2019年12月10日 更新

クリスマスまで待てない!冬の夜をキラキラに飾る京都のイルミネーション2019

11月下旬にもなると、街はクリスマスモード。予定がないと、なんとなく気持ちがそわそわするような。そんなウキウキ気分を盛り上げるイチオシの京都のイルミネーションスポットをご紹介します。

京都るり渓温泉 for REST RESORT“共感覚” シナスタジアヒルズ(南丹市)

 (170744)

2018年からスタートしたるり渓温泉のイルミネーション『KYOTO ILLUMINATION SYNESTHESIA HILLS(京都イルミネーション シナスタジアヒルズ)』。新たな感覚を呼び起こす共感覚(シナスタジア)をコンセプトにした、先進的なデジタルアートと自然が調和した光のアートです。
 (170745)

2019年から3つの新たなゾーンが誕生し、12のアートが楽しめるようになります。新たなゾーンは、先鋭のアーティストが監修。トンネルを歩くと、光の渦に吸いこまれてしまいそうな錯覚を起こしそうです。
 (170746)

こちらは夜空に美しい幻想的なオーロラを描く景色。
オーロラは方向や気象条件によって見え方が変化するのも自然のオーロラさながらです。

<京都るり渓温泉 for REST RESORT シナスタジアヒルズ>
住所:京都府南丹市園部町大河内広谷1−14
点灯時間 日没~22:00(最終入場21:30)
冬期(10月から3月):18:30~22:00(21:30最終入場) / 夏期(3月から9月):19:30~22:00(21:30最終入場)
定休日:施設点検日、荒天時
料金:平日 1,000円  4歳~小学生未満500円
   土日祝 1,200円 4歳~小学生未満600円
   クリスマス(12月21日~12月25日) 1,800円
お帰りの際には、るり渓温泉で身体を温め帰られるのもオススメです。入場料は1000円と他と比べると少し値がはりますが、大満足の内容になっています。市内からも1時間ほどと意外と近いですよ。

京都駅ビル 光のファンタジー fantasy(京都駅)

 (170749)

2019年11/15(金)〜2020年3/28(土)に開催される『京都駅ビル 光のファンタジー』。京都駅ビル1階の駅前広場一帯が、夕方17:00から深夜24:00 まで「開花」をテーマにした音色とフルカラーのイルミネーションによる美しい空間に生まれ変わります。

京都タワーも、イベントに合わせてカラーチェンジ。
12月24日・25日は、赤と緑のクリスマスカラーに
1月1日、11日、25日は、初日の出をイメージしたカラーに変化します。
 (170771)

クリスマスの12月25日までは、巨大クリスマスツリーが登場し、大階段もクリスマスをテーマにしたグラフィカルイルミネーションで演出されます。
 (170750)

イベント名:京都駅ビル 光のファンタジー fantasy
開催期間:2019年11/15(金)〜2020年3/28(土)
※11/15は、18:00点灯
●ときめきプロジェクト
17:00〜24:00 (京都駅ビル1階 駅前広場)
●巨大クリスマスツリー
~12/25(水)10:00~22:30 (京都駅ビル4階 室町小路広場)
●大階段 グラフィカルイルミネーションPlus
~12/25(水)15:00~22:00 (京都駅ビル4階 大階段)
●空中径路 C.STAR BRIDGE
17:00〜22:00 (京都駅ビル10階 空中径路)
その他、京都駅周辺各所でクリスマスイルミネーションが開催されます。

ロームイルミネーション2019(五条春日)

 (170754)

イルミネーションの玄関口は、五条通りと佐井通りの交差点。ロームイルミネーションのシンボルとして親しまれる、ヤマモモの木です。まるい自然の造形を包み込む光の粒はここならでは。
 (66485)

五条春日にある京都を代表する企業、ロームによるイルミネーションです。社会貢献から始められたイルミネーションも今年で18回目になります。
ローム本社の敷地に面した佐井通り沿いの並木道がきれいに照らされています。
 (66486)

並木道だけではなく、隣接する公園でもライトアップが行われています。光と音が織りなす幻想的な世界に浸って下さい。
イオンモール京都五条やリサーチパークも近くアクセスもいいので、足を伸ばしてみては?

イベント名:ロームイルミネーション2019
開催期間:2019年11月22日(金)~ 2019年12月25日(水)
点灯時間 16:45 ~ 22:00
開催場所 ローム本社周辺(佐井通り沿いおよび中堂寺南通り沿い)

光のページェント TWINKLE JOYO 2019(城陽市)

 (66482)

城陽市総合運動公園(鴻ノ巣山運動公園)にて、12月1日~12月25日に「光のページェント TWINKLE JOYO」が開催されます。
約70万球のイルミネーションが公園内を彩ります。
イベント名:光のページェント TWINKLE JOYO 2019
開催期間:2019年12月1日(日)~12月25日(水)
開催時間:17:30~21:00
開催場所:城陽市総合運動公園レクリエーションゾ一ン一帯、 文化パルク城陽、
     市コミュニティセンター、商店街や近鉄駅前

京セライルミネーション2019(伏見区竹田)

 (66488)

伏見区竹田にある京セラ本社前で行われているイルミネーションです。敷地はさほど広くありませんが、約20万個のLEDがぎゅっと詰まっていて見応えも満点です。
 (170758)

 (66489)

白く輝くケヤキ並木は、なんとも幻想的です。社会貢献から始まったイルミネーションも今ではすっかりお馴染みのイベントになりました。また、本社の窓を利用して本社ビル自体がクリスマスツリーのようになっています。

入場はもちろん無料です。いつまでも続けてほしいなと思います。

開催期間:2019年12月1日(日)~12月25日(水)
開催時間17:30頃~22:00頃まで
ビル壁面のクリスマスツリーは12月11日(水)~12月25日(水)
開催場所:京セラ本社および公開空地(京都市伏見区竹田鳥羽殿町6)

京都・嵐山花灯路2019(嵐山)

 (170780)

桂川に黄金の渡月橋が浮かび上がる幻想的な絶景。渡月橋や山裾、水辺がライトアップされ、神々しいほどの美しさ。
 (170782)

野宮神社から大河内山荘庭園までの竹林もライトアップされ、かぐや姫の世界観。野宮神社北の竹林では、ライトアップされた竹林の中を散策することができ、人力車で巡ることもできます。
 (170752)

『嵐山花灯路』はかなり広範囲にわたり、周囲の社寺や文化施設でも夜間特別拝観、夜間開館、ライトアップがおこなわれます。

開催期間:2019年12月13日(金)〜22日(日)
点灯時間:17時〜20時30分
開催場所:嵐電 嵯峨嵐山駅周辺

<イベントコンテンンツ>
●ロームが灯す 灯りと花の路
●京都いけばな協会 いけばなプロムナード
●渡月橋周辺ライトアップ
●竹林の小径ライトアップ
<特別拝観・開館・ライトアップ>
●常寂光寺
●野宮神社
●天龍寺
●宝巌院
●法輪寺
●落柿舎ほか

バンビオイルミネーション2019「竹花灯(たけはなび)」(長岡京市)

センスナガオカキョウ (172518)

via センスナガオカキョウ
JRの長岡京駅西口からすぐの「バンビオ広場公園」は、長岡京市民の憩いの場。こちらで12月6日(金)〜2020年1月13日(月・祝)の期間、地域の特産でもある竹をいかしたライトアップが行われます。
センスナガオカキョウ (172519)

via センスナガオカキョウ
歩道橋や街路樹などが10万球にも及ぶLED電球で装飾され、長岡京市を代表する冬のエンターテイメント空間に。約1カ月間にわたり駅前がロマンチックに彩られます。

イベント名:バンビオイルミネーション2019「竹花灯(たけはなび)
開催期間:2019年12月6日(金)〜2020年1月13日(月・祝)
点灯時間:17時〜23時(一部の作品は22時まで)
開催場所:バンビオ広場公園(JR長岡京駅西口)
いかがでしたでしょうか。澄んだ空気の中でのイルミネーションはとても美しくて、どの会場も見応えたっぷりです。クリスマスに向かうロマンチックな時間を感じに行きませんか。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Kyotopi まとめ部 Kyotopi まとめ部