2019年2月12日 更新

【保存版】圧巻!古都の天空にそびえる威風堂々たる風景!!京都オススメの塔【厳選7箇所】

おおきに~豆はなどす☆こんなまとめ記事も、京都情報を専門に配信するキョウトピならではなお題かもしれません(笑)古都・京都らしい風景をもたさす「塔」。オススメの塔を集めてみました。

世界遺産・東寺(教王護国寺)にそびえるシンボル的五重塔

 (123133)

 (123134)

南区九条にある東寺真言宗の総本山の東寺(教王護国寺)。世界遺産にも登録され、京都のシンボル的寺院。その中にある、さらにシンボル的五重塔。春は桜、秋は紅葉、しかもライトアップでもその荘厳な風景を楽しませてくれる塔。

名称:東寺(教王護国寺)
住所:京都市南区九条町1
参考記事: https://kyotopi.jp/articles/ngX7x

ドラマにも登場する東山のランドマーク☆八坂の塔(法観寺)

 (123136)

 (123137)

 (123184)

ミシュランガイドの観光スポット版、ミシュラングリーンガイドでも一ツ星にも選ばれている「八坂の塔」。正式には法観寺。東山らしい古い町並みが広がる中にそびえる五重塔、思わず皆が足を止めて撮影に興じる光景。八坂の塔があるだけで、京都らしい画になる存在感。
名称:法観寺 (通称:八坂の塔)
住所:京都市東山区清水八坂上町388
参考記事:https://kyotopi.jp/articles/AyOo8

世界に誇る京都屈指の観光名所・清水寺の三重塔

 (123142)

 (123143)

 (123144)

国内外問わず、常に観光客でにぎわう京都屈指の観光名所・清水寺。その境内にある朱色の三重塔。高さとしては低いですが、三重塔としては日本最大級の建物。朱色で桃山建築様式。西門と同様に絢爛豪華な建築美は、特に夜のライトアップに映える艶やかさ。
名称:清水寺
住所:京都府京都市東山区清水1丁目294
参考記事: https://kyotopi.jp/articles/KbUeU

御室桜とともに世界遺産・仁和寺のシンボル的五重塔

 (123148)

 (123147)

 (123149)

世界遺産・御室仁和寺にある五重塔。江戸時代建築の重要文化財建造物。 東寺の五重塔と同じく、下層から上層に至る各層の屋根の大きさがほぼ同一。春は御室桜、秋は紅葉。広大な境内に、その存在感が際立つ。
正式名称:仁和寺
住所:京都市右京区御室大内33
参考記事:https://kyotopi.jp/articles/83Qvz

吉田山南の高台にそびえる真如堂・三重塔

 (123151)

 (123152)

 (123153)

もみじの名所として知られ、吉田山南の高台に位置する真如堂の三重塔。今の時期なら青もみじ、秋は赤もみじを背景に。一度焼失し、江戸時代後期に再建。江戸期に建てられたものとしては装飾控えめながら、和様でかなり大型。
名称:真如堂(真正極楽寺)
住所:京都市左京区浄土寺真如町82
参考記事:https://kyotopi.jp/articles/iswIu

豊臣秀吉も愛した世界遺産「醍醐寺」

 (123192)

 (123190)

 (123189)

伏見区にある世界遺産、醍醐寺の紅葉の様子をご紹介します。伏見区ではありますが、桃山を超えた六地蔵や山科のすぐ近くの場所にあります。
874年に創建された、多くの文化財と歴史を持つお寺です。また桜、紅葉の名所としても有名で、豊臣秀吉が愛したと場所と知られ、ゆかりの地です。
名称:醍醐寺
住所:京都市伏見区醍醐東大路町22
参考記事: https://kyotopi.jp/articles/wFVjH

京都駅のランドマーク☆京都タワー

 (123156)

 (123157)

 (123158)

お寺中心に紹介してきたのに、こちらはちょっと反則技のようにも思えますが(笑)いえ、京都が誇るれっきとした現代版の塔。京都の玄関口、京都駅前にそびえたつランドマーク。地上100メートルの天空から京都市内を一望でき、正月元旦には初日の出も観られるベストビュースポット。
名称:京都タワー
住所:都市下京区東塩小路町 京都市下京区烏丸通七条下る東塩小路町721-1
参考記事:https://kyotopi.jp/articles/agY2A
いかがでしたか?古の塔から現代版の高層タワーまで。それぞれ違った趣と魅力ある塔たち。塔があるだけで、京都らしい風景になり、当キョウトピのロゴでも塔モチーフを活用(笑)これだけ貴重な歴史的建造物である塔があるのも京都ならでは。観光のご参考になさってください。

ヨ~イヤサ~♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな