2019年10月11日 更新

【保存版】京都祭りシーズン必食!オススメの絶品鯖寿司☆行列店からディープ酒場名店まで【厳選7店】

おおきに~豆はなどす☆今回は京都オススメの鯖寿司を集めました。特に秋サバは脂ノリノリで絶品。京都の祭りシーズンには欠かせない味覚。

常に行列に人気店!出町桝形商店街「満寿形屋(ますがたや)」

 (166117)

 (166118)

 (166119)

出町柳の豆餅で有名な「ふたば」にもほど近い出町桝形商店街の寿司、麺類を提供するお店。開店待ちの行列ができるのはいつもの光景で、とにかく大人気店。皆のお目当ては肉厚の鯖寿司。数に限りがあり、大体昼の間に品切れに。他店と比べ、リーズナブルな価格で上質の鯖寿司が食べられるのが人気。


住所:京都府京都市上京区二神町179
電話番号:075-231-4209
営業時間:12:00~18:00
定休日:水曜日
詳細記事:https://kyotopi.jp/articles/rMAOb

京都3大ディープ酒場・四富会館の破格名割烹「てしま」

 (166121)

 (166122)

 (166123)

会館のどんつきにある入店激戦の人気店。料理人や錦市場関係者の客も多く、舌の肥えたプロをも唸らせる元寿司職人だったご主人の繰り出す絶品料理。その驚きの安さとクオリティの高さ。中でも鯖寿司は熟練の技が詰まった逸品。

住所:京都市中京区富小路四条上ル 四富会館 1F
電話番号:090-2383-2864
営業時間:17:00~24:00
定休日:不定休。電話でご確認を。
詳細記事:https://kyotopi.jp/articles/BOKQr

石清水八幡宮門前のテレビや雑誌でも紹介される名店「朝日屋」

 (166125)

 (166126)

 (166127)

京阪八幡市駅前にある創業100年以上の寿司、麺類が食べられる老舗の食事処。うどんとセットになった名物鯖寿司はそのクオリティからもお値打ち。テレビや雑誌にもよく登場する、この界隈のランドマーク的有名店。

住所:京都府八幡市八幡高坊11-4
電話番号:075-981-3202
営業時間:
月~土 11:00~21:30(L.O)
日・祝 11:00~20:00(L.O)
定休日:木曜日
詳細記事:https://kyotopi.jp/articles/coY2Z

祇園の酒蔵直営・超人気コスパ最強居酒屋「遊亀」

 (166137)

 (166138)

 (166139)

祇園界隈にある有名居酒屋店。酒蔵直営で美味しい日本酒と最高のアテが並ぶ。日本人だけじゃなく、外国人観光客にも人気。どの料理も絶品だが、中でも鯖寿司は肉厚、鯖の間に大葉、針生姜を挟んで混然一体。間違いない美味しさ。

住所:京都府京都市東山区富永町111-1
電話番号:075-525-2666
営業時間:17:00~22:00
定休日:日・祝
詳細記事:https://kyotopi.jp/articles/eCf1r

祇園仕込みの技が光る人気割烹☆「料理りはく」

 (166141)

 (166142)

 (166143)

JR二条駅にも近い住宅街にある、今年4月にオープンして以来人気の和食店。祇園で修業されたご主人の丁寧な仕事ぶりが料理に反映される。中でもランチ1500円に組み込まれた鯖寿司はご主人の技が光る繊細な仕上がり。ランチはもちろん、夜でも定番メニューとして登場。

住所:京都市中京区西ノ京永本町9−16番地
電話番号:075-802-8028
営業時間:11:30~13:30(Lo.13:00) 月水金のみ
     17:30~23:00(Lo.22:30)
定休日:日曜日
詳細記事:https://kyotopi.jp/articles/In4ZE

京都祇園で200年以上続く老舗・鯖寿司専門店「いづう」

 (166129)

 (166130)

 (166131)

鯖寿司の老舗と言われ、誰もがその店名を一度は聞いたことがある、全国的にも有名な祇園にある老舗。創業200年以上の伝統に裏付けされた老舗の味。北海道産真昆布に包まれた鯖寿司は旨味も食べごたえも最上級。おもたせとしても定番。

店名:祇園新地 いづう
住所:京都市東山区八坂新地清本町367
電話番号:
営業時間:11:00~23:00 ※LO30分前
(日・祝は22時まで)
定休日:火曜日 (祝日を除く)
詳細記事:https://kyotopi.jp/articles/47EAv

出汁に始まり出汁に終わる☆隠れ家名割烹「よこやまろうそく」

 (166133)

 (166134)

 (166135)

四条西木屋町上がった、ディープな風情ただよう夜の飲食店が入居する雑居ビルの一角にある超隠れ家店。外観とは裏腹に銘酒と本気のアテがそろう驚きの割烹。〆の鯖寿司はレア感も楽しめ激ウマ。

住所:京都市中京区紙屋町367-2
電話番号:075-212-8998
営業時間:17:00~24:00(L.O.23:00)
定休日:水曜日
詳細記事:https://kyotopi.jp/articles/pdwVp

まとめ

いかがでしたか?かつては祭りシーズンになると、各家庭でつくる京都人にとっては欠かせないごちそう。ランチに麺類とセットにしてもよし、飲んだ〆としてもよし。とくに祭りシーズン中、脂の乗った秋にこそ食べたい鯖寿司。お試しあれ!

ヨ~イヤサ~♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな