2017年11月21日 更新

世界中が魅了される京都随一の観光地「嵐山」必ず訪れたい癒しスポット7選!

嵐山といえば、京都の中でも特に多くの人々が訪れる観光地。そんな嵐山の、定番だからこそ外せないスポット7選をご紹介します。

千年以上前から人々を魅了してきた嵐山

 (104751)

一度訪れたことがある観光客でも、何度でも足を運びたいと思わせる魅力がある嵐山。かつては、平安貴族の別荘地でもありました。
昔からの風雅な景色や寺社はもちろん、近年になって新しくできた魅力的な観光スポットもあります。

嵐山・嵯峨野の代名詞「竹林の小径」

 (104439)

竹林の道とも呼ばれる、約100メートルにわたって続く風情たっぷりの竹林に囲まれた散歩道。界隈の喧騒がうそのように、風に揺れるわずかな笹の葉の音も聞こえます。その清涼感と静寂は、おしゃべりするのがもったいないほど!
 (104440)

ドラマやCMでも見たこの風景、やはり嵐山に来たからには本物の竹林の道を歩かなければ!
12月上旬に行われる嵐山 花灯路では、約2週間に渡り嵐山周辺がライトアップされます。この竹林の道ももちろん、淡いライトに照らされた小道は昼間と違い少し怖いような幻想的な雰囲気です。

時代が変わっても愛されて続けてきた理由、ぜひ一度その目で確かめてみてください。
 (104441)

嵐山の月を渡る「渡月橋」

 (104444)

嵐山といえば、やっぱり外せないのが渡月橋。亀山上皇が橋の上空にわたる月を眺めて「くまなき月の渡るに似る」と感想を述べたことから渡月橋と名付けられました。
観光名所ではありますが、地域の主要な交通手段として利用されています。現在の渡月橋は1934年に完成しました。
 (104445)

春に花見をするもよし、夏に屋形船やボートに乗るもよし。1年でもっとも賑わうのは、紅葉の時期。色づいた嵐山がとても美しく、どこを撮っても絵になります。
運が良ければ、12月上旬に行われる「花灯路」開催の時期まで紅葉が残り、ライトアップされた渡月橋と紅葉の競演を楽しむこともできます。

どの時期に訪れるか迷ってしまうほど、一年中魅力的な姿を見せる渡月橋です。
 (104451)

世界文化遺産「天龍寺」の雲龍図

 (104456)

臨済宗天龍寺派の大本山、広大な敷地を誇る天龍寺。敷地内にある曹源池庭園(そうげんちていえん)は、国の史跡・特別名勝第1号に指定された由緒あるお寺。平成6年には、世界文化遺産に登録されました。
 (104463)

紅葉の時期胃は嵐山を借景した曹源池庭園が美しく、どの角度から見ても絵になる風景です。天龍寺直営店「篩月(しげつ)」では、四季折々の風景を楽しみながら精進料理をいただけます。

そして、天龍寺といえばやっぱり雲龍図!天井に描かれた巨大な龍は圧倒的な迫力です。
写真撮影はNGのため、ぜひ本物の雲龍図をその目に焼き付けに来てください。
38 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

立ち尽くすほどの美しさ!嵐山・嵯峨野エリア「竹林の小径」【まとめ】

立ち尽くすほどの美しさ!嵐山・嵯峨野エリア「竹林の小径」【まとめ】

京都には多くの観光スポットがありますが、その中でも定番中の定番、嵐山。嵐山の代名詞である竹林の四季折々の様子をお伝えします。
【世界遺産*天龍寺】嵐山を借景とした庭園が四季折々の風景に染まる【まとめ】

【世界遺産*天龍寺】嵐山を借景とした庭園が四季折々の風景に染まる【まとめ】

その美しい曹源池庭園(そうげんちていえん)が世界遺産にも認定されている「天龍寺」。四季折々の風景の素晴らしさに感謝したくなります (*´∀`*)
京都・嵐山の竹林|100本以上の竹が刃物で落書きされ、竹は泣いています

京都・嵐山の竹林|100本以上の竹が刃物で落書きされ、竹は泣いています

日本を代表する観光地、嵐山から悲しいニュースが届きました。100本以上の竹林が刃物で落書きされ、竹が泣いています。傷つけれられた竹は切って処分するしかなく、このままでは美しい景色を失うかもしれません。
サクラ満開の「京都 嵐山」を大満喫!一度は訪れたい日本有数の観光地

サクラ満開の「京都 嵐山」を大満喫!一度は訪れたい日本有数の観光地

日本有数の観光地、京都嵐山。桜満開の嵐山をたっぷりお届けします。
観光地 嵐山の少し外れで手打ち蕎麦を!お値段も良心的な「芳汕 (ホウザン)」

観光地 嵐山の少し外れで手打ち蕎麦を!お値段も良心的な「芳汕 (ホウザン)」

阪急嵐山駅から徒歩2分、渡月橋とは逆方向にある手打ちの蕎麦の御店「芳汕 (ホウザン)」でランチなり。天丼やかやくご飯がついたランチメニューもあり

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

キョウトピ編集部 キョウトピ編集部