2017年2月20日 更新

【名物】いなり寿司は必食!秀吉が愛し命名した伏見稲荷の食事処「祢ざめ家(ねざめや)」

伏見稲荷の象徴的な食事処「祢ざめ家(ねざめや)」いなり寿司や鯖寿司が名物、店頭ではうなぎやうずらを焼いていて香ばしいかおりが辺りに広がります。

創業は1540年!風情ある佇まい

 (55469)

創業は驚きの1540年、店名は「祢ざめ家」。店名の名付け親は豊臣秀吉と言われており、伏見稲荷エリアの象徴的な飲食店です。
昭和初期の建築物だそうで、さすが風情のある外観ですね。

店頭では、名物のうなぎやうずらが焼かれていて、つけダレと炭の香ばしいかおりが辺りを包みます。
 (55471)

祢ざめ家と言えば、いなり寿司と鯖寿司。お持ち帰り専用の窓口もあります。いなり寿司はこちらで、職人さんがいなり寿司を詰めています。
 (55470)

店頭には名物のいなり寿司を包む、おあげさんが。こうやって秘伝の味を沁み込ませているんですね。
 (55472)

2階席もありますが、1階はこんな感じのテーブル席です。
窓から光も入ってきますが、店内の照明は多くなく、少し暗めで落ち着いた雰囲気です。

平日の15時くらいでしたが、満席で大賑わい!混雑時は相席になることもあるので、苦手な方はご注意ください。
 (55473)

老舗なのに写真を全面にだした少しポップなメニュー表です。わかりやすくていいですね。

祢ざめ家と言えばいなり寿司や鯖寿司が名物ですが、麺類やどんぶり系もメニューも豊富です。
 (55474)

少し値ははりますが、うなぎも美味しいです!店頭の炭で焼いてるうなぎです。
セットやかば焼き、うな丼と種類も豊富。伏見稲荷名物ウズラもありますよ。

祢ざめ家の名物が詰まったセット

 (55485)

優柔不断な方にピッタリな祢ざめ家のオススメが詰まった「ねねうなセット(1,500円)」にしました。

鯖寿司・いなり寿司・太巻きすしの三種盛、うなぎのかば焼き、お蕎麦の欲張りなセットです。
 (55487)

昔ながらの優しいお出汁が美味しいお蕎麦。単品のにしんそばも気になります。
 (55486)

フワフワで味付けは控えめに、うなぎの脂も美味しいかば焼き。
 (55488)

分厚い鯖寿司、黒ごまの風味とごぼうの食感も美味しいいなり寿司、ほっとする味の太巻。
祢ざめ家に来たら、このセットは外せません!ボリュームが足りない訳ではないんですが、パクパクとすぐなくっちゃいました(笑)
 (55479)

鯖寿司の断面はこちら!この鯖の厚さがたまりません!酢は少し控えめな感じで、鯖の旨味を十分に味わえる仕上がりになっています。

近年、外国人観光客も増えて以前と少し雰囲気が変わりましたが、やっぱりいいもんはいいいですね(笑)

日本を代表する観光地、伏見稲荷大社のすぐ近くで、歴史のあるお店で風情を感じながら名物の食事を頂く、こんなに贅沢なことはありませんね。

祢ざめ家 クチコミ情報

祢ざめ家 店舗情報

店名:祢ざめ家(ねざめや)
住所:京都市伏見区深草御前町82
電話番号:075-641-0802
営業時間:10:00~18:00(ラストオーダー:17:30)
定休日:不定休
店舗HP: http://nezameya.com/

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ガロン ガロン