2018年1月20日 更新

【京都乙女チョコ探訪】まるでリップスティックなチョコ「ベルアメール京都別邸」

バレンタインまであと1カ月。京都乙女チョコ探訪と題して、京都のかわいいチョコレート屋さんを紹介していきます。一軒目は「ベルアメール京都別邸三条店」さん。そこに並ぶ「スティックショコラ」はまるでリップスティックなチョコレート。手にすると、少女の頃のわくわくを思い出します。

バレンタインまであと一カ月

あっというまにお正月が過ぎ、1月も半分が終わってしまいましたね。ということは…バレンタインデーまであと1カ月!
「京都乙女チョコ探訪」と題して、京都のかわいいチョコレートをあれやこれやと紹介していきたいと思います。本命はもちろん、友チョコ、自分チョコ用にお気に入りのチョコレートを見つける一助になれば幸いです◎

町屋をリノベーションしたチョコレート屋さん

 (111724)

今回紹介するのは「ベルアメール京都別邸」さん。
お店は町屋をリノベーションして造られており、入口には暖簾がかけてあって雰囲気たっぷりです。

リップのようなパッケージ!「スティックショコラ」

 (111726)

番号つきの小さな箱に入ってずらりと並ぶ、これはリップスティック?
ではなく、「スティックショコラ」という棒つきのチョコなんです。
 (111728)

私が購入したのは「010 HoneyRose」。
箱の形や大きさ、デザインと質感、チョコ一つ一つに付けられた名前と振られた番号…。本当にリップスティックのようで、はじめて化粧品を手に入れた時のどきどきワクワクを思い出します。

見た目はまるで宝石のよう

 (111730)

そしてその小箱をあけてみてうっとり。星のように散らされた小さなチョコに、真っ赤なバラ。まるで宝石のように美しいです。

口に含むと、軽くふんわりと解けていくようでした。ベースのチョコはミルクチョコレートで甘く、バラの甘酸っぱさとよく合っていましたよ。

まるでリップスティックのような乙女のチョコ、ベルアメール京都別邸さんの「スティックショコラ」。乙女気分に浸れる一品です。

ベルアメール京都別邸 三条店 クチコミでの評判

ベルアメール京都別邸 三条店 店舗情報

店名:ショコラ ベルアメール 京都別邸三条店
住所:京都市中京区三条通堺町東入ル北側 桝屋町66
電話番号:075-221-7025
営業時間:10:00~20:00
定休日:不定休
14 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都乙女チョコ探訪】見た目もお味も繊細。「アッサンブラージュ・カキモト」

【京都乙女チョコ探訪】見た目もお味も繊細。「アッサンブラージュ・カキモト」

京都乙女チョコ探訪、4店舗目は「アッサンブラージュ・カキモト」さん。ショコラティエ・パティシエ・キュイジニエという三つの顔をもつ垣本さんのお店です。イートインスペースはまるで割烹のよう。夜にはディナーをいただくこともできます。
【京都乙女チョコ探訪】カカオにこだわった本格チョコレート専門店「BENCINY(ベンチーニー)」

【京都乙女チョコ探訪】カカオにこだわった本格チョコレート専門店「BENCINY(ベンチーニー)」

京都乙女チョコ探訪、5店舗目は岡崎に店舗を構える「BENCINY(ベンチーニー)」さん。カカオ豆の仕入れから焙煎・成形まで全ての工程を自ら行われているんです。店内にはカカオ豆にこだわったチョコレートがズラリと並んでいますよ。
【京都乙女チョコ探訪】京都らしいチョコレートが勢揃い!「サロンドロワイヤル京都本店」

【京都乙女チョコ探訪】京都らしいチョコレートが勢揃い!「サロンドロワイヤル京都本店」

京都乙女チョコ探訪、3軒目は京都らしいチョコレートを求めて「サロンドロワイヤル京都本店」さんへやってまいりました。路地を入った奥にあり、納涼床の席もあるなどお店自体も京都らしさに溢れていますよ。
【京都バレンタイン直前対策】意外な食材とチョコとのコラボ!斬新な発想は唯一無二☆「アサンブラージュ カキモト 」

【京都バレンタイン直前対策】意外な食材とチョコとのコラボ!斬新な発想は唯一無二☆「アサンブラージュ カキモト 」

御所南エリアにある、オープンして2年弱のスイーツ、料理、お酒が楽しめるお店。「パティシエ」「ショコラティエ」「キュイジニエ」3つの顔を持つシェフの斬新チョコを求めて行ってきました。
【リピート必至】贅沢ショコラ三昧パフェ★ベルアメール京都別邸【三条通】

【リピート必至】贅沢ショコラ三昧パフェ★ベルアメール京都別邸【三条通】

全国的に見てもハイレベルなショコラトリーがしのぎを削る三条エリア。 銀閣寺にも二号店を出店しさらなる飛躍を図るベルアメール。 まだまだ人気の三条店。和モダンな空間で頂くパフェは必食です。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

カメ子 カメ子