2020年4月1日 更新

【保存版】京都オススメのお肉屋さんの揚げたてコロッケ!究極のテイクアウトグルメ☆【厳選10店】

おおきに~豆はなどす☆総務省の全国52の市区で食品品目ごとの家計調査(消費額ベース)で、コロッケは全国ランキング2位の京都市。そんな京都でこそ食べるお肉屋さんの揚げたてコロッケはまた絶品。名店を集めました。

中食充実!三条会商店街の人気精肉店「ミートショップヒロ」

 (181543)

 (181544)

中京区三条会商店街にある地元ではおなじみの精肉店。昼時になると、こちらの肉弁当を求める客が押し寄せる。そして揚げたてフライも充実。中でもコロッケはテイクアウトはもちろんのこと、商店街散策中のおやつとしても最適。

店名:ミートショップヒロ
住所:京都府京都市中京区壬生朱雀町 2-10
電話番号:075-811-4129
公式サイト:http://www.meatshop-hiro.com/
詳細記事:https://kyotopi.jp/articles/pJwBE

自家製ハムも絶品☆地元で愛される伏見の名店「いがや」

 (181546)

 (181547)

 (181548)

伏見区深草にある地元では知られた精肉店。選りすぐりの松坂牛をはじめ、自家製ハムは地元スーパーでも広範囲に販売され人気。中でも揚げたてコロッケが絶品。他、日替わりで毎日揚げ物でも飽きないほどのバリエーション。

店名:いがや
住所:都市伏見区深草直違橋南1丁目491−2
電話番号:075-645-1186
公式サイト:https://shopping.igaya.jp/shop_list/
詳細記事:https://kyotopi.jp/articles/w9jUJ

自家製シャルキュトリー充実のお肉屋さんコロッケ「ミート&デリ かわきた屋」

 (181550)

 (181551)

北区紫竹にある知る人ぞ知るお肉屋さん。もともとヨーロッパで画家を目指していたご主人が、本場の味に惚れ込み、独学でシャルキュトリーを構築。ハムやベーコン、パテなど、通常の肉屋的風情もありつつエスプリ感ただようシャルキュトリーが並ぶお店。そしてコロッケも自慢の一品。

店名:ミート&デリ かわきた屋
住所:京都府京都市北区紫竹上緑町15-6
電話番号:075-492-8001
詳細記事:https://kyotopi.jp/articles/MTrn1

懐かしい揚げたてのほくほくコロッケ「中村屋 総本店」

 (181553)

 (181554)

嵐山にある1960年創業の老舗精肉店。お手頃価格で、食べ歩きにもぴったりな揚げ物が大人気で、昔から地元の方をはじめ嵐山散策の観光客にも愛されるお店。ジャガイモの甘さが際立つコロッケは、女優・吉岡里帆も推す美味しさ。

店名:中村屋 総本店
住所:京都市右京区嵯峨天龍寺龍門町20
電話番号:075-861-1888
詳細記事:https://kyotopi.jp/articles/8pibe

さすが宇治茶の本場!コロッケまで抹茶味!!「肉のはりよし」

 (181556)

 (181557)

宇治橋商店街のお肉屋さんにある、お茶の本場宇治ならではな抹茶コロッケ。テレビや雑誌でもよく紹介され、宇治グルメもここまできたか!と思わせるようなコロッケ。揚げたてのコロッケの中をわると、健康的な抹茶色。宇治に来たからには、ぜひ食べておきたいコロッケ。

店名:肉のはりよし
住所:京都府宇治市宇治壱番14−2
電話番号:0774-21-2816
詳細記事:https://kyotopi.jp/articles/eCacJ

おばあちゃんが揚げる王道コロッケ「肉の長崎屋」

 (181559)

 (181560)

河原町五条にあるお肉屋さん。近くにはオシャレコロッケバルの素材リッチなこだわりコロッケもあるが、それとは対称的なコロッケ。ジャガイモぎっしりのコロッケは気取らない美味しさ。デイリー使いに最適。

店名:肉の長崎屋
住所:京都市下京区河原町通り松原下ル東側稲荷町335
電話番号:075-351-3315
詳細記事:https://kyotopi.jp/articles/lE9cG

老舗立ち並ぶ寺町通沿いの手づくりコロッケ「お肉の専門店 オカダ」

 (181562)

 (181563)

京都の中でも老舗の風情ただようお店が立ち並ぶ寺町通界隈。その一角にあるご近所さん御用達の精肉店。コロッケ1個からでももちろん揚げてくれて、人気のお店。コロッケ片手に寺町散策もよし。

店名:お肉の専門店 オカダ
住所:京都市中京区寺町通二条下る榎木町99−1
電話番号:075-231-2252
詳細記事:https://kyotopi.jp/articles/ueoXt

三条通の大正創業の町のお肉屋さんコロッケ「肉の荒井亭」

 (181565)

 (181566)

東山三条にある大正時代創業の老舗中の老舗精肉店。周辺の近代的建物の中で見過ごしてしまいそうな佇まいのお店。注文を聞いてから衣をつけて揚げるコロッケは、昭和価格でありながら、しっかりと主張する味わいで病みつきになる人続出。

店名:肉の荒井亭
住所:京都府京都市東山区三条通白川橋東入4-中之町185
電話番号:075-771-3797
詳細記事:https://kyotopi.jp/articles/IhUhJ

出町商店街の創業50年のお肉屋さんコロッケ「岡田商会」

 (181568)

 (181569)

あの豆餅でおなじみの出町ふたばと同じ並びにある創業50年の老舗精肉店。ご近所の方が自転車乗り付けて買いに来るような、地元密着型のお店。中でも、地元価格の割安コロッケは肉の甘みも感じる熱々。お花見シーズンには鴨川べりで食べるのもよし。ただし、トンビ注意!笑

店名:岡田商会
住所:京都府京都市上京区河原町通今出川上る青龍町239−2
電話番号:075-221-3771
詳細記事:https://kyotopi.jp/articles/jnEzf

コロッケ好き京都人も納得の近江牛コロッケ「肉のスーパーやまむらや」

 (181571)

 (181572)

山科にある大型精肉店。市内映画館のCM「ぎゅ~!!」でもおなじみ(笑)バーベキューグッズも一式そろうお店。一時SNSでも話題になった肉まみれなバーガー類も人気だが、近江牛とキタアカリを使ったこだわりのコロッケは、納得の美味しさ。

店名:肉のスーパーやまむらや
住所:京都府京都市 山科区西野山階町11−18
電話番号:075-502-8929
公式サイト:http://www.yamamuraya.com/%EF%82%8E
詳細記事:https://kyotopi.jp/articles/8Vk1Z

最後に

いかがでしたか?どのお肉屋さんのコロッケも、揚げたてをすぐパクつきたくなるような臨場感ある画(笑)今の時期自炊する機会が多く、ちょっと負担軽減したい方にはうってつけ。さらには、京都散策の合間のおやつとしてもお手軽。お試しあれ!

ヨ~イヤサ~♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな