2022年3月7日 更新

【京都和菓子】昔から名物の四角いみたらし団子☆河原町通の老舗甘味処「梅園」

おおきに~豆はなどす☆今回は中京区三条河原町下がった場所にある、間口小さめの老舗の甘味処。ぜんざいやあんみつ、パフェもある中、昔からの名物みたらし団子をテイクアウトしました。

河原町通の老舗甘味処

 (220114)

中京区三条河原町下がった場所にある、間口小さいながらも古い老舗風情漂く創業昭和2年の甘味処『梅園』。この日はかなり久々にみたらし団子を求めてやってきました。

以前は今以上に華やかで人通りの多かった河原町通アーケード商店街。その中でも有名な甘味処で、時には行列をつくっている場面もしばしば見かける人気店。私もこれまで友人と連れ立って訪れたことのあるお店。
 (220115)

 (220116)

梅園系列のお店は市内に現在数店舗あり、その中でも古い風情を残すこの河原町店は貴重な存在でもあります。甘味もおぜんざいやあんみつ、パフェなども一通りあり、街ブラで疲れた時の糖分補給にちょうど良いお店ですが、古くから通う人にとってはみたらし団子のお店として有名で、特に他店とはちがう独特なフォルムのみたらし団子が何よりの名物として印象付けられています。
 (220117)

今回はみたらし団子のテイクアウトを目的にやってきましたが、他にもわらび餅や白玉あんみつなどもあります。とにかく、通り沿いにあって買い物がてら寄るのにいい立地ですね。
 (220118)

店内、以前は手前に客席なかったかな?と遠い記憶をたどっていましたが、典型的京町家仕様の間取りで、お店で食べていく場合は細い通路の先に客席があります。今回のようなテイクアウトの場合は入口の受付で注文するスタイル。
 (220119)

受付周りには焼き菓子もあり、お土産にも最適な品が並んでいます。
で、本題のみたらし団子。5本、10本、15本とチョイスできますが、今回は5本パック420円で注文。
 (220120)

注文時には温かいみたらし団子でしたが、帰宅後には当然冷めた状態。ですが、レンジ対応のパックに詰めてあるので、自宅でも温めなおして美味しくいただけます。
 (220121)

そして、お皿に盛りなおして。

通常みたらし団子といえば球体のお餅が串に刺さってるのが一般的ですが、こちらの名物みたらし団子はこんな具合に四角いタイプ。なので、収まりよく盛り付けられます(笑)
 (220122)

で、よくよく観察すると四角でもなく、円柱状のお餅4本に串を刺した格好。以前はもっとお餅自体が四角い印象でしたが、記憶違いなのか、若干トッポギ風にも見えます(笑)
 (220123)

お団子というかお餅は、香ばしくいい弾力と歯切れの良さ。そこにわりと甘めのたっぷり蜜。色目からすると醤油感が強いのかと想像しますが、醤油感よりも甘さの方がとても印象的。そして、このコンパクトサイズも食べやすく、おやつがわりにちょこっとつまむのにちょうどいいサイズ感といいますか。

お店で食べる場合は他メニューとセットになっているものもあり、ちょっとずつチョイ食べしたい女子には最適でもあり。名物の四角いみたらし団子は必食です!

詳細情報

名称:梅園
場所:京都市中京区河原町三条下る山崎町234-4
電話:075-221-5017
営業時間:10:30 ~ 19:30(LO 19:20)
定休日:不定休
公式サイト:http://umezono-kyoto.com/kawaramachi/
14 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はなのリアル京都暮らし☆ヨ~イヤサ~♪ 豆はなのリアル京都暮らし☆ヨ~イヤサ~♪

オススメの記事