2021年8月29日 更新

早起きしてでも独り占めしたい景色!嵐山観光では外せない『竹林の小径』

いつもは観光客で人気のエリアですが、頑張って早起きするだけでこの素敵な景色を独り占めできちゃいます。神秘的なトンネルをぜひ体感してください。

嵐山観光では外せない『竹林の小径』

 (190555)

渡月橋の北側にある『竹林の小径』は『野宮神社』から『大河内山荘』まで続く約300mの小道のこと。夏でもひんやりとして涼しく、緑一色の世界は神秘的。天気が悪い日や夕方は暗くて、少し怖いなと思いますが、思わず深呼吸したくなるほど気持ちが良い場所です。静かな朝は笹ずれの音もよく聞こえ、とてもロマンティック。

 (190557)

自然がおりなす緑のトンネル

 (190559)

 (190560)

 (190561)

実は江戸時代から続く観光名所

 (190563)

なんと江戸時代の書物にも観光名所として紹介されていたそうです。四季折々の景色を楽しむ気持ちは、昔も今も変わらないんですね。これから先もこの景色が続きますように。
 (190565)

京都の夏は暑くて有名ですが、竹林の小径のように涼めるお気に入りの場所を持っていたら暑くても楽しめます。暑くても人が多くてもちょっとの工夫で楽しめる自分でいたいなと思っています。

詳細情報

 (190568)

名称:竹林の小径
住所:京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町
17 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

まみの京都好奇心手帖 まみの京都好奇心手帖

オススメの記事