2020年7月27日 更新

【京都和食めぐり】夏の旬食材満載!〆の出汁巻も絶品!!コスパよく満足度大☆日本料理「さかい」

おおきに~豆はなどす☆今回は中京区、御所南にある日本料理店。旬の厳選素材と使った料理はどれも逸品中の逸品。コスパもよくリピート必至の満足度。

旬の食材を駆使した誰もが満足する料理たち

 (188041)

中京区御所南、御幸町通りを下がった場所にある雑居ビルの1階。

ちょっと隠れ家的でもあるお店。以前来店したことがあり、とても満足度高かったので友人との会食で再訪。
 (188044)

もちろん予約して来店しましたが、普段土日だと予約も詰まってたりする人気店ですが、わりとあっさり予約とれました。お店の方の話では、次の日はまったく予約が入ってないとのこと。新型コロナウイルスの影響がここまで及んでいます。

店内はカウンター6席とテーブル5席で11席。温かみある木のぬくもりを感じる内装。凛とした清潔感も感じつつ、落ち着いた雰囲気。今回はテーブルで。
 (188043)

予約でコースメニュー7500円、10000円あり、今回は7500円でお願いしました。

そして、飲み物メニューはこちら。まずは軽くビールを注文。
 (188045)

メンバーがそろい、お料理スタート。

まずは先付。見るからに涼やかな演出の山芋素麺。
 (188046)

一瞬本当の素麺かと見間違うほど細くカットされた山芋が出汁に浸っていて、トマトやネギ、花穂紫蘇などがトッピング。山芋効果で少しとろみもあり、歯触りや喉ごしもよく、スルスルと食のすすむ一品。
 (188047)

椀物。
椀種には平目、白ずいき、インゲン、ミョウガ。そして爽やかな振り柚子。そして鰹節感あるいいお出汁です。
 (188048)

続いてお造り。
左から、真鯛、剣先イカ、炙り鱧。それぞれに合わせ、醤油と梅肉が添えらえています。
 (188050)

中でも、鱧は湯引きではなく、骨切りした生の状態のものを表面さっと炙ったもの。鱧の旨味を逃さず、全ていただける趣向。
 (188051)

焼き物。
マナガツオの幽庵焼きとサツマイモのレモン煮。幽庵地がよく効いたマナガツオ。お酒が進みます。そして、レモン煮のフレッシュ感がとても心地よい。
 (188052)

たまらず友人が日本酒にスイッチ。比較的地元関西圏の酒蔵のものが多いです。
 (188053)

で、京都伏見が誇る小さな蔵元、藤岡酒造の蒼空・夏純米生酒を注文。

蒼空のお酒でこんなラベルは初めて見ました。夏限定のうすにごり。爽やかかつフルーティー。柔らかさが料理とのマッチングによし。
 (188054)

冷製とうもろこしのすり流し。とても甘い!そして濃厚。
 (188055)

さらに鱧と賀茂ナスの揚げびたし。あんかけになっています。
 (188056)

表面揚げて香ばしい鱧に翡翠色の鮮やかな賀茂ナス。これも出汁の美味しさ、それぞれの食材の滋味深い味わいを感じる逸品。
 (188057)

酢の物はもずく酢。とり貝、もずくに黄身酢。黄身酢が絶品。色の配色が目にも鮮やか。
 (188058)

そして、うれしいお肉。
ご主人のご出身が丹波篠山ということもあるんですかね。こちらのスペシャリテとも言える一品。そして、金糸瓜とキュウリの胡麻酢和え。
 (188059)

前回食べた時も、お肉の美味しさに感動したわけですが。

塊状の牛肉を串打ちして炭火で1時間半ほどじっくり焼き上げたもの。火加減も高温と低温を使い分けて。焼物はすべて日向備長炭を使った炭火焼き。
 (188060)

白髪ネギと甘辛い醤油ベースのタレとともに。噛むほどにお肉の旨味が口の中で広がり、満足度大の構成。
 (188061)

こちらもさっぱりとしつつ、胡麻のコクが効き、さらに食材のサクサクとした食感が心地いい。
 (188062)

そして、最後にお食事。
お食事というと、〆になるので終わり感漂うものが多い中、
 (188063)

こちらでは、いい具合の出汁巻付。最後の最後まで手抜かりない料理たち。
 (188064)

他、脇を固めるご飯のお供。どれも自家製のようで、ちりめん山椒としば漬、昆布の炊いたん。こういうちょこっとずつ添えられているの、うれしいです。
 (188065)

ご飯は信楽焼きの土鍋炊き。お米は丹波篠山だったと思います。ふっくら柔らかく、好きな炊き加減(笑)
 (188066)

出汁巻の艶やかないい色。お箸で割ると、じゅわっと出汁が染み出し、大根おろしと一緒に食べて、よりウエットかつほろりと口の中で崩れる柔らかさを堪能。美味い!
 (188067)

さらに、これもこちらの名物。出汁茶漬けにもできるよう、出汁と海苔、三つ葉、ぶぶあられが添えられて。
 (188068)

最後は贅沢に全てのご飯のお供を盛り込み、出汁をかけてサラサラと。いくらでも食べられる美味しさで、ご飯もちろんおかわりしました(笑)
 (188069)

そして、最後の水菓子はマンゴーとデラウエアにジュレでさっぱりと。

夏の味覚をいろんな形で少しずついただける、めくるめく料理一つ一つに心躍る構成。これだけいろいろなものが食べられるのはかなりのコスパ良し。これがこのお店の人気の所以。さらに、テイクアウトメニューも各種あり。

通常予約とりづらいお店ですが、新型コロナの影響で、ある意味今がチャンス。ぜひ、美味しい和食を召し上がれ!

ヨ~イヤサ~♪

詳細情報

店名:日本料理 さかい
住所:京都市中京区毘沙門町553 御幸町ビル 1F
営業時間:12:00~13:00(最終入店) 18:00~20:00(最終入店) 
定休日:水曜日
TEL:075-231-690
公式サイト:http://www.rej-sakai.com/index.html
31 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな