2021年1月26日 更新

【バレンタイン】京町家の和風仕立てのショコラ専門店「ベルアメール京都別邸」

おおきに~豆はなどす☆今回は中京区三条通にある有名ショコラ専門店。京町家を活かした店内には和をモチーフにしたチョコレートも。

枡に見立てた和風ショコラも

 (200008)

中京区三条堺町。京町家に赤い暖簾がかかったこちらのお店「ベルアメール京都別邸」

5年前にオープンし、すっかり定着したショコラ専門店。東京を中心に店舗を展開し、日本人になじみのある和の素材や和を意識したチョコレートづくりでも知られるお店。
 (200011)

私もこれまで何度か来店し、バレンタインシーズンには購入したことのあるお店。百貨店でも販売されています。
 (200009)

 (200010)

店内でチョコレートやスイーツ類を販売されいるのはもちろんのこと、2階にはカフェバーもあり、ランチや軽食、スイーツを楽しめ、ショコラ専門店らしいカカオやチョコレート使いのメニューが特徴。
 (200016)

京町家の落ち着いた佇まいの店内には坪庭も設けられ、京都らしい風情を楽しめます。
 (200017)

 (200018)

 (200019)

店内のショウケースには、まるでジュエリーショップのような多彩な材料と色彩のチョコが並び、見ているだけでも高揚感があります。

特にこれからのバレンタインシーズンには女性客でにぎわい、ある意味この時期の風物詩でもあります。
 (200012)

今回は友人からこちらのチョコをいただき、せっかくなので紹介したいな、と。普段自分が贈る側になることはあっても、もらう側になるのは珍しいことなので(笑)

パッケージからして、ちょっと和風。水引細工のような花飾りがあしらわれ、ピンクを基調とした愛らしいパッケージ。
 (200013)

箱を開けると、形状こそ一律ですが、それぞれ色の違うチョコレートが端正に並んでいます。
 (200014)

『瑞穂のしずく』シリーズ。
枡に見立てたショコラの中に、厳選した日本の素材をジュレにして流し込んだもの。そのシリーズも大きく分けて3種類に分かれ、京都日本酒、国産茶、国産果実と蜂蜜。

その中でも、今回いただいたものは国産茶にあたり、一つ一つお茶とチョコも違います。お茶で言えば、抹茶、大和茶、大山茶、紅茶、新宮茶を使い、それぞれのお茶にあったチョコとの組み合わせ。毎日1つずつ味を吟味しながらいただいてます(笑)
 (200015)

それと同じように、日本酒では京都の指折りの銘酒を集めてチョコと組み合わせ、国産果実と蜂蜜ではこの小さな枡型に果実が埋め込まれ、目にも美味しい多彩なチョコレート。

これからのバレンタインシーズンには外せないお店。オンラインでも購入できます。ぜひご検討ください。

ヨ~イヤサ~♪

詳細情報

名称:ベルアメール京都別館三条店
場所:京都市中京区三条通堺町東入ル桝屋町66
電話番号:075-221-7025
営業時間:10:00~20:00【L.O. 19:30】
定休日:不定休
公式サイト:https://www.belamer-kyoto.jp/
16 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はなのリアル京都暮らし☆ヨ~イヤサ~♪ 豆はなのリアル京都暮らし☆ヨ~イヤサ~♪

オススメの記事

今注目の記事