2017年2月27日 更新

「伏見稲荷大社」参拝後に寄りたいイチオシのグルメ・食事処【厳選5店】

世界中の人々を魅了し続ける観光スポット「伏見稲荷大社」。周辺でイチオシのお食事処をまとめました。参拝後にぜひ寄ってみてください。

日本を代表する観光スポット「伏見稲荷大社」

 (72608)

世界中から多くの観光客が訪れる日本を代表する観光スポット「伏見稲荷大社」。参拝された帰りにぜひ寄って頂きたい食事処を定番から穴場までジャンルを問わずまとめました。

秀吉が命名した老舗の食事処「祢ざめ家(ねざめや)」

 (72525)

創業は驚きの1540年、店名は「祢ざめ家」。店名の名付け親は豊臣秀吉と言われており、伏見稲荷エリアの象徴的な飲食店です。
昭和初期の建築物だそうで、さすが風情のある外観ですね。
 (72526)

鯖寿司・いなり寿司・太巻きすしの三種盛、うなぎのかば焼き、お蕎麦の欲張りなセットです。
昔ながらの優しいお出汁が美味しいお蕎麦、うなぎの脂も美味しいかば焼き、分厚い鯖寿司、黒ごまの風味とごぼうの食感も美味しいいなり寿司、ほっとする味の太巻です。

伏見稲荷の名物が食べられる「稲福」

 (72534)

伏見稲荷大社を訪れたことのある人なら目にしたことがあるかもしれない、うずらとすずめの焼き鳥。
稲福は、そば・うどん・いなり寿しなどのメニューも揃う食事処ですが、店頭では伏見稲荷名物のうずらとすずめが焼かれて香ばしいかおりがあたりに広がります。
 (72537)

通年で販売されているわけではありませんが、もしタイミングが合えばすずめの丸焼きにチャレンジしてみてください。たっぷりのタレと一緒に焼かれていているので意外とすんなり食べられるんですよ♪ 振られた山椒がいいアクセントになってます。もちろん食用のすずめで公園で飛んでいるようなすずめではないですよ。

美味しいお出汁とモチモチ手打ちうどん「けんどん屋」

 (72527)

師団街道にある「手打ちうどん けんどん屋」です、入り口わきの麺打ち場で店主が切りそろえた麺を捌いている姿を見ることができます。
手打ちうどんを巨大な圧力釜で湯でているのが、他のうどん屋さんとは違う特徴です。
 (72600)

具は甘く炊いたおあげさん、それにおろし生姜のみ!という潔さ抜群きつねあんかけうどんですが、熱々でとろとろの葛餡をふうふう言いつつ頂くのが冬の京都の定番ですね。

あまり京都では見たことが無いほどの太目で、外側がソフトで滑らかだが、京うどんとしてはコシが強い方です。ムチムチとした食感で美味しいお出汁が良く絡むうどんです。

濃厚なラーメンが魅力「ラー麺 陽はまた昇る」

 (72531)

伏見稲荷 師団街道沿いの「ラー麺 陽はまた昇る」です。明るく清潔感のある店内とはウラハラに濃厚なラーメンやつけ麺が人気のラーメン店です。観光客からラーメン好きまで魅了してやまないラーメン店です。
 (72532)

名物の濃厚つけ麺です。つけ汁はグツグツと煮えたぎっていて、アツアツ!全粒粉の自家製極太麺が最高によく合います。
レアチャーシューやメンマも絶品ですよ。

ゲンコツサイズの唐揚げも美味しくコスパもよく大人気です。

新感覚のサンドイッチ「京都さんど」

 (72529)

JRと京阪の駅のちょうど中間あたり、ビルの2階にある「京都さんど」の新感覚のサンドイッチがイチオシです。カフェ使いもでき、クレープやフルーツサンドもあり、スイーツも楽しめます。
 (72530)

自家製パンのサンドイッチにはくるりとトルティーヤ生地で巻かれていて食感が工夫されています。中には、京都産のブランド豚・京都ぽーくと、京都の伝統味噌の西京味噌など、京都産の素材を最大限に活かすべく様々な工夫がされています。
食感も素材も楽しめる新感覚のサンドイッチに仕上がっています。
伏見稲荷大社、参拝後にぜひとも寄ってほしい食事処をまめてみましたが、いかがでしたでしょうか。ジャンルも豊富で迷ってしまいますね。随時追加していきます。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Kyotopi まとめ部 Kyotopi まとめ部