2018年4月3日 更新

【京都酒場めぐり】出汁に始まり出汁に終わる!人には教えたくない隠れ家名割烹☆「よこやまろうそく」

四条西木屋町上がった、ディープな風情ただよう夜の飲食店が入居する雑居ビルの一角にある超隠れ家店。外観とは裏腹に銘酒と本気のアテがそろう驚きの割烹店。予約して行ってきました。

こんな場所でこんな本気のアテと日本酒が!

 (119787)

四条西木屋町上がる。わりとディープな飲食店が立ち並ぶエリア。とくに夜のお店。
 (119785)

そんな中でも、一際ディープさ際立つ雑居ビル。スナックやバーなど完全に夜仕様な飲食店が入居。以前、この中にあるスナックに来たことがあり、どちらかというと、食べるよりお酒を呑むお店が中心かと思ってましたが。
 (119786)

そんな中にあるこちらのお店「よこやまろうそく」。
「にほん酒とろうそくとおだし」という副題付。到底その3つがリンクする根拠がわからない、『部屋とワイシャツと私』的、なんでその組み合わせ?みたいな興味をそそる(笑)
 (119788)

しかも、ほかのスナックとあまり変わらない外観。
 (119789)

提灯にはろうそくマーク。

で、入店。中の様子は他のお客さんもおられたんで撮影控えましたが、カウンター6席のこじんまりとした空間。
 (119791)

今回友人の誘いで初訪問で予備知識なかったんですが、アテとなる料理メニュー充実していることに驚き。呑み中心のお店だと思ってたんで(笑)
 (119793)

本日メニューは黒板にも。あぁ春やなぁ~と感じる旬の食材ぞろい。

こちらのご主人はたん熊系割烹や和食店中心にいろいろ経験された方。
 (119792)

珍味系もあり、これは呑兵衛がガッツリ腰を据えて呑めるアテラインナップ。

で、メニュー最後にある『和蝋燭』。え、これもアテですか(笑)
いえいえ、こちらの店名にもあるろうそくですが、ご実家が和ろうそくのお店で、ここでも営業中に火を点されていたり、ろうそくの販売もされてます。
 (119794)

日本酒もいろいろ。地元伏見のお酒もありますが、他ちょっと珍しいものもあってうれしい。
 (119790)

他ドリンク類こんなかんじ。
 (119795)

で、まず最初にこれが出てきました。
お出汁。これ、こちらの流儀みたいで最初にお出汁を味わう趣向。おでん用のお出汁でしたが、練製品不使用の精進系おでんなんで、お出汁の味わいもクリア。この時はおでんダネに筍が入っていたんで、ほんのりと筍の風味が。ちょっとそんな利き出汁感も楽しめます(笑)
 (119796)

この日は暑かったんで、瓶ビール赤星スタート。
それに合わせた突出しは三種盛りがうれしい。左からクラゲの冷製、生節煮漬け、いわし煮でしたかね。ぐいぐいとビールがすすむ。

コースター、鯛の鯛があしらわれ印象的。
 (119797)

新物ホタルイカ。酢味噌と生姜酢どちらかをチョイスだったんですが、生姜酢て珍しいな、てことでそれを。で、正解。とても質のいいホタルイカだったんで、あえてシンプルな生姜酢のほうがホタルイカの味がよくわかっていい、というか。
 (119800)

となると、もう日本酒にスイッチ。
メニューにもないものが冷蔵ケースに入ってるとこのとで、自ら吟味してチョイス。
 (119798)

埼玉のお酒・花陽浴。友人チョイスのヤツ。
 (119799)

旬やな~てことで、筍の木の芽和え。わりと固形感ありありの筍の風味がよくわかる一品。
この緑がいいですね~
 (119801)

ちょっとジャケ買い的チョイスで、直汲みの彗(シャア)。それほどガンダム好きというわけでもないけど、ウケ狙いで。でも、ふんわり甘味ありフルーティーで呑みやすい。

隣にいたお客さんもガンダムか!とつられて注文されてました。赤字で書かれてるラベル、完全に狙ってるやん!と(笑)
 (119802)

つづいて、お店の一番人気のぽてとサラダ。炊いたじゃがいもと煮玉子を和えて、さらにクオリティ高いベーコン角切りがゴロゴロと入っていて、完全にアテ的な一品。
 (119803)

何より、この煮玉子のエロさときたら。たまらんなぁ~と(笑)
この玉子がつぶしてサラダにも入っているというリッチなやつ。
 (119804)

宮城の純米生原酒・蒼天伝。友人チョイス。初めて出会う日本酒もあり。
 (119805)

九州は焼酎文化圏という先入観から、長崎に酒蔵が!と驚いた六十餘洲 (ろくじゅうよしゅう)。フルーティーで呑みやすい。いやぁ~美味しかった。
 (119806)

これが一番気に入りました。
山口のお酒・長陽福娘。ピチピチとした微泡感。お初の銘柄。
 (119807)

〆のさば寿司。
厚めの脂のよく乗ったいいさばで、ナマ感も楽しめて激ウマ。
 (119808)

面白いのが、店内のBGM終始昭和ニューミュージック系で。これもご主人チョイスなんですが、曲リスト見せてもらったら、私でもわからんような古めな曲も(笑)

まあ、このロケーションにはこんなBGMがしっくりくるような。
 (119809)

そして、最後〆にまたお出汁。
今度は二日酔いを気遣ってか、しじみ汁。身もちょっと入ってました。濃い旨味!

今回1人3000円ちょっとでしたが、驚きの空間。ちょっと場末感すらただよう雑居ビルにこんな銘酒とアテが楽しめるお店があろうとは。また来たいです。あまり人に知られたくない気もしますが(笑)

ヨ~イヤサ~♪

よこやまろうそく への口コミ

詳細情報

店名:よこやまろうそく
住所:京都市中京区紙屋町367-2
電話番号:075-212-8998
営業時間:17:00~24:00(L.O.23:00)
定休日:水曜日
関連サイト:https://www.facebook.com/%E3%82%88%E3%81%93%E3%82%84%E3%81%BE-%E3%82%8D%E3%81%86%E3%81%9D%E3%81%8F-1734932653395716/

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな