2016年3月28日 更新

【世界遺産】大方丈に吹き抜ける風が気持ちいい、夏もさざまな花が楽しめる【夏の天龍寺】

猛暑が厳しい京都の夏でも、天龍寺には多くの参拝者が。夏に訪れたくなるポイントをお伝えします!今回の天龍寺特集では夏の様子をお届けします。

夏の天龍寺をご紹介

京都の夏は相当暑いです(^_^;)竹林のある嵐山、少し涼を感じることができますよ。
過ごしやすい季節もいいですが、初夏~盛夏も訪れていただきたい!
夏の天龍寺で楽しめるポイントをご紹介します♪
 (22774)

爽快にパキっと晴れた夏空のおかげで、曹源池の水面に嵐山が写り込みます。
 (22887)

 (22928)

違う角度から。
青々とした木々がとても爽やかですね。
 (22889)

夏もさまざまな花が楽しめる

季節ごとに曹源池庭園の風景も変わります。
5月中旬ごろ、鮮やかな色のつつじが咲き池の周りが華やいできます♪
 (22890)

初夏はあやめにあじさい。
天龍寺といえば紅葉の美しさは言うまでもありませんが、春は桜、夏も美しい花が見られるんですよ (*´∀`*)
 (22768)

 (22769)

本格的な夏がやってくると水辺が恋しくなりますよね。
天龍寺の勅使門の西にある放生池には、幻想的な蓮の花の群生が。
7月中旬ごろから見頃を迎えますよ(^O^)
 (22770)

 (22771)

座禅会や精進料理はいかが?

友雲庵では毎月第二日曜 9時~10時に坐禅会が開催されています。
予約不要・無料でどなたでも体験することができますよ。

こちらは天龍寺直営の精進料理店「篩月」。
精進料理を曹源池庭園を眺めながら頂けます(*^_^*)
 (22896)

こちらは大方丈の中から見た曹源池庭園の風景。
目の前にすると本当に心が落ち着きます。。
 (22894)

開け放たれた大方丈を通る風がとても涼やかです。縁側に腰かけて、いつまでも眺めていたい景色ですね(*^_^*)
暑いけど清々しい夏の天龍寺。訪れてみてはいかがでしょうか?

天龍寺への口コミ

天龍寺 基本情報

名称
天龍寺
住所
京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町68
電話番号
075-881-1235
参拝時間
8:30~17:30(17:30閉門)※10月21日~3月20日までは17時閉門
拝観料
庭園(曹源池・百花苑) 高校生以上:500円 小・中学生:300円 未就学児 :無料
諸堂参拝(大方丈・書院・多宝殿) 上記料金に100円追加 ※行事等により諸堂参拝休止日あり

法堂「雲龍図」特別公開 500円(上記通常参拝料とは別) ※土日祝日のみ[春秋は毎日公開期間あり]  9時~17時(10月21日~3月20日は16時 閉門)
関連URL
http://www.tenryuji.com/

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

アリー アリー