2021年5月15日 更新

【京都テイクアウト】『マツコの知らない世界』で注目の焼胡麻豆腐名店「じき宮ざわ」

おおきに~豆はなどす☆今回は中京区、京の台所として知られる錦市場にもほど近い場所にある和食店。名物・焼胡麻豆腐をはじめ、テイクアウトも充実。

テレビでも紹介された名物・焼胡麻豆腐で有名な和食店

 (206071)

中京区、京の台所として知られる錦市場から堺町通を下がった場所にある有名料亭。つい最近、『マツコの知らない世界』で紹介され、たまたま通りかかった時にテイクアウトメニューもあり、一度試してみたいと思いやってきました。
 (206072)

以前お店にランチでお邪魔したことがあり、昼のコースメニューでしたが、その中にあった料理が番組でも紹介されていたわけですが。
 (206073)

 (206074)

 (206075)

 (206076)

 (206077)

こちらはその時食べた昼のコース。どれも繊細なお料理だったことが印象的。
 (206078)

その中でも、こちらが番組で紹介されていた名物の『焼胡麻豆腐』。
自家製の胡麻豆腐を焼き、そこに特製の胡麻ソース、さらに香ばしく焙煎された胡麻がかかっていて、胡麻の風味とその濃厚で滋味深い味わいに、誰しも唸る一品。

ま、今回はテイクアウトメニューですが(笑)
テイクアウトメニューは前日までに予約が必要です。今回は『さわらのばら寿司』1650円。
 (206079)

指定した時間にお店にうかがい、こちらをいただき自宅で。
 (206080)

正方形の白木のお弁当箱に入っています。
 (206081)

で、中を開けると色鮮やかな玉子の黄色。
 (206082)

 (206083)

しかも、なんとも極細にカットされた錦糸玉子。まさしく錦糸のような。これぞ名店の仕事ぶりというか。
 (206084)

深さ5センチ程度のお弁当にお箸を立てて発掘するような感覚(笑)
中は寿司飯、鰆の佃煮、どんこ椎茸、干瓢、寿司飯、酢〆鰆をもち米の藁で燻した物とガリ、錦糸玉子の順番に重ねて盛り付けされていて、具材があれこれと登場。

そして、一口。んー美味い!わりとすべてのパーツがしっかりとした味で、どれもが輪郭はっきりしています。そして、食感のメリハリもあり、お酒のアテにもなるようなバラ寿司。食事としてのお寿司でもありますが、アテとしての鮨にもなるような。
 (206086)

鰆も佃煮と燻した酢〆鰆の2ウェイ活用。調味も絶妙。そこにどんこ椎茸と干瓢の醤油の甘辛さと旨味も加わり、醸造酢の効いた酢飯と相まって、さらにふんわり優しい味わいで緩衝材にもなっている錦糸玉子。

これだけでお腹いっぱいになるような量というわけではありませんが、上質なものをいただいた満足感は何にも代えがたく。
他、テイクアウトメニューはこれ以外にもあり、鍋セットや名物焼胡麻豆腐もあり、ネットでも購入可能。テレビでも紹介されるほどの人気店ですが、お店でも久々にお料理いただきたいですね。

ヨ~イヤサ~♪

詳細情報

名称:じき宮ざわ
場所:京都市中京区八百屋町553−1
電話:075-213-1326
公式サイト:https://jiki-miyazawa.com/
19 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はなのリアル京都暮らし☆ヨ~イヤサ~♪ 豆はなのリアル京都暮らし☆ヨ~イヤサ~♪

オススメの記事

今注目の記事