2017年12月5日 更新

【穴場の紅葉名所】ゆったり楽しめる紅葉ライトアップ「鹿王院夜間特別拝観」12/9まで

こちらでも告知されています鹿王院の夜間特別拝観へ行って来ました☆事前申し込み1日100名限定ですので、混み合うこと無くゆったりじっくり見事なライトアップを楽しめます☆

1日100名限定というのが大正解

 (106751)

この鹿王院の周りは閑静な住宅街です
どちらかというとひっそりと佇む
京都の紅葉の時期はどちらも大混雑ですが、こちらはちょっとマニアックな存在と言えますかね
さらに静かな雰囲気を大切に、1日100名限定の申込み制とされています
時間を決めた完全予約制の参拝とは違って、開催時間内ならいくらでも滞在できますし
自由に動けるのがとても良いですね
スタッフさんも、みんな結構フレンドリー(笑)
初開催の昨年も伺ったのですが、結局2年続いて最終時間までゆっくりさせていただきました ♪
 (106752)

 (106753)

まず、このまっすぐに伸びた参道に「うわぁ♡」となりますね

つかみはオッケー(笑)
 (106754)

この参道でなかなか進まない

混んでるのではありません

嫌でも撮影したくなるのですよ(苦笑)
 (106755)

 (106756)

 (106757)

さて、靴脱いで客殿へ
 (106758)

客殿から広がる庭園を眺める

日本最初の平庭式の枯山水庭園だそうです
 (106759)

 (106760)

 (106761)

本堂で解説をしてくれるおじさん

ご近所の方で、ボランティアでされているそうですが
質問すれば何でも淀みなく答えてもらえます
もの凄く何でもお詳しい
手にはしっかりペンライト(笑)
時間をかけて、しっかり解説してもらえます
 (106762)

本堂を見学したのち、お茶とお菓子をいただきます

茶道速水流の方々に接待してもらえます
 (106796)

庭を正面に見られる特等席でした ♪
 (106798)

テンポよく、全ての方にお相手していただけます

茶道の事も、軽くざっくばらんに解説
笑いもあり、和やかな時間

なんやかんや粘ってると
「もう一杯どうや?!」(笑)
26 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

見事な借景庭園に紅葉!お茶菓子とともに静寂なひとときを「鹿王院・夜間特別拝観」【12/10まで】

見事な借景庭園に紅葉!お茶菓子とともに静寂なひとときを「鹿王院・夜間特別拝観」【12/10まで】

先日お知らせした、12/10まで開催の鹿王院の夜間特別拝観に行ってきましたのでご紹介いたします。 まだまだ見頃の紅葉に静かな庭、そして抹茶の接待などとても贅沢な時間を過ごす事ができましたよ〜
京の都始まりの地「将軍塚青龍殿」から夜空に光る紅葉と京の町を望む

京の都始まりの地「将軍塚青龍殿」から夜空に光る紅葉と京の町を望む

かつて桓武天皇がこの塚に登って京都を都に決め、甲冑を着せた将軍の像を埋めて、都の安泰を祈ったと伝えられている将軍塚。千年以上が過ぎた今も、秋には紅葉が美しい深紅に染まります。また、青龍殿の大舞台は、清水の舞台の約5倍の広さ!京都の町を一望できる、隠れた絶景スポットです。
闇夜に浮かぶ"鳳凰堂"と紅葉の競演は圧巻の美しさ!「世界遺産 平等院」で紅葉ライトアップ!

闇夜に浮かぶ"鳳凰堂"と紅葉の競演は圧巻の美しさ!「世界遺産 平等院」で紅葉ライトアップ!

2012年以来、平等院で夜間拝観が行われます。拝観日も少なく、今秋注目の紅葉ライトアップです。闇夜に浮かぶ鳳凰堂と紅葉の競演をたのしんでください。
12年間、最も比叡山の眺望に優れた地を求めて…辿り着いた最高の場所「圓通寺」

12年間、最も比叡山の眺望に優れた地を求めて…辿り着いた最高の場所「圓通寺」

圓通寺は、もともと後水尾天皇の山荘でした。かつて、後水尾天皇は比叡山が最も美しく見える地を求めて各所を巡ったといいます。そしてやっと辿り着いた場所がここ、岩倉だったのです。枯山水の庭園も、この頃に造られたもの。比叡山を借景とした庭園の美は、さすがの一言です。
“いとをかし”清少納言ともゆかりのある「今熊野観音寺」で晩秋の紅葉狩り【穴場】

“いとをかし”清少納言ともゆかりのある「今熊野観音寺」で晩秋の紅葉狩り【穴場】

日本で最も歴史がある観音信仰の巡礼所「西国三十三所」の一つ、今熊野観音寺。泉涌寺の塔頭の一つであり、かつて清少納言の父の邸宅が付近にあったといわれています。清少納言も、定子皇后が崩御された後に晩年を過ごしたという説も。「秋は夕暮れ」と枕草子に綴った清少納言は、今熊野観音寺の紅葉に何を思ったでしょうか?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

千恋し 千恋し