2018年10月23日 更新

【京都ランチめぐり】石清水八幡宮門前のテレビや雑誌でも紹介される名店!名物鯖寿司は必食☆「朝日屋」

京阪八幡市駅前にある創業100年以上の老舗。名物メニュー・鯖寿司はたびたびテレビや雑誌でも紹介されるほど。ランチで利用しました。

この界隈では名物店

 (136428)

京阪八幡市駅前スグの場所。ちょうどこの界隈に来る用があり、他の店を思いつかずこちらへ。
有名すぎるお店。創業100年を超える老舗の食事処。
 (136429)

そして、こちらの名物は鯖の棒寿司。鯖寿司です。
たびたびテレビや雑誌でも紹介され、つい最近も女優・高畑充希さんが紹介していたり、雑誌「ブルータス」でも掲載されたり。

 (136496)

店内は奥行あり、座敷席や手前テーブル席。昼時にぎわっていました。
 (136430)

そして、カウンター席も。
休日の昼間でしたが、居酒屋として利用し、わりとお酒を注文する方多数でした。居酒屋メニュー、てんぷらや刺身などもあります。
 (136432)

メニューはうどん、そばの麺類、丼、そして鯖寿司を中心に寿司メニュー。季節の一品もあり。
 (136433)

ランチタイムには、こんなお得なセットも。
ちょうど名物の鯖寿司3貫ときつねうどん(そば)がセットになった棒寿司セット1300円があったので、それを注文。私はうどんをチョイス。
 (136440)

お酒は注文せずとも、セットメニューには突出しも。
ほうれん草とカニ身の胡麻和えでしたが、お酒が欲しくなるような一品(笑)
 (136434)

ほどなくして、セットの全てが登場。鯖の棒寿司3貫、そして、きつねうどん。
 (136435)

こちらが名物の鯖の棒寿司。ほとんどの客がこれを注文する、こちらの名物メニュー。
 (136437)

白板昆布が〆鯖をカバーした状態。適度な厚さで、わりと〆た状態。脂が乗っていて、寿司飯もしっかりとした味で鯖の美味しさを援護射撃。とても食べごたえある鯖寿司。
 (136436)

こちらはきつねうどん。わりと、出汁濃いめの色目。
 (136438)

うどんは細麺で、いわゆる京うどん。喉ごしよく、食べやすい。
 (136439)

お揚げは甘辛く炊いた大き目のものが2枚でたっぷり。他、青ネギ、若布も具材に。
お寿司に負けず、わりとしっかりとした味。お酒を呑みながらでもいいくらいな味加減。
 (136441)

腹ペコで入店したので、あっという間に完食完汁ゴチ!

店頭にはテイクアウト用の竹の皮に包まれた鯖寿司も用意され、ちょうどこの時期の祭りシーズンには皆買い求めるんだろなぁと想像したり。

この界隈の名物店。石清水八幡宮参拝とセットで訪れたい場所。

ヨ~イヤサ~♪
20 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都ランチめぐり】名物『キーシマ』はシンプルイズベストな美味さ☆昭和レトロな蕎麦屋「やっこ」

【京都ランチめぐり】名物『キーシマ』はシンプルイズベストな美味さ☆昭和レトロな蕎麦屋「やっこ」

地下鉄丸太町駅から少し南へ。渋い昭和風情をかもすお蕎麦屋さん。創業昭和5年の老舗。中でも、「キーシマ」と呼ばれるここの名物そばを求め、行ってきました。
京都人の様式美!祭りシーズンは鯖寿司必食!!出町桝形商店街の老舗名物食堂「満寿形屋(ますがたや)」【出町柳】

京都人の様式美!祭りシーズンは鯖寿司必食!!出町桝形商店街の老舗名物食堂「満寿形屋(ますがたや)」【出町柳】

10月は祭りシーズン。この時期、昔から京都では鯖寿司が食され、祭りと鯖寿司は切っても切れない関係。そこで今回は出町桝形商店街の地元に愛される名物食堂をご紹介します。
【京都酒場めぐり】有名料亭仕込みの本格割烹!絶品のアテにハズレなし「和食晴ル」

【京都酒場めぐり】有名料亭仕込みの本格割烹!絶品のアテにハズレなし「和食晴ル」

四条高倉にある、元理容店をリノベーションした昭和レトロな佇まいの割烹。使い込まれた感がいい味出してるカウンターテーブルには、京料理の名店・和久傳出身のご主人の間違いないアテが並ぶ。
【京都ランチめぐり】山科駅前の昔ながらの人気大衆食堂!800円破格定食!!持ち帰り品も充実「千成餅食堂」

【京都ランチめぐり】山科駅前の昔ながらの人気大衆食堂!800円破格定食!!持ち帰り品も充実「千成餅食堂」

京都山科駅前にある、昔ながらの大衆食堂的風情のお店。気取らない雰囲気が人気で昼時ともなると、客でにぎわう。通し営業で食事時間を選ばずに利用できるのも魅力の一つ。CPよく、味も驚きの美味しさ。
京都屈指の3大ディープ酒場・四富会館どんつきの名割烹!驚きの安さとクオリティ☆「てしま」

京都屈指の3大ディープ酒場・四富会館どんつきの名割烹!驚きの安さとクオリティ☆「てしま」

四条富小路にある京都3大ディープ酒場『四富会館』の有名割烹。ディープな場所に入居する狭小カウンター店ながら、そのクオリティの高さと安さに驚愕。入店激戦が常ながら、たまたま運よく予約とれて行ってきました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな