2020年3月30日 更新

「伏見稲荷大社」参拝後に寄りたいイチオシのグルメ・食事処【厳選10店】

世界中の人々を魅了し続ける観光スポット「伏見稲荷大社」。周辺でイチオシのお食事処をまとめました。参拝後にぜひ寄ってみてください。

日本を代表する観光スポット「伏見稲荷大社」

 (72608)

世界中から多くの観光客が訪れる日本を代表する観光スポット「伏見稲荷大社」。参拝された帰りにぜひ寄って頂きたい食事処を定番から穴場までジャンルを問わずまとめました。

秀吉が命名した老舗の食事処「祢ざめ家(ねざめや)」

 (72525)

創業は驚きの1540年、店名は「祢ざめ家」。店名の名付け親は豊臣秀吉と言われており、伏見稲荷エリアの象徴的な飲食店です。
昭和初期の建築物だそうで、さすが風情のある外観ですね。
 (72526)

鯖寿司・いなり寿司・太巻きすしの三種盛、うなぎのかば焼き、お蕎麦の欲張りなセットです。
昔ながらの優しいお出汁が美味しいお蕎麦、うなぎの脂も美味しいかば焼き、分厚い鯖寿司、黒ごまの風味とごぼうの食感も美味しいいなり寿司、ほっとする味の太巻です。

店名:祢ざめ家(ねざめや)
住所:京都市伏見区深草御前町82
電話番号:075-641-0802
営業時間:10:00~18:00(ラストオーダー:17:30)
定休日:不定休
店舗HP: http://nezameya.com/

参考記事:https://kyotopi.jp/articles/Ydusp

伏見稲荷の名物が食べられる「稲福」

 (72534)

伏見稲荷大社を訪れたことのある人なら目にしたことがあるかもしれない、うずらとすずめの焼き鳥。
稲福は、そば・うどん・いなり寿しなどのメニューも揃う食事処ですが、店頭では伏見稲荷名物のうずらとすずめが焼かれて香ばしいかおりがあたりに広がります。
 (72537)

通年で販売されているわけではありませんが、もしタイミングが合えばすずめの丸焼きにチャレンジしてみてください。たっぷりのタレと一緒に焼かれていているので意外とすんなり食べられるんですよ♪ 振られた山椒がいいアクセントになってます。もちろん食用のすずめで公園で飛んでいるようなすずめではないですよ。

店名:お食事処 稲福
住所:京都市伏見区深草開土町2-4
電話番号:075-641-3696
営業時間:9:00~17:00
定休日:火曜日

参考記事:https://kyotopi.jp/articles/fr4hb

美味しいお出汁とモチモチ手打ちうどん「けんどん屋」

 (181258)

伏見稲荷前、師団街道にある「手打ちうどん けんどん屋」です、入り口わきの麺打ち場で店主が切りそろえた麺を捌いている姿を見ることができます。
手打ちうどんを巨大な圧力釜で湯でているのが、他のうどん屋さんとは違う特徴です。観光地にありながら、美味しいうどんを頂けます。
 (72600)

具は甘く炊いたおあげさん、それにおろし生姜のみ!という潔さ抜群きつねあんかけうどんですが、熱々でとろとろの葛餡をふうふう言いつつ頂くのが冬の京都の定番ですね。

あまり京都では見たことが無いほどの太目で、外側がソフトで滑らかだが、京うどんとしてはコシが強い方です。ムチムチとした食感で美味しいお出汁が良く絡むうどんです。

店舗名:手打ちうどん けんどん屋
住所:京都市伏見区深草一ノ坪町41 パールハイツイナリ1F
電話番号:075-641-1330
営業時間:11:00〜14:30 / 17:00〜20:30
定休日:水曜日・不定曜日(月に1日)・・・水曜日以外の休みが【 月に1日 】あります

参考記事:https://kyotopi.jp/articles/7gfyc

濃厚なラーメンが魅力「ラー麺 陽はまた昇る」

 (72531)

伏見稲荷 師団街道沿いの「ラー麺 陽はまた昇る」です。明るく清潔感のある店内とはウラハラに濃厚なラーメンやつけ麺が人気のラーメン店です。観光客からラーメン好きまで魅了してやまないラーメン店です。
 (72532)

名物の濃厚つけ麺です。つけ汁はグツグツと煮えたぎっていて、アツアツ!全粒粉の自家製極太麺が最高によく合います。
レアチャーシューやメンマも絶品ですよ。

ゲンコツサイズの唐揚げも美味しくコスパもよく大人気です。

店名:ラー麺 陽はまた昇る
住所:京都市伏見区深草一ノ坪38-15
電話番号:075-642-5705
営業時間:11:00~22:00
定休日:木曜日、第二水曜日

参考記事:https://kyotopi.jp/articles/ooURe

きなこスイーツで有名な「吉祥菓寮」

 (181260)

本店は祇園、知恩院前。焦がしきな粉のパフェで京都のカフェ界を一世風靡した『吉祥菓寮』が、京都有数の観光地「伏見稲荷」に堂々オープン。

春限定の人気商品「春摘み苺パフェ」と2020年春の新作「桜薫る春色パフェ」
見るからに美味しい絶品パフェ。甘さ控えで、最後に一気に食べれちゃいます。
 (181262)

今回、初登場した自家製ジェラート!常時10〜12種類が揃います。「さくら」のように季節限定のフレーバーもあれば、きな粉、ピスタチオ、抹茶などの定番フレーバーも。
中でも『吉祥菓寮』ならではのフレーバーが「ミヤギシロメ」「黒千石」「茶大豆」。通常はきな粉として使わないような高級品種の大豆をジェラートにされています。

店名:吉祥菓寮 京都伏見稲荷店
開業日:2020年3月13日(金)
住所:京都市伏見区深草一ノ坪町27-20
営業時間:10~18時(LO17時30分)
定休日:無休

参考記事:https://kyotopi.jp/articles/ElJpJ

濃厚お豆腐アイスクリーム「手づくり工房 京豆庵」

 (181487)

ちょうど京阪とJRの駅の間あたりに店を構える「手づくり工房 京豆庵 伏見稲荷店」
豆腐アイスクリームの他に、ジェラートや豆乳ドーナツも販売されているので、伏見観光のお土産にもピッタリ。
2種ダブル豆腐ソフトクリーム350円

2種ダブル豆腐ソフトクリーム350円

大豆をたっぷり使った濃厚でヘルシーでお豆腐ソフトクリームと、そのお豆腐ソフトクリームをベースに宇治抹茶をたっぷり加えた抹茶味。このお豆腐アイスクリーム、甘すぎ濃厚でとっても美味しいですが、見ての通りなんとひっくり返しても落ちないんです!
店内にはちょっとしたイートインスペースもあるので、そちらでいただくこともできますよ。

店名:手づくり工房 京豆庵 伏見稲荷店
住所:京都市伏見区深草秡川町16-20
電話番号:075-641-1887
営業時間:10:00~18:00
定休日:不定休

参考記事:https://kyotopi.jp/articles/cHDSo
33 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Kyotopi まとめ部 Kyotopi まとめ部