2018年8月23日 更新

【京都ご当地グルメ】海の京都のイチオシのバーガー!日本三景・天橋立を見下ろす絶景ロケーション☆「AmaTerrace(あまてらす)」

日本三景・天橋立を見下ろす傘松公園の2F展望レストラン。海の京都を満喫できる絶好のロケーションだが、さらに宮津名産でもあるいわしを使った、ご当地グルメ『オイルサーディンバーガー』が人気。

天橋立の絶景を一望しながら食すご当地バーガー

 (131756)

海の京都を象徴する観光名所でもある日本三景・天橋立。特に夏場は海水浴がてら立ち寄る観光客も多く、にぎわうスポット。

この日、旅行の途中に天橋立傘松公園から天橋立を一望することに。
成相山中腹にある公園で、天橋立を北側から一望できる展望所。アクセス手段は徒歩ルートももちろんありますが、今回はケーブルカーを利用。
 (131757)

この時、ちょうど雨が降り始め、リフトも並行して隣にありましたが、運休だったためにケーブルカーへ。晴れた日にはリフトも気持ちいいですね。
 (131758)

最初単線で登るケーブルカー。途中の離合部分は一部複線となり、すれ違う際降りてくる乗客と手を振りあったり。

余談ですが、車両がすれ違うことを「離合」と言い、NHK番組ブラタモリでタモリさんの出身地・福岡県の方言と言われてましたが、京都でも使われる用語みたいで「離合困難」という標識もあるようです。
 (131759)

公園のゆるキャラ・かさぼう。これは平面体パネルでした。お盆休みだったんですかね(笑)
 (131760)

展望所から一望できる日本三景・天橋立。、天橋立が昇り龍のように見えることから「昇龍観」と呼ばれ、股の間からのぞくと天地が逆転して見える「股のぞき」発祥地として有名。

私も最初汗だくになってやってましたが、隣の人にスマホ画像、編集で回転させればいいやん!と言われ、そう言われればそうやな、と(笑)でも実際やってみる臨場感もまた楽しんで下さい!
 (131778)

そして、展望レストランでお土産モノを物色。宮津名産のオイルサーディン。この昔からある天橋立ブルーの缶詰は明治43年創業の老舗・竹中罐詰の看板商品。缶詰マニアの間では知らない人はいないほどの有名なオイルサーディン。
 (131762)

そんなオイルサーディンを使ったご当地バーガーを発見。
 (131779)

 (131764)

注文してから調理し始めるので5分ほどかかりましたが。
 (131765)

で、こちらがサーディンバーガー500円。宮津名産のオイルサーディンをフライにして挟んだバーガー。タルタルソース、オイルサーディンフライ、レタス、スライスレモンが全粒粉系のバンズにイン。
 (131766)

フレッシュなスライスレモンがとてもいい。このオイルサーディンフライのアクセントに。いわしのクセは全くなく、ふわっとした身がバンズの柔らかさと同調して背の青い魚がニガテな人でも美味しくいただけるご当地バーガー。

サーディンバーガー食べながらの股のぞき、いかがですか?オススメです!

Ama Terrace (あまてらす) へのツイート

詳細情報

住所:京都府宮津市大垣19-1
電話番号:0772-27-0898
営業時間:8:30~16:30
定休日:無休
詳細サイト:https://www.amano-hashidate.com/cafe-omiyage/

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

三杯目 J Soup Brothers 三杯目 J Soup Brothers