2017年12月31日 更新

【京都駅前】京都市内一望!地上100メートルの展望室から初日の出も!!元旦早朝から初のぼり☆「京都タワー」

京都駅のランドマーク・京都タワー。地上100メートルの天空から京都市内を一望できるベストビュースポット。そんな京都タワー、元旦早朝から営業し、初日の出も見れるとか。

京都市街イチの天空から初日の出

 (110115)

京都駅前。言わずと知れた京都タワー。
 (110116)

すでに角松も飾られ、正月の装い。
 (110117)

あまり地元民が京都タワーにのぼることも少ないんですが、この日はたまたま入場券を入手してのぼってみることに。
 (110118)

まずは途中3階まで。
 (110119)

エレベーターには四方京都の有名観光スポットが描かれていて。
 (110120)

そして、ここからさらに展望室へと続くエレベーターへ。
 (110121)

 (110122)

 (110123)

中はこんな感じで。
 (110124)

展望室5階に到着。すると早速京都市街を360度見渡せる眺望。けっこう観光の方多めで人気です。
こちらは嵐山方面。山並み山頂あたりがうっすら雪化粧。
 (110125)

嵐山方面でその調子なら、東北方面の鬼門・比叡山は?と確認するとやはりうっすら雪化粧。ここ数日かなり冷え込みきつい京都。
 (110126)

すぐそばに東本願寺。俯瞰で見る印象はまた新鮮で。
 (110127)

ズドン!と北にまっすぐ伸びる烏丸通り。碁盤の目につくられた京の町をリアルに目の当たりに。
 (110129)

京都駅側。ちょうど駅から新幹線が発車中。
 (110130)

駅ビルも見下ろすとまた違った感覚。
 (110132)

どの方角にも望遠鏡があるんですが。
 (110133)

うれしいことに、どれも無料。なので、名所をいろいろこれで確認してください。
 (110134)

 (110135)

ある意味、昭和遺産の記念メダル。ただ、現代風なのはそれがたわわちゃん画であるという(笑)
 (110138)

そして、このフロアには創業50周年を記念して建立されたたわわちゃん神社も。

さらに人気企画が新しい年明けにも登場。1月1日元旦、朝6時30分から初日の出を拝むべく、初のぼりができます。詳細→https://www.keihanhotels-resorts.co.jp/kyoto-tower/event/2017/12/newyearsday2018.html

初詣はたわわちゃん神社にて。
 (110136)

さらにこんなガチャみくじも
 (110137)

たわみくじ。何気によく当たります(笑)ここ何回かのおみくじ、中吉が連続。

もしかしたら、灯台下暗し。地元民もわざわざ遠方に初日の出拝みにいかなくても、京都タワーがあるじゃないか!と。そんな京都タワーの活用法あったんですね。地元民こそぜひ!

京都タワー へのツイート

詳細情報

住所:京都府京都市下京区 烏丸通七条下ル東塩小路町721-1
電話番号:075-361-3215
営業時間:9:00〜21:00最終入場20:40 
  ※「京都タワー 元旦初のぼり2018」は2018年1月1日(月・祝) 6:30~8:00
    料金 大人(中学生以上)1,000円 / 小学生600円 / 幼児(3歳以上)150円
定休日:なし
関連サイト:https://www.keihanhotels-resorts.co.jp/kyoto-tower/

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

三杯目 J Soup Brothers 三杯目 J Soup Brothers