2016年3月6日 更新

【海の街】「丹後半島」をめいいっぱい楽しむためのおすすめスポット8選!

京都縦貫道が全面開通しアクセスがかなりよくなった丹後半島。そんな丹後半島を楽しんでもらうために厳選したオススメスポットをご紹介します。

絶景ポイント「天橋立ビューランド」

文珠山山上にあり、天橋立を南側から一望できる展望所です。ここからの眺めは、天橋立が天に舞う龍のように見える事から『飛龍観』と呼ばれています(^O^)
 (20167)

 (20168)

新鮮魚介を楽しめる「富田屋(とんだや)」

週末は宮津駅前に行列ができるほど、ここの定食は大人気。夜は居酒屋使いもでき、なんと宿泊施設もあるという驚きの大衆食堂!宮津へ行ったら外せません。
 (20174)

 (20175)

史跡もたくさん「日本三景 天橋立」

ビューランドで観る天橋立もいいのですが、実は天橋立には様々な史跡・建造物があり面白いのでで今回はそちらを紹介します。散歩やランニングにオススメです。
 (20201)

 (20199)

丹後王国

場所は天橋立より車だと30分くらい、子供たちが自然や動物に触れあえる施設やマルシェやご飯屋さんも多く子供も大人も楽しめる施設になっています。
 (20178)

 (20179)

海沿いの蔵元「向井酒造」

丹後半島の伊根町にある向井酒造のこの時期ならではの限定品をご紹介します。海沿いの蔵元さんて、ちょっと珍しいんじゃないですかね。でも、新鮮な魚が美味しい地域にいい蔵元があるってこれこそ渡りに船(笑)
 (20183)

 (20182)

舟伊根湾を取り囲むようにして建つ舟屋を海上から眺めるのは、陸ではなかなか味わえない趣がありますよ。遊覧船と聞くとなんだかお高いイメージがありますが、なんと「大人680円 子供340円」と激安なんです!

カモメと一緒に舟屋観光♪「伊根湾めぐり遊覧船」

 (20186)

 (20187)

伊根町は、かの有名な浦島太郎伝説が伝わる街でもあります。そんな伊根町の舟屋群を眺めながら、新鮮な海鮮が頂ける「レストラン舟屋」に行ってきました。高台にある舟屋の里公園(道の駅)の中にあります。

舟屋群を眺めながら「レストラン舟屋」

伊根町の舟屋群を眺めながら、伊根湾であがった新鮮な海鮮が頂ける「レストラン舟屋」に行ってきました。
 (20193)

 (20194)

時間がとまったような「舟屋の街」

伊根町 舟屋群」は周囲5kmの海に沿って約230軒の舟屋が並んでいて、国の重要伝統的建造物群保存地区選定地になっています。海に浮かぶ街、ぜひ一度行ってみてほしい。
 (20204)

 (20203)

まだまだ、オススメなところあるんで、ぜひご自身で行ってみてくださいね!
イメージだと少し遠い感じがしますが、意外とすぐ着いちゃいますよ♪

関連する記事 こんな記事も人気です♪

海の京都へ行こう!日本三景「天橋立」を絶好のスポットから眺める「傘松公園」

海の京都へ行こう!日本三景「天橋立」を絶好のスポットから眺める「傘松公園」

京都観光というと洛中や嵐山などが真っ先に思い浮かびますが、海側には日本三景に名を連ねる「天橋立」があります。今回は、海の京都をご紹介します。
【京都ご当地グルメ】海の京都のイチオシのバーガー!日本三景・天橋立を見下ろす絶景ロケーション☆「AmaTerrace(あまてらす)」

【京都ご当地グルメ】海の京都のイチオシのバーガー!日本三景・天橋立を見下ろす絶景ロケーション☆「AmaTerrace(あまてらす)」

日本三景・天橋立を見下ろす傘松公園の2F展望レストラン。海の京都を満喫できる絶好のロケーションだが、さらに宮津名産でもあるいわしを使った、ご当地グルメ『オイルサーディンバーガー』が人気。
高速のったら意外と近い!日本三景を拝む絶景ポイント「天橋立ビューランド」

高速のったら意外と近い!日本三景を拝む絶景ポイント「天橋立ビューランド」

京都府のずっと上の方!市内からは2時間弱、宮津市にある日本三景のひとつ「天橋立」を臨める『天橋立ビューランド』に行ってきました!
海の京都|クセの強い漆黒スープがにハマル!天橋立エリアの行列店「天橋立 くじからラーメン」

海の京都|クセの強い漆黒スープがにハマル!天橋立エリアの行列店「天橋立 くじからラーメン」

海の京都、人気の観光地 天橋立エリアで評判のラーメン店に行ってきました。観光地でありながら、クオリティの高いスープと新福菜館を思わせる真っ黒スープが特徴です。
日本三景 天橋立からスグ!名物"いわし寿司" は必食のおいしさ!宮津の「すし小銭」

日本三景 天橋立からスグ!名物"いわし寿司" は必食のおいしさ!宮津の「すし小銭」

道の駅 宮津から徒歩すぐ「すし小銭」で宮津の名物”いわし寿司”を頂いてきました!宮津文化遺産にも認定された宮津では欠かせない名物メニューです。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Kyotopi まとめ部 Kyotopi まとめ部