2017年9月1日 更新

画家から転身!独学で学んだ自家製シャルキュトリー充実のお肉屋さん☆「ミート&デリ かわきた屋」

知る人ぞ知るお肉屋さん。もともとヨーロッパで画家を目指していたご主人が、本場の味に惚れ込み、独学でシャルキュトリーを構築。ハムやベーコン、パテなど、通常の肉屋的風情もありつつエスプリ感ただようシャルキュトリーが並ぶお店。

自家製シャルキュトリーが並ぶ町のお肉屋さん

 (93233)

北区にある、一見フツーの町のお肉屋さん。
もともとここを知るきっかけになったのは、ちょうどパテ・ド・カンパーニュづくりにハマり、その手本となるパテを食べ歩いてた時期があって。で、知り合いにここを教えてもらって。

知り合いが言うには、かれこれ35年くらい前にはチョリソ、パストラミなど当時としては珍しい本格自家製シャルキュトリーを置いてて、京都ではパイオニア的お店。そして、ここのご主人は元画家で、ちょうどヨーロッパで画家修行中に、本場シャルキュトリーの味に惚れ込み独学で習得。ちょっと変わった経歴の持ち主。
 (93235)

お肉屋さんなんで、それらしくコロッケも販売してたり。でも、コロッケも美味しいんですよ。
 (93234)

で、この日は先客あり。京都グルメタクシーさんが(笑)やはり、グルメな方が一目置くお店。バッティングをさけて、周辺で時間つぶし、帰られた頃を見計らって突入(笑)

そして、こちらのシャルキュトリーは市内の有名レストランでも幅広く採用されています。
 (93238)

お店の中はこんか感じで至って肉屋的風情。
 (93243)

いろいろ牛肉を中心に並んでいます。
 (93236)

でも、他冷蔵ケースを見ると、ここは輸入食品店か?てくらい外国的、いや欧州的雰囲気がただよってきます。
 (93237)

ここはヨーロッパのデリか?と。チーズなんかも置いてます。
 (93239)

そして、店の一番奥にシャルキュトリーの冷蔵ケースが。
 (93242)

ソーセージ、ハム、ベーコン、パテなどバラエティー豊富に並んでて、全て自家製。
 (93241)

パテ・ド・カンパーニュも量り売りで。ココットに入ったリエットもあります。とにかく目移りするほどいろいろと。
で、この日はベーコンを買っていくことに。ベーコン、売れに売れてるそうです。燻製の煙吸いすぎて早死しないか心配、と笑うところなのかどうかわからないご主人のお話(笑)前に来店した時も聞いてもいないのに、画家目指してたとかいろいろ気さくに語ってくれるキュートな方です。
 (93244)

で、シャルキュトリーばかり注目ですが、コロッケも絶品。揚げたてを道道に。
 (93245)

少し小ぶりで表面カリカリ。中はトロリとウエットな牛肉たっぷりコロッケ。牛脂の甘みがすごく効いてて美味しい!
 (93246)

で、買って帰ったベーコン。ちゃんと紙包装もしてくれます。
 (93247)

そして、真空包装にも。量り売りのパテも真空包装してくれるので、酸化による劣化がなくていい。
 (93248)

で、焼いてみてベーコンのポテンシャルをはかります。見るからに美味しそう。そして、焼いた時に立ち上る香りが、もう間違いなく美味しいだろう!という芳醇な香り。
 (93249)

まずは焼いたベーコンの味見。脂が美味い。熟成がいい。そして、燻製風味も強く完成度が高い。もうビールが欲しいくらい(笑)
 (93250)

で、そんなベーコンを使って、普段食べないような料理に挑戦。エッグベネディクトやらイングリッシュマフィンのオープンサンドやら(笑)
 (93251)

ベーコンとは直接関係ないポーチドエッグを切って、恒例の黄身汁決壊のエロ画(笑)ちょうどベーコンの塩味がマイルドになり、いいバランス。玉子との相性バッチリ。というか、こんなの朝食だったら贅沢過ぎる!ていうベーコン。休日の朝、こんなベーコンとパン、コーヒーがあれば、それだけで十分過ぎるくらい。本場の味をご堪能あれ。

ヨ~イヤサ~♪

ミート&デリ かわきた屋 への口コミ

ミート&デリ かわきた屋 基本情報

住所:京都府京都市北区紫竹上緑町15-6
電話番号:075-492-8001
営業時間:10時〜20時
定休日:第1・3日曜

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな