2018年4月9日 更新

桜舞い、闇夜に浮かぶ鳳凰堂|世界遺産・平等院【ライトアップ】

宇治市にある世界遺産・平等院では、4月5日~9日にライトアップと夜間特別拝観が行われていますので、その様子を存分にお伝えします。

桜舞い、闇夜に浮かぶ鳳凰堂

 (120290)

京都府宇治市の世界遺産・平等院で夜間特別拝観(5日(火)~9日(月))が実施されています。これまで一般向けのライトアップは秋に行われてきましたが、春の実施初めてになります。
拝観時間は午後6時半~9時、受付8時45分までになります。
 (120291)

昼夜入れ替え制、夜間拝観料は大人600円、中高生400円になっています。
阿字池の周りにはレーンがひかれ、鳳凰堂の正面で一度区切りられ時間による入れ替え制になりました。秋に行われたライトアップも大変混雑したから、多くの方に正面から拝んで頂きたいとのことで今回の対応になりました。
 (120292)

鳳凰堂は1053年、当時の関白 藤原頼道に建立された阿弥陀堂になります。

阿字池に浮かびあがるライトアップされた鳳凰堂は、まさに息をのむ美しさ。
様々な角度から、美しい鳳凰堂を余すことなくお届けします。

 (120293)

 (120294)

阿字池周辺には桜はほとんどありませんが、正面に少しだけ。
多くはなくても、周囲になじみ十二分に美しい。
 (120295)

どの角度から撮っても絵になります。
鳳凰堂の正面エリアは入れ替え制(5分ほど?)のため、ゆっくりと撮影することができました。何度でも並ぶことはできます。
但し、三脚・一脚の使用は禁止です。
 (120296)

鳳凰堂内の中央には金色に輝く丈六阿弥陀如来坐像(じょうろくあみだにょらいざぞう)端坐されています。
 (120297)

鳳凰堂を正面からみたこの姿が、翼を広げた鳥のように見えることと、屋根に鳳凰が据えられていることから、江戸時代より「鳳凰堂」と呼ばれるようになりました。それまでは阿弥陀堂や御堂と呼ばれていました。
 (120298)

 (120300)

水鏡、リフレクション好きのカメラマン・カメラウーマンにはたまらない景色です。
 (120304)

鳳凰堂の裏側です。
 (120301)

夜間拝観中もミュージアム鳳翔館の見学をすることができます。
館内は撮影禁止になっています。
こちらはミュージアム前のスペース。
 (120302)

浄土院の桜もライトアップされています。
 (120303)

ミュージアム鳳翔館の裏手にはある南門。こちらは駐車場にもつながっています。
21 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

闇夜に浮かぶ"鳳凰堂"と紅葉の競演は圧巻の美しさ!「世界遺産 平等院」で紅葉ライトアップ!

闇夜に浮かぶ"鳳凰堂"と紅葉の競演は圧巻の美しさ!「世界遺産 平等院」で紅葉ライトアップ!

2012年以来、平等院で夜間拝観が行われます。拝観日も少なく、今秋注目の紅葉ライトアップです。闇夜に浮かぶ鳳凰堂と紅葉の競演をたのしんでください。
桜と京都の夜景を一望できる「将軍塚青龍殿」限定ライトアップ

桜と京都の夜景を一望できる「将軍塚青龍殿」限定ライトアップ

京都東山山頂にある「将軍塚青龍殿」は、2014年建立と比較的新しい大護摩堂ですが、大舞台から京の街が一望できるとあって早くも人気のスポット。特に春は桜との組み合わせが絶景です!
夜桜と五重塔が織りなす幻想的な世界「東寺(教王護国寺)」【4/16まで】

夜桜と五重塔が織りなす幻想的な世界「東寺(教王護国寺)」【4/16まで】

桜の見ごろを迎え大盛況「東寺(教王護国寺)」の夜桜ライトアップをご紹介します。会期は4/16日まで!一度は楽しんでほしい幻想的なライトアップイベントです。
春の風物詩!二条城ライトアップ「二条城桜まつり2017」プロジェクションマッピングも!

春の風物詩!二条城ライトアップ「二条城桜まつり2017」プロジェクションマッピングも!

世界遺産・二条城にて桜とライトアップ、プロジェクションマッピングが楽しめる「二条城桜まつり2017」が開催されています。会期は3月24日~4月16日になっています。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Kyotopiカメラ部 Kyotopiカメラ部