2022年5月5日 更新

【京都ランチ】行列必至のたっぷり野菜メニュー☆季節のフルーツパフェ名店「伊藤軒」

おおきに~豆はなどす☆伏見、国立病院スグの場所にある老舗和菓子店。併設カフェではヘルシーな野菜ランチが人気で連日女性客を中心ににぎわっています。

行列必至、老舗和菓子店の併設カフェ

 (222899)

伏見区深草、国立病院スグの場所にある創業150年の和菓子の老舗が営む人気菓寮『伊藤軒』。和洋問わず季節のお菓子を販売し、さらに併設カフェでは映えるフルーツパフェや旬野菜ランチが超人気でいつも行列必至。

この日はGW中の平日、たまたまランチ開始時間直前に通りかかり、この時間なら1回転めに入店できるのでは?とやってきました。ですが、この時点で駐車場は満車。店内もにぎわっている様子。
 (222900)

ちょうどランチ目的のお客が開店待ちに店内を時間つぶしに物色してる、という雰囲気。中には早々購入する方もいました。
 (222901)

 (222902)

ちょうど今の時期にふさわしいお菓子が並んでいました。新茶シーズンということで抹茶を使ったものや、端午の節句にちなんだちまきや柏餅など和菓子も。
 (222903)

 (222904)

こちらは洋菓子。プリンやケーキ類など。和洋問わず人気スイーツが大体網羅されているので、ここへ来れば何かしらお目当てのスイーツが見つかる、というのが人気の秘訣かもしれません。
 (222922)

さらに、面白いコラボ商品も多数あり、この時は静岡県浜松の老舗ソースとコラボしたソースのぬれ煎餅。きっとビールにも合いそうな、おつまみ感覚も兼ね備えていた煎餅。
 (222905)

今回はランチ目的。奥にあるレストランへ。

で、この時点ですでに予約表にはびっしり客の名前が書きこまれ、かろうじて1回転目に入店できる様子でしたが、少し待ちました。この後やってきた客が、あまりの行列ぶりに驚くほど。とにかくいつも人気です。
 (222906)

 (222907)

 (222908)

今回はランチ利用ですが、季節のフルーツを使ったパフェが特に有名で、美味しさとこの映え感を求める女性客でいつもにぎわっています。季節のフルーツも、この近くの農家さんから調達したブランド力もある逸品を使用。
 (222909)

 (222923)

さらに工房もあり、和菓子作り体験もできる様子。端午の節句にちなんでか、本物の甲冑が飾られていました。
 (222911)

そして、ようやくレストラン店内へ。ガラス張りのお庭には青竹が涼やかな風景を演出。わりとゆったり落ち着いた空間で満席ながら居心地のいい雰囲気。

 (222910)

 (222924)

今回はランチ利用ということで、こちらがメニュー。季節限定のたけのこランチはこの日が最終。近くにある勧修寺農園の朝堀りたけのこをふんだんに使用。次回の季節限定ランチの内容はまだ未定とのことでしたが、その時期ならではなメニューも味わえます。

今回は、以前食べたことのある20品目の野菜ランチもそそられましたが、食べたことのないメニューにしよう!と、10種類の野菜あんかけ丼1320円をチョイス。
 (222929)

 (222930)

ちなみに、野菜ランチ、野菜カレーならこんな様子。野菜の鮮やかな色がいかにも美味しそうなランチ。
 (222925)

お冷も卓上にレモン水。

 (222912)

そして、こちらがあんかけ丼。こちらも野菜の鮮やかな色が際立っています。野菜づくしとはいえ、ボリューミーに見えます。
 (222913)

 (222914)

 (222915)

あんかけ丼以外の付属には千切り大根煮、カボチャ煮、お味噌汁、お漬物、あんかけ丼のトッピング材に生姜、ネギ、刻み海苔なども。
 (222916)

和菓子屋さんのランチということで、こちらでは必ずちょっとした季節の和菓子が添えられています。今回は桜餅ですかね。
 (222917)

 (222926)

まずはあんかけ丼。ご飯が特徴的で、少しピンク色をした雑穀ご飯を使用。雑穀ご飯のヘルシーなイメージから、丼メニューとはいえ炭水化物をいっぱい食べた的罪悪感がありません(笑)
 (222918)

 (222919)

 (222920)

さらに、具材となる野菜たち。長ナス、ブロッコリー、ジャガイモ、椎茸、パプリカ、ししとう、エノキ、水菜、青ネギ、カボチャが入っていて、素揚げしてあります。どの野菜も揚げることで、持ち味を際立たせ、特にブロッコリーは花部分の香ばしさと茎部分の甘みと旨味などいろいろな味が楽しめ、野菜の奥深さを感じさせます。ベースとなるあんかけ出汁も出汁感が効いていて、揚げびたしの油との相性もよく、するすると食べやすい、ちょっとリッチなお雑炊感もあり。
 (222921)

わりとしっかり味の煮ものたち。
 (222927)

お味噌汁にも具材たっぷり。
 (222928)

〆に桜餅。これぐらいのサイズ感もまたよし。

けっこうなボリューム感でも野菜メインということで満腹感ありながらも、あとあとお腹に響く感じなくヘルシー。そんなことも老若問わず女性に人気ですね。


ヨ~イヤサ~♪

詳細記事

名称:伊藤軒
住所:京都市伏見区深草谷口町28-1
電話番号:0120-929-110
営業時間:10:00~18:00
     ランチタイム11:00〜14:30
     カフェタイム10:00〜11:00/14:00~18:00
     (ラストオーダー 17:30)
定休日:水曜日
関連URL:https://www.kyoto-itoken.co.jp/
36 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はなのリアル京都暮らし☆ヨ~イヤサ~♪ 豆はなのリアル京都暮らし☆ヨ~イヤサ~♪

オススメの記事