2021年3月28日 更新

【京都ランチ】12月オープン☆1000円以下魚定食が人気!隠れ家和食店「松蔵」

おおきに~豆はなどす☆今回は中京区柳馬場六角の路地奥にある隠れ家的和食店。昨年12月にオープンし、夜は居酒屋、昼は和食ランチを提供。魚料理を中心にリーズナブルなランチが人気。

街中の長い長い路地奥にある新店

 (203876)

 (203856)

中京区、柳馬場六角下がった場所。
昨年12月にオープンした和食店。つい最近、たまたま観ていたテレビ番組でコスパいい和食ランチが紹介されていて、ずっと気になりつつ訪問。

その時には、高級魚・金目鯛の一夜干しと小鉢のついた定食が紹介されてました。見るからにボリューミーで、しかも1000円以下という割安さ。魚以外のメニューもあるようです。
 (203875)

通りからかなり路地奥にあります。まだこの時点では店のエントランスもわからないような(笑)
 (203857)

坪庭のような拓けた場所にたどり着くと、ようやく店の入り口。しかも、ちょうちんがなければ一軒家のようにも見えますが。
 (203859)

 (203860)

店内は落ち着いた雰囲気で、掘りごたつ式テーブル席とL字カウンター席。しっぽりとジャズも流れ大人の雰囲気でもあります。奥には坪庭も窓越しに見えています。

わりと年季の入ったご主人が料理されていました。この日はふらりと一人で入店しましたが、ソフトに対応してくださいました。おひとり様でも気後れ感なし。
 (203858)

そして、ランチメニュー。メインには魚料理以外に豚角煮や鶏手羽など肉系もあります。粕煮、そそられました(笑)ご飯とお味噌汁はおかわり自由。で、税込みでどれも980円。

最初粕煮と迷いましたが、関西ではまだまだ金目が貴重なので、人気の金目一夜干をチョイス。

 (203861)

 (203862)

 (203863)

そして、夜メニューもチェック。日本酒がすすみまくりそうなラインナップ。というか、ランチ客でも定食の魚料理をアテに昼間から日本酒呑んでる人もいました(笑)
 (203864)

で、しばらくしてカウンター越しに登場の金目一夜干定食。他、お刺身、小鉢2品、ご飯、お味噌汁、香の物。けっこうな品数。
 (203865)

で、金目一夜干。香ばしく焼かれています。はじかみ生姜、レモンも添えられて。テレビではもう少しサイズ大きかった印象ですが、それでも金目です(笑)
 (203869)

煮付けで食すことがほとんどですが、一夜干となると、水分抜けて少しグジに似たような、そんな身の食感。身をせせりながら。日本酒のあてに良さそうですね。
 (203866)

お刺身は漬け状になっています。
 (203871)

中身はマグロ、ブリですかね。2種類の魚がミックス。しっかりと醤油に漬かっていました。サイドメニューでこのお皿はお得感あり。
 (203867)

小鉢は、筍姫皮の木の芽和え風、細切昆布と人参のきんぴら。
 (203872)

筍。うっすらと木の芽の風味。わりと薄味の箸休め的一品。きんぴらも、いい醤油感と甘さ。ご飯がすすみます。
 (203868)

ご飯、そしてお味噌汁の具材は白菜、白菜の浅漬け。
 (203870)

ご飯はふっくらつやつやで少し柔らかめに炊いてあります。個人的には好きな炊き加減。
 (203873)

そして、おかわり自由ということで、ご飯とお味噌汁を。
 (203874)

ここで、残しておいたお刺身の醤油漬けをご飯の上に乗せ、ミニ海鮮丼に。こういう2wayな楽しみ方ができるのは、うれしいですね。つい食べ過ぎてしまいますが(笑)

この日は早い時間帯の訪問だったので、あっさり入店できましたが、行列ができる日もあるようで、この後来店客が続き、その人気ぶりがうかがえました。まあ、この立地でこの料理で1000円以下はお値ごろ。昼間から呑みたい人にもオススメです!

ヨ~イヤサ~♪

詳細情報

名称:松蔵
場所:京都市中京区井筒屋町421
電話:075‐744‐1035
営業時間:11:30~14:30 18:00~22:00
定休日:水曜日
関連サイト:https://www.facebook.com/%E6%9D%BE%E8%94%B5-102101248427544
25 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はなのリアル京都暮らし☆ヨ~イヤサ~♪ 豆はなのリアル京都暮らし☆ヨ~イヤサ~♪

オススメの記事