある和食店『じき宮ざわ』。コースで季節の和食が食べられる人気店。中でもこちらの名物料理でもある焼胡麻豆腐はコースに組み込まれ、最近では通販でも販売。胡麻の風味が力強く誰もが唸る美味しさ。他テイクアウトも充実し、上品な味わいの料理で定評あり。

名称:じき宮ざわ
場所:京都市中京区八百屋町553−1
電話:075-213-1326
公式サイト:https://jiki-miyazawa.com/
詳細記事:https://kyotopi.jp/articles/OzSEz

嵐山にもすぐの名物餃子「中華料理ほぁんほぁん」

 (216897)

 (216898)

 (216899)

右京区嵯峨嵐山にもスグの場所にある人気店『中華料理ほぁんほぁん』。京都らしい食材を使用したバラエティー豊かで工夫を凝らした中華料理でファミリー層にも人気。番組で紹介された『古都の元祖焼餃子』は国産原料を中心にしつつ京都食材をふんだんに使用。番組ではお取り寄せグルメとして紹介された餃子だが、もちろん店内でもいただける。

名称:中華料理ほぁんほぁん
場所:京都市右京区嵯峨広沢南野町29-1
電話:075-864-5605
公式サイト:http://www.kyono-saraudon.com/saga/about.html
詳細記事:https://kyotopi.jp/articles/R4PMi

京あられ・おかきの老舗の黒豆きな粉あられ「鳴海屋」

 (216900)

 (216901)

 (216902)

右京区西院にある創業100年を誇る京あられ・おかきの老舗『鳴海屋』。店内には職人が焼き上げ国産原料にこだわったおかきが並ぶ。中でも番組で紹介された『黒豆きな粉あられ』は京都産黒豆きな粉と讃岐和三盆糖を幾重にも振り掛けてつくられたおかきでクセになる美味しさ。上品な甘みと隠し味の沖縄産塩との塩梅が絶妙の美味しさ。

名称:鳴海屋
場所:京都市右京区西院西貝川町99
電話:075‐881‐0881
公式サイト:https://www.kyotonarumiya.jp/
詳細記事:https://kyotopi.jp/articles/KvBNo

午前中で完売御免☆行列必至のおはぎ老舗「今西軒」

 (216903)

 (216904)

 (216905)

ここからはおはぎ特集で紹介されたお店が3軒。まずはこちら。下京区、地下鉄五条駅からスグの場所にある明治創業のおはぎの老舗『今西軒』。開店前から行列をつくる客も多く、午前中には完売することもしばしばで凄まじい人気。素朴な味わいのおはぎは3種類あり、いずれも素材の味をしっかり感じ郷愁を感じる美味しさ。

名称:今西軒
場所:京都市下京区烏丸五条西入ル一筋目下ル横諏訪町312
電話番号:075-351-5825
詳細記事:https://kyotopi.jp/articles/C1MtK

秋限定販売の絶品栗おはぎは行列必至「京都くりや」

 (216906)

 (216907)

 (216908)

中京区、創業安政2年(1855)の老舗で、園部町の本店から明治後期に暖簾わけした和菓子店『京都くりや』。栗を活かした和菓子に定評のある名店だが、中でも秋限定販売の栗おはぎが絶品。数量限定販売でシーズン中は行列必至。そして早々に完売する幻のおはぎとも言える。素朴で上品な味わいの栗餡のおはぎは栗本来の味わいが堪能できる一品。何個でもぺろりと食べられる美味しさ。

名称:京都くりや
場所:京都府京都市中京区丸太町通油小路西入大文字町42
電話番号:075-231-4564
関連サイト:https://kyoto-kuriya.jp/
詳細記事:https://kyotopi.jp/articles/zIANq

大反響☆口溶け最高の絶品おはぎ「祇園白」

 (216909)

 (216910)

 (216911)

東山区祇園にある、有名料亭『高台寺和久傳』プロデュースの和菓子店『祇園白』。料亭仕込みの凛とした佇まいの店内には、上品な和菓子、軽食が陳列。中でも竹の皮で編んだ箱に入ったおはぎは加水率高めでトロトロもちもち。口溶けよく、いくらでも食べられそうな、後を引く美味しさ。確実に買いたい方は予約が無難。

名称:祇園白
場所:京都市東山区祇園町南側570-210
電話番号:075-532-0910
詳細記事:https://kyotopi.jp/articles/z6W4V

最後に

いかがでしたか?どのお店ももともと名店ばかりですが、さらに番組でもお墨付きをもらうほど逸品ぞろい。京都に来て確実に美味しいものを持ち帰りたい、という方はぜひご参考に。

ヨ~イヤサ~♪
26 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はなのリアル京都暮らし☆ヨ~イヤサ~♪ 豆はなのリアル京都暮らし☆ヨ~イヤサ~♪

オススメの記事