2018年11月26日 更新

【京都和菓子めぐり】紅葉ピークは行列ピークでもあり!季節の栗餅終売目前!!「出町ふたば」

いつも長い行列をつくることでもおなじみ。出町にある京都を代表する和菓子店。紅葉シーズンは朝から驚愕の行列。季節限定の栗餅も終売間近。行ってきました。

驚愕の超行列(笑)

 (139256)

出町商店街。この日、朝からこの近くに来るついでがあり、おもたせで出町ふたばの栗餅を購入しようとやってきましたが。

朝8時過ぎでしたが、すでに大行列。しかも、通路挟んで2分割行列。さすが紅葉シーズン。いつもの行列具合とは比較にならないほど。
 (139257)

でも、電話予約すれば並ばずに購入できるもんね!大丈夫だもんね!と、余裕をかまし、この近くに居ながら電話予約するも、この時点での予約商品は昼の2時以降の案内です、と(涙)

それだったら並ぶ方が早いな、と諦めて列に加わる。
 (139330)

待ってる間、POP情報を見て過ごしたり。
今年は名物豆餅に使用される新物赤えんどうが不作とのこと。なのに、この行列がほぼほぼ一年続くの大丈夫なんだろうか、と。もしかしたら、1日の販売個数例年より少なくなるのかもしれませんね。
 (139331)

並んでいる間、店の人と話していると、もう今シーズンの栗の在庫が底をつきそうで、今週くらいには栗餅終売になりそうとのこと。最後にギリギリありつけてよかった。まだの方はお急ぎください!
 (139262)

変わらない店員さんのほっかむりと白衣のスタイル。創業100年余の歴史を物語る雰囲気。そして、なつかしいお饅頭屋さんの王道スタイル。
 (139263)

この大混雑の中でも、テキパキと注文商品をさばいていくオペレーションのよさ。
 (139264)

そして、奥の調理場でも黙々と作業されてます。
 (139265)

もう名残りですが、栗おこわや栗赤飯などもあります。
 (139266)

もちろん名代豆餅やお目当ての栗餅も。丹波黒豆大福や三色団子など。
 (139261)

こちらも季節のお菓子、亥の子餅。

 (139267)

30分くらい並びましたかね。目当ての豆餅、栗餅を購入。
 (139268)

私も御相伴にあずかり、両方いただきました。
 (139269)

まずは栗餅。栗のうまみ、甘さ、ホクホク感、渋みも。蒸し栗をそのままインしているので、栗本来の美味しさがダイレクトに伝わり、栗好きにはたまらない銘菓。一緒に食べた他メンバーも大絶賛。
 (139270)

そして、安定の豆餅。赤えんどう豆のほのかな塩味、あんこの控えめな甘さ。そしてお餅。素朴な味わいながら、飽きのこない、何個でもペロリと食べたくなる、後を引く美味しさ。

シーズン最後に差し掛かっている栗餅。早めにお買い求めください。

ヨ~イヤサ~♪

出町ふたば への口コミ

詳細情報

名称
出町ふたば
住所
京都市上京区出町通今出川上ル青龍町236
電話番号
075-231-1658
営業時間
8:30~17:30
定休日
火曜・第4水曜 (祝日の場合は翌日)*お正月休みは長めです

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな