2018年8月10日 更新

【京都和菓子めぐり】京都限定!夏限定!!宇治金時かき氷の美味しさをそのまま羊羹に「とらや京都一条店」

創業は室町時代後期で京都発祥。『とらやの羊羹』は、もはや銘菓の代名詞。そんな老舗銘菓で京都限定の夏らしい羊羹がまたまた登場。食べてみました。

虎屋菓寮でも人気の宇治金時かき氷がそのまま羊羹に

 (130803)

烏丸通り沿い。シックでモダンな造り。高級感あふれる店構え。このすぐ西側にはラグジュアリーな雰囲気が人気の甘味処「虎屋菓寮 」があり、季節の和菓子、夏はかき氷なども楽しめます。

室町時代後期ここ京都で創業。御所がちょうど向かいにあることからも察することができますが、都が京都から東京に移り、宮中の御用勤めのため東京にも進出。東京が本店のイメージ強いですが、もともと京都発祥。
 (130805)

今回はお盆のお供え品を買いにこちらへ。夏らしい涼菓を求めて。

店内入るとすぐにこんな缶タイプのお茶が。あずき茶。あずきって夏バテ予防食材としてよく聞きます。
 (130804)

結局お供え用にはこちらを購入しましたが。
夏羹(なつかん)。国産の果物、ぶどう、レモン、あんず、桃を寒天で固めたお菓子。素材のもつ自然なおいしさを生かし、やわらかな食感。夏場はこういうツルンとしたものがいいですね。
 (130806)

 (130807)

季節の羊羹も。色目とデザインの繊細さにうっとりします。
 (130808)

看板商品である羊羹・夜の梅を筆頭に、羊羹各種。
 (130810)

 (130811)

生菓子もあります。中でも夏らしくカワイイ見た目。西瓜。ちゃんと種に見立てた小豆もイン。
 (130809)

お!こんなの初めて見る!!
と聞いてみると、京都一条店と四条店限定の夏限定の羊羹。菓寮でも人気の宇治金時かき氷をそのまま羊羹に仕立てた『宇治の夏』。菓寮でも提供してるそうで、人気なんだとか。

これを自宅で自分が食べる用に購入。864円。
 (130815)

冷して食べるのがオススメということで、一旦冷蔵庫で冷やして。
 (130816)

こんなかんじ。
わりと濃いめの抹茶色。とらやオリジナルの抹茶『京の調』をふんだんに使ってこの色なんだとか。
 (130817)

中には小豆の蜜煮が散りばめられているんだとか。
 (130818)

割ってみます。
大粒の小豆がプリッと登場。艶やかで上品。わりと濃厚、濃密な羊羹のようで、切る時の感触でわかります。
21 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都和菓子めぐり】創業400年の老舗の京都限定羊羹!発酵食品・白味噌味は驚愕の逸品「とらや京都一条店」

【京都和菓子めぐり】創業400年の老舗の京都限定羊羹!発酵食品・白味噌味は驚愕の逸品「とらや京都一条店」

創業は室町時代後期で京都発祥。『とらやの羊羹』は、もはや銘菓の代名詞。そんな老舗銘菓で京都限定羊羹、しかも発酵食品でもある白味噌味の羊羹を発見し、食べてみることに。
【京都和菓子めぐり】創業400年の老舗!名物羊羹『夜の梅』は食べ切りサイズ◎レアなゴルフ最中も「とらや京都一条店」

【京都和菓子めぐり】創業400年の老舗!名物羊羹『夜の梅』は食べ切りサイズ◎レアなゴルフ最中も「とらや京都一条店」

創業は室町時代後期で京都発祥。『とらやの羊羹』は、もはや銘菓の代名詞。とらやの代表商品『夜の梅』や季節の和菓子を求めて行ってきました。
【京都和菓子めぐり】秋の味覚・栗メニューも登場!老舗銘菓とらやの極上菓寮☆「虎屋菓寮 京都一条店 」

【京都和菓子めぐり】秋の味覚・栗メニューも登場!老舗銘菓とらやの極上菓寮☆「虎屋菓寮 京都一条店 」

創業は室町時代後期で京都発祥。『とらやの羊羹』は、もはや銘菓の代名詞。御所西にあるとらやの菓寮へ、秋の味覚・栗を使ったメニューが続々登場。
【保存版】老舗らしさ全開の京都オススメかき氷!和テイストでひんやり冷たい☆【厳選8店】

【保存版】老舗らしさ全開の京都オススメかき氷!和テイストでひんやり冷たい☆【厳選8店】

毎日猛暑続く京都。そんな中食べたくなるのがかき氷。今回は京都らしい和のテイストのかき氷を集めてみました。有名老舗抹茶店から老舗和菓子店まで、自慢の味がそのままかき氷に。
【京都発酵食品部】江戸時代創業の西京白味噌の老舗!ご飯やお酒のアテになる絶品味噌も◎「本田味噌本店」

【京都発酵食品部】江戸時代創業の西京白味噌の老舗!ご飯やお酒のアテになる絶品味噌も◎「本田味噌本店」

京都の発酵食品をご紹介する「京都発酵食品部」。今回は白味噌の老舗として有名な御所西にある本田味噌本店。正月のお雑煮はもちろん、有名和菓子店・とらやでもこちらの白味噌を採用。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな