2018年11月21日 更新

11/23スタート!京都駅前を鮮やかに彩るライトアップイベント「ときめきプロジェクト」

京都駅前エリアで輝く冬のイルミネーション「ときめきプロジェクト」がはじまります!期間は11月23日(金・祝)から2019年3月23日(土)まで。初日にはスタートイベントとして光と協奏するピアノコンサートもあります♪

京都駅前が輝く!「ときめき」と「やすらぎ」の空間に大変身♪

 (138876)

昨年から開催の京都駅前エリアで輝く冬のイルミネーション「ときめきプロジェクト」。
11月23日(金祝)から2019年3月23日(土)17:00〜24:00まで辺り一帯を輝かせます。
初日にはスタートイベント「~ピアノの調べ”芽生え”~」が京都駅前広場 京都劇場前で開催され
ときめきプロジェクトのはじまりを盛り上げます。

ときめきプロジェクトってなに?

 (138805)

「ときめきプロジェクト」とは、京都駅前を訪れる方へ「ときめき」と「やすらぎ」の空間を提供するために始まった光のプロジェクトのこと。
京都駅北口広場、ローム京都駅前ビル「京の光暦」、京都タワー塔体カラーライトアップ、音楽噴水「AQUA FANTASY」など京都駅周辺エリアの各企業が開催期間中に連携してライトアップを実施。
特定の日限定で同色の協調演出をするなど、これまでにないスケールで地域一帯を光あふれるゾーンとして展開します♪

11/23圧巻のピアノ生演奏は必見! 音と光のスタートイベント♪

 (138809)

「ときめきプロジェクト」初日の11月23日(金祝)に京都駅前広場 京都劇場前にて
スタートイベント〜ピアノの調べ”芽生え”〜が開催されます。

18:00には京都タワー、京都駅北口広場、ローム京都駅前ビルの3社協調点灯!
ピアニストで作曲家、ラジオ番組のDJをも務めるピアニストAricoさんが
「芽生え」をテーマに作曲したオリジナル楽曲を生演奏でおくる
芽生えライブがスタートします♪
※入場を制限する場合がございます。

【同時開催】
やすらぎ・幸せの象徴である四葉のクローバーの種プレゼント(数量限定)
光でお絵かきが体験ができるライティングペイントコーナーもイベントを盛り上げます♪
※17:00〜18:30を予定

夜でも紅葉を楽しめる特別な日♪

 (138868)

スタートイベントが開催される11月23日(金祝)18:00からの
京都タワー、京都駅北口広場、ローム京都駅前ビルの3社協調点灯では
特別なライトアップが実施されます!
紅葉をイメージしたカラーで、辺り一帯が鮮やかな赤色に染まります。
11月中で見ることができるのはこの日限り。ぜひお立ち寄りください!
24 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

魔女が京都駅に住み着いた!? 京都駅で『ハロウィンイベント』開催中!

魔女が京都駅に住み着いた!? 京都駅で『ハロウィンイベント』開催中!

10月の京都駅では、様々なハロウィンの催しを開催中!おしゃれなフォトスポット「魔女の家」や、あの有名な大きなかぼちゃが出現したり…イベントが盛りだくさん!「魔女」からお菓子をもらえるイベントも!この秋はみんなで京都駅ビルハロウィンを満喫しよう♪
【キレイすぎ】クリスマスに絶対行きたい「京都のイルミネーション会場」【まとめ】

【キレイすぎ】クリスマスに絶対行きたい「京都のイルミネーション会場」【まとめ】

クリスマスも間近、3連休にぜひ行って欲しい京都のイルミネーション会場をまとめました!
クリスマスムードたっぷりの京都駅!今年も巨大クリスマスツリーがお目見えです☆

クリスマスムードたっぷりの京都駅!今年も巨大クリスマスツリーがお目見えです☆

今年も恒例の巨大ツリーが京都駅の大階段にお目見えです。期間はクリスマスの25日までですよ~
【京都】世界遺産でチームラボによる光のイベント「下鴨神社 糺の森の光の祭」開催中!

【京都】世界遺産でチームラボによる光のイベント「下鴨神社 糺の森の光の祭」開催中!

話題のクリエイター集団「チームラボ」が、世界文化遺産の下鴨神社とタッグを組んでライトアップイベント「下鴨神社 糺の森の光の祭」を開催!会期は9月2日まで、お見逃しなく!
ライトアップ「京都・冬の光宴2018 ~星屑のアクセサリー~」が2月14日まで梅小路公園で開催中☆【最先端星人の京都探索】

ライトアップ「京都・冬の光宴2018 ~星屑のアクセサリー~」が2月14日まで梅小路公園で開催中☆【最先端星人の京都探索】

2016年より毎年この季節に開催するライトアップイベント【京都・冬の光宴 ~星屑のアクセサリー】が、梅小路公園にて2月14日まで開催中。梅小路公園が昼の雰囲気とはまた違う、ロマンティックムード溢れるスポットになります。 この煌めくイベントに筆ペン画家の「最先端星人」が行ってきました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Kyotopi 編集部 Kyotopi 編集部