2018年8月10日 更新

【京都和菓子めぐり】京都限定!夏限定!!宇治金時かき氷の美味しさをそのまま羊羹に「とらや京都一条店」

創業は室町時代後期で京都発祥。『とらやの羊羹』は、もはや銘菓の代名詞。そんな老舗銘菓で京都限定の夏らしい羊羹がまたまた登場。食べてみました。

虎屋菓寮でも人気の宇治金時かき氷がそのまま羊羹に

 (130803)

烏丸通り沿い。シックでモダンな造り。高級感あふれる店構え。このすぐ西側にはラグジュアリーな雰囲気が人気の甘味処「虎屋菓寮 」があり、季節の和菓子、夏はかき氷なども楽しめます。

室町時代後期ここ京都で創業。御所がちょうど向かいにあることからも察することができますが、都が京都から東京に移り、宮中の御用勤めのため東京にも進出。東京が本店のイメージ強いですが、もともと京都発祥。
 (130805)

今回はお盆のお供え品を買いにこちらへ。夏らしい涼菓を求めて。

店内入るとすぐにこんな缶タイプのお茶が。あずき茶。あずきって夏バテ予防食材としてよく聞きます。
 (130804)

結局お供え用にはこちらを購入しましたが。
夏羹(なつかん)。国産の果物、ぶどう、レモン、あんず、桃を寒天で固めたお菓子。素材のもつ自然なおいしさを生かし、やわらかな食感。夏場はこういうツルンとしたものがいいですね。
 (130806)

 (130807)

季節の羊羹も。色目とデザインの繊細さにうっとりします。
 (130808)

看板商品である羊羹・夜の梅を筆頭に、羊羹各種。
 (130810)

 (130811)

生菓子もあります。中でも夏らしくカワイイ見た目。西瓜。ちゃんと種に見立てた小豆もイン。
 (130809)

お!こんなの初めて見る!!
と聞いてみると、京都一条店と四条店限定の夏限定の羊羹。菓寮でも人気の宇治金時かき氷をそのまま羊羹に仕立てた『宇治の夏』。菓寮でも提供してるそうで、人気なんだとか。

これを自宅で自分が食べる用に購入。864円。
 (130815)

冷して食べるのがオススメということで、一旦冷蔵庫で冷やして。
 (130816)

こんなかんじ。
わりと濃いめの抹茶色。とらやオリジナルの抹茶『京の調』をふんだんに使ってこの色なんだとか。
 (130817)

中には小豆の蜜煮が散りばめられているんだとか。
 (130818)

割ってみます。
大粒の小豆がプリッと登場。艶やかで上品。わりと濃厚、濃密な羊羹のようで、切る時の感触でわかります。
 (130819)

で、一口。控えめな甘さ。際立つ小豆の蜜煮の存在感。そして、まわりの濃厚抹茶の旨味とほのかな苦味。弾力のある羊羹です。少しずつ少しずつ食べるのがちょうどいいくらいな。それくらい、いろんな意味で濃縮されたものがここに結実したような。そんな羊羹。

水羊羹など食べやすい薄い仕上りの涼菓も季節がらいろいろ巷で販売されてますが、さすがとらや。絶大な人気の宇治金時かき氷があるのに、あえてそれをこの濃厚な羊羹に仕立てるとは。まさに『とらやの羊羹』の代名詞にもなる、歴史に培われた銘菓。お試しあれ。

ヨ~イヤサ~♪

とらや京都一条店 への口コミ

詳細情報

住所:京都市上京区烏丸通一条角広橋殿町415
電話番号:075-441-3111
営業時間:9:00〜19:00(平日) 9:00〜18:00(土曜・日曜・祝日)
定休日:不定休
店舗HP:https://www.toraya-group.co.jp/toraya/shops/detail/?id=55
21 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな