2018年1月10日 更新

【京都神社めぐり】ご利益総なめの『京都十六社朱印めぐり』スタート!応仁の乱発祥の地☆「御霊神社」

元旦から始まった古都・京都の街中に点在する十六の古社を訪ねてご朱印を集めると、記念品が贈呈されるという『京都十六社朱印めぐり』。縁起のいい一年でありたい!とスタート。まずは鞍馬口の御霊(かみごりょう)神社へ。

地下鉄鞍馬口駅から東へ

 (110887)

じつは初めて参拝します(汗)
地下鉄鞍馬口駅から東へ。今回の京都十六社朱印めぐりのスタートがここ御霊(かみごりょう)神社になります。
 (110888)

のぼりも出てます。この日も朱印帳片手に参拝されてる方をけっこう見かけたので、わりと皆活用されてるんだなぁと。私は今回初体験。
 (110889)

794年、平安遷都に際し桓武天皇の勅願により王城守護の神として 奈良・平安時代初期に不運のうちに薨じた八柱の神霊を神泉苑の「御霊会」で祀ったの が御霊神社の起源。

現在は宗教法人としての正式名を「御靈神社」としていますが、「上御霊神社」の方が地元民はなじみ深いですね。下御霊神社に対応する社名でもあります。
 (110890)

楼門(西門)。伏見城の四脚門を移築されたものと伝えられています。
 (110893)

境内。いかにも古社というひっそりとした鄙びた感も漂っています。
 (110895)

本殿。享保18年(1733)御寄進の内裏賢所御殿の由緒ある遺構を昭和45年に復原したもの。
 (110896)

正月らしく生け花も。
 (110897)

 (110898)

室町時代には、畠山政長が御霊の森で畠山義就と戦ったことから「応仁の乱」発祥の地と言われています。
 (110899)

 (110900)

5月に行われる御霊祭では神輿や牛車などの行列もあり、その車庫みたいですね。
 (110901)

 (110902)

そして、社務所で朱印めぐりのスタートがここということで、すでに記帳されたご朱印つき台帳をいただきました。授印料は1社300円。十六社すべての朱印を集めたときの記念品引換券も同封。

スタートの御霊神社は鎮霊(こころしづめ)の社として知られ、厄除開運、学業成就のご利益が。ちょうど、求めていたご利益だったので幸先のいいスタートになりました(笑)

御霊(かみごりょう)神社 へのツイート

詳細情報

住所:京都市上京区 上御霊前通烏丸東入上御霊竪町495番地
電話番号:075-441-2260
関連サイト:http://www.kyoto-jinjacho.or.jp/shrine/02/004/

朱印めぐり開催期間:元旦より2月15日毎日9~17時
授印料:300円
詳細サイト:http://www.kyoto-16sha.jp/

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

三杯目 J Soup Brothers 三杯目 J Soup Brothers