2022年3月11日 更新

【保存版】京都オススメのみたらし団子!下鴨神社門前店から変わり種まで【厳選5店】

おおきに~豆はなどす☆今回は京都オススメのみたらし団子を集めました。みたらし団子発祥地、下鴨神社門前店や河原町老舗の変わり種まで。

みたらし団子の総本山☆世界遺産下鴨神社門前「加茂みたらし茶屋」

 (220216)

 (220217)

 (220218)

左京区下鴨にある世界遺産・下鴨神社。その本殿東側に門前ある、みたらし団子の総本山とも言うべき和菓子の老舗『加茂みたらし茶屋』。そもそもみたらし団子は下鴨神社境内の御手洗川の泡とかたどって誕生したと伝わり、ここが発祥地。お店ではテイクアウトはもちろん、出来立ての香ばしさ絶品のみたらし団子がいただける。

名称:加茂みたらし茶屋
場所:京都市左京区下鴨松ノ木町53
電話番号:075-791-1652
関連記事:https://kyotopi.jp/articles/sR1Ny

レトロな移動販売「ロバのパン屋」の名物みたらし団子

 (220220)

 (220221)

 (220222)

京都人には昔からおなじみの移動販売店『ロバのパン屋』。昭和のはじめから、ロバや馬に馬車を牽かせて街中を移動しながら販売し、現在では自動車での販売に置き換わりつつも、そのお知らせ音的昭和レトロなBGMを流しながらやってくる風景は昔から変わらず、現在でもこの曲が聞こえてくると車を追いかける京都人多数。創業者が元々饅頭職人だったことから蒸しパンとともに販売される名物みたらし団子。醤油感と香ばしい味わいが郷愁そそる美味しさ。

名称:ロバのパン屋ビタミン連鎖店本部
場所:京都市北区上賀茂東後藤町48−5
電話:075-200-1613
関連記事:https://kyotopi.jp/articles/lQmFA

河原町通りの名物四角いみたらし団子☆老舗甘味「梅園」

 (220224)

 (220225)

 (220226)

中京区三条河原町下がった場所にある、古い老舗風情漂う創業昭和2年の甘味処『梅園』。街ブラで疲れた際の立ち寄りスポットとして昔から愛されてきたお店。特に名物なのが、四角いみたらし団子。上品で収まりのいいフォルム、そして甘めの蜜が昔から人気で、パフェやあんみつなどとセットで食べる人も多数。

名称:梅園
場所:京都市中京区河原町三条下る山崎町234-4
電話:075-221-5017
関連記事:https://kyotopi.jp/articles/2bBqC

口溶け絶品の名物・黒みつだんご必食「美玉屋」

 (220228)

 (220229)

 (220230)

若干これはみたらし団子?との異論も出そうですが、独断で変わり種みたらし団子に位置づけしました(笑)左京区下鴨、北大路通沿いにある和菓子店『美玉屋』。季節の和菓子はもちろん一通りあり、地域密着型の名店。中でもこちらの看板商品である黒みつ団子は串に刺したお団子にたっぷりのきな粉、黒蜜がかかっていて、口溶けとそれぞれの上質な風味が味わえる珠玉の和菓子。リピーター続出の人気商品で、日によっては昼前に完売することも。

名称:美玉屋
場所:京都市左京区下鴨高木町西入ル下鴨東本町18-1
電話番号:075-721-8740
関連記事:https://kyotopi.jp/articles/Pzr57

焼きたてもっちり!食べ歩きに◎「古都香」

 (220232)

 (220233)

 (220234)

左京区、みたらし団子発祥の地であり、世界遺産でもある下鴨神社にもほど近い場所にある甘味処『古都香』。店内で食べることはもちろん、食べ歩きにも最適で1本からの注文でもOK。味のバリエーションもあり、チョイスできるのがうれしい。特に王道のみたらしは近江米100%使用のお団子の径が大きくボリューミー。もっちもちの食感と甘みと醤油のバランスいい蜜をたっぷりまとい、観光途中に立ち寄るのにちょうどいい。

名称:古都香
場所:京都市左京区田中下柳町17
電話番号:075-712-1939
関連記事:https://kyotopi.jp/articles/o6zH1

最後に

いかがでしたか?お店で食べることはもちろん、持ち帰りするにも工夫が凝らされ、美味しくいただけるみたらし団子ぞろい。ぜひ、お試しあれ!

ヨ~イヤサ~♪
22 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はなのリアル京都暮らし☆ヨ~イヤサ~♪ 豆はなのリアル京都暮らし☆ヨ~イヤサ~♪

オススメの記事