2019年5月8日 更新

【建仁寺】阿吽の双龍図は圧巻!一見の価値あり♪【京の龍めぐり】

京都のには龍にまつわる寺社がたくさんあります。今回は祇園の建仁寺を紹介します♩

京都最古の禅寺で芸術を堪能

 (151920)

祇園 花見小路を抜けると、建仁寺があります。
創建は1202年。京都五山の一つで、京都で最も古い禅寺です。
建仁寺には大雄苑や潮音庭などの素敵なお庭がありますが、貴重な美術品も多く、芸術的にも堪能できます。
風神雷神図屛風

風神雷神図屛風

俵屋宗達作の有名な傑作。高精細複製品ですが、美しく、迫力があります。
雲龍図 襖絵1

雲龍図 襖絵1

海北友松が描いた阿吽の龍の襖絵です。こちらも高精細複製品で飛び出して来そうな迫力があります。
雲龍図 襖絵2

雲龍図 襖絵2

双龍図(法堂 天井画)

双龍図(法堂 天井画)

2002年の建仁寺創建800年を記念して小泉淳作画伯が2年の歳月をかけて描かれた大作です。
襖絵の雲龍とはまた違った雰囲気で、少し表情が可愛く思えますが、畳108畳分の大きさは壮大です!何度見てもため息がこぼれます。
雲龍の御朱印帳

雲龍の御朱印帳

この御朱印帳の他に風神雷神図のデザインもありました。
御朱印記入部分もしっかりしてて、大切な御朱印を安心して書いていただけました。

他にも多数の美術品がありますが、今回は龍めぐりということで。龍を中心に紹介しました。
建仁寺だけでも色んな龍の表情が見れて楽しめます♪
色んなお寺の楽しみ方がありますが、芸術に触れるのもいいかと思います。
機会があれば是非~^^

クチコミでの評判

基本情報

名称:建仁寺
住所:京都市東山区小松町584
拝観時間:
・3月1日~10月31日
午前10時~午後4時30分(午後5時閉門)
・11月1日~2月28日
午前10時~午後4時(午後4時30分閉門)
拝観料:一般 500円
関連ページ::https://www.kenninji.jp/

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都花めぐり】京都最古の禅寺「建仁寺」に咲く牡丹

【京都花めぐり】京都最古の禅寺「建仁寺」に咲く牡丹

祇園 花見小路を抜けると建仁寺があります。法堂周辺(無料拝観ゾーン)の牡丹が綺麗だったので、紹介します♪ (2019年4月26日の様子です)
m.m
大人の遠足に!教科書で見たあの絵が間近で見られる、京都最古の禅寺【建仁寺】

大人の遠足に!教科書で見たあの絵が間近で見られる、京都最古の禅寺【建仁寺】

修学旅行シーズン突入の京都。あぁそんなの何十年前の話。。懐かしい思いに駆られながら教科書で見たあの名画を見に大人の遠足をしてきました。
京ぴくるす作りを体験!祇園で味わう食のコラボレーションと爽やかな酸味【京の夏の旅】

京ぴくるす作りを体験!祇園で味わう食のコラボレーションと爽やかな酸味【京の夏の旅】

旅の目的のひとつ、「食」! 旅先での美味しい料理を目的に、旅のプランを立てる方も多いことでしょう。京の夏の旅では、京料理をはじめとした京の味覚と京都スタイルの「食」の楽しみ方を発信する「食遊菜都」のイベントを実施しています。その中から今回は「祇園で味わう食のコラボレーションと爽やかな酸味 京ぴくるす作り体験」を紹介します!
本物の日本茶体験を!老舗抹茶問屋が手掛ける祇園の和カフェ「北川半兵衛(きたがわはんべえ)」

本物の日本茶体験を!老舗抹茶問屋が手掛ける祇園の和カフェ「北川半兵衛(きたがわはんべえ)」

祇園のど真ん中に位置する和カフェ「祇園 北川半兵衛」をご紹介。宇治の老舗抹茶問屋の北川半兵衛商店が手掛ける本物の和カフェです。
地下へ降りるとそこは...隠れ家的居酒屋さんが  「ばくばくの小路」【祇園・花見小路】

地下へ降りるとそこは...隠れ家的居酒屋さんが 「ばくばくの小路」【祇園・花見小路】

祇園・花見小路にある大人の隠れ家的な名店 「ばくばくの小路」

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

m.m m.m