2019年4月29日 更新

【京都花めぐり】京都最古の禅寺「建仁寺」に咲く牡丹

祇園 花見小路を抜けると建仁寺があります。法堂周辺(無料拝観ゾーン)の牡丹が綺麗だったので、紹介します♪ (2019年4月26日の様子です)

京都最古の禅寺に咲く牡丹

 (151174)

建仁寺は京都最古の禅寺で、風神雷神図や双龍図など、貴重な美術品も多数ありますが、境内やお庭も季節を通して魅力的です。
春は牡丹が素敵です^ ^
見頃は過ぎていましたが、色によってはまだ楽しめそうでした。
 (151173)

法堂

法堂

法堂のまわりで牡丹を見ることができます♪
火灯窓と牡丹

火灯窓と牡丹

この風景が建仁寺らしいなと思いました。
ピンクの牡丹

ピンクの牡丹

法堂入り口付近

法堂入り口付近

法堂裏手あたり

法堂裏手あたり

見頃は過ぎていましたが、色や日当たりによってはもう少し楽しめそうでした♪
大きな花を咲かせる色とりどりの牡丹がとっても素敵でしたー(≧∇≦)

クチコミでの評判

基本情報

名称:建仁寺
住所:京都市東山区小松町584
拝観時間:
・3月1日~10月31日
午前10時~午後4時30分(午後5時閉門)
・11月1日~2月28日
午前10時~午後4時(午後4時30分閉門)
拝観料:一般 500円
関連ページ::https://www.kenninji.jp/

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

m.m m.m