2018年2月20日 更新

【京都ランドマーク】地元民スルーのテッパン観光スポットにあえて登ってきた!意外と楽しかった!!開業から52年☆「京都タワー」

もうタイトルが小学生の夏休み体験記化してますが(笑)ここは童心にもどって楽しむ観光スポットということで。有名すぎて、地元民は行く機会が少ない場所。だがしかし、行ってみるとなかなかの穴場スポットで楽しめる!

開業50周年を機にリニューアルした京都タワー

まあ、地元民はあまり行くことがないですよね。
と言いつつ、意外と私京都タワーとご縁がありまして(笑)
小さい頃は、ここのお化け屋敷。学生の頃はかつて展望台にあったレストランでバイト。そして、社会人になってからは、大浴場、占いコーナー、地下の居酒屋で会社帰りに呑んだくれるなど。
 (51868)

京都タワーも歴史が古く、2014年に開業50周年を迎え改装もされたようです。こちらのエレベーターは旧式の方だと思いますが。

訪日外国人向けに観光案内所も昨年オープン。京都の玄関口のランドマーク施設として、その役割も時代とともに変化。

そして、いよいよ展望室に!

 (51869)

 (51870)

券売機でチケットを買っていざ。
鉄道博物館や水族館も観光する方にはお得なセットチケットもあるようです。
そっか、京阪グループがやってるのか。

事前購入だと最大16%オフになるので、予定されている方は先に入場チケットを購入シている方がお得です。
 (51871)

展望室に続くエレベーター。市内地図が描かれています。
 (51873)

そして、中も京都の名所フル活用で描かれています(笑)エレベーターは2つあり、もう片方は京都三大祭り。
 (51875)

エレベーター現在地表示ももちろん京都タワー。
 (51877)

プ、プ、プ、プ、プ、プ~と、欽ちゃん仮装大賞の得点場面を想像しながら上昇(笑)

市内一望のパノラマビュー

 (51878)

見晴らしいいですよ。ぐるっと回ってみます。
 (51880)

西方面。金閣寺や嵐山
 (51881)

北側。それにしても、京都は碁盤の目に都市整備されてるから見やすいことがわかります(笑)
 (51882)

東側。比叡山も控えています。
 (51879)

望遠鏡もありますが、お金いるから肉眼観察。
 (51890)

お!太っ腹。俄然、使う気マンマン(笑)
 (51886)

あべのハルカスも!愛宕山から淡路島見える説も、こうなるとありうるのかもと思えたり。

五山は果たして全部見えるのか?

 (51883)

大文字山。んーちょっと横向きすぎて大とはわかりづらいような。
 (51887)

あれかなぁ~みたいな。
 (51888)

左大文字と舟型。けっこうよく見えます。
 (51889)

妙法もバッチリ。

2004年に誕生したゆるキャラ・たわわちゃん推し

 (51891)

 (51892)

ガチャもご当地ゆかりのもの中心。
 (51893)

そして、記念撮影スポット。ゆるキャラ、たわわちゃん。2016年ゆるチャラグランプリにエントリー中とのこと。
地元民は全力で応援だッ!!(笑)
 (51926)

そして、たわわちゃん神社も2014年に展望室に完成。今、イケイケのたわわちゃん。
案外、地元民でも楽しめるコンテンツぞろいの京都タワー。また違った視点の京都がそこにはあったり。季節によっていろいろ楽しめるかも。
そして、8月31日までは通常より30分早く営業してて、朝の京都市内を一望できます。
まあ、でも今度来るなら夜だな。夜景よさそう。

ヨ~イヤサ~♪

京都タワー への口コミ

京都タワー 基本情報

住所:京都府京都市下京区 烏丸通七条下ル東塩小路町721-1
電話番号:075-361-3215
営業時間:9:00〜21:00最終入場20:40 
     ※営業時間を変更もあり。~8/31まで8:30から朝活OPEN!
定休日:なし
関連サイト:https://www.kyoto-tower.co.jp/about/
36 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな