2017年11月19日 更新

闇夜に浮かぶ"鳳凰堂"と紅葉の競演は圧巻の美しさ!「世界遺産 平等院」で紅葉ライトアップ!

2012年以来、平等院で夜間拝観が行われます。拝観日も少なく、今秋注目の紅葉ライトアップです。闇夜に浮かぶ鳳凰堂と紅葉の競演をたのしんでください。

2012年以来の夜間拝観

 (104178)

世界遺産・平等院にて、鳳凰堂のライトアップが期間限定で行われます。
3年前終了した鳳凰堂の平成大改修以来、今回の夜間拝観は初めてになります。
実に2012年以来です。

平等院の門前広場の紅葉はまさに見頃を迎えていました。
 (104179)

5年ぶりの夜間拝観と紅葉を楽しみたいとあって、多くの観光客が訪れておりました。

ライトアップの夜間拝観日は、11月18、19、23~26日、12月1~3日のみ、受付18時00分〜20時00分 (20時30分閉門)になっています。
平日はほとんど行われませんので、ご注意ください。
 (104177)

表門をくぐり境内に入るとすぐ左手に立派なもみじと松が迎えてくれます。

照らしだされた鳳凰堂は圧巻の美しさ

 (104165)

ライトアップされた鳳凰堂をサイドから。
絵に描いたような美しさです。様々な角度からお楽しみください。
 (104166)

この角度からの鳳凰堂はよく雑誌などでも見ますよね。
紅葉のライトアップとの競演が美しく幻想的です。
 (104167)

正面のアップ。5分間隔で鳳凰堂を照らす正面の明暗が変化し、また違った表情をみせてくれます。
 (104168)

水面に照らし出された鳳凰堂は、なんとも言えない幻想的な美しさ。
闇夜に浮かびあがってきたような光景です。
 (104169)

どの角度から見ても美しく、とてもフォトジェニック。
2012年以来の夜間拝観とあって、カメラを持った方々も多くおられました。
三脚・一脚の使用は禁止なのでご注意ください。
 (104171)

鐘楼、ミュージアム鳳翔館周辺、浄土院が紅葉のライトアップスポットです。
境内には約200本のもみじが立ち並び、見頃を迎えています。
 (104176)

鐘楼と紅葉の共演、風情がありますね。
 (104181)

ミュージアムの鳳翔館前。ベンチシートが備え付けられているので、ゆったりと座って紅葉を楽しむことができます。
また、夜間拝観中もミュージアムは見学できます。
 (104172)

ミュージアム裏の通路にも美しいもみじが。さながらもみじのトンネルです。
 (104173)

平等院南口です、こちらからも入場できます。
門が額縁のような役割をはたしきれいな写真が撮れる撮影スポットです。
23 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

桜舞い、闇夜に浮かぶ鳳凰堂|世界遺産・平等院【ライトアップ】

桜舞い、闇夜に浮かぶ鳳凰堂|世界遺産・平等院【ライトアップ】

宇治市にある世界遺産・平等院では、4月5日~9日にライトアップと夜間特別拝観が行われていますので、その様子を存分にお伝えします。
【穴場の紅葉名所】ゆったり楽しめる紅葉ライトアップ「鹿王院夜間特別拝観」12/9まで

【穴場の紅葉名所】ゆったり楽しめる紅葉ライトアップ「鹿王院夜間特別拝観」12/9まで

こちらでも告知されています鹿王院の夜間特別拝観へ行って来ました☆事前申し込み1日100名限定ですので、混み合うこと無くゆったりじっくり見事なライトアップを楽しめます☆
神秘的な青い星がまたたく日本庭園!京都「青蓮院門跡」の紅葉ライトアップ!

神秘的な青い星がまたたく日本庭園!京都「青蓮院門跡」の紅葉ライトアップ!

まるで天上の星々が地上に降り注いだように。その神秘的な光景から、今や紅葉期のライトアップでは外せない名所となった青蓮院門跡。今年は青色のライトを全面改修して、鮮やかさにさらに磨きがかかりました!
京の都始まりの地「将軍塚青龍殿」から夜空に光る紅葉と京の町を望む

京の都始まりの地「将軍塚青龍殿」から夜空に光る紅葉と京の町を望む

かつて桓武天皇がこの塚に登って京都を都に決め、甲冑を着せた将軍の像を埋めて、都の安泰を祈ったと伝えられている将軍塚。千年以上が過ぎた今も、秋には紅葉が美しい深紅に染まります。また、青龍殿の大舞台は、清水の舞台の約5倍の広さ!京都の町を一望できる、隠れた絶景スポットです。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ガロン ガロン