2017年8月17日 更新

京都有名割烹でも採用するクオリティ高い京風味ソース!画期的ソースも開発☆「ヒロタソース」【紫野】

紫野にある昭和15年創業の老舗ソースメーカー。そのクオリティの高さが人気で、京都でも有名割烹で採用されたり、業務用で全国、世界からも引き合いあり。ウワサに聞きつつ、試してみました。

紫野に工場をかまえる老舗ソースメーカー

 (90814)

北大路堀川上がって3筋目西側。こんなところにソースメーカーがあるって知りませんでした。
 (90813)

昭和15年創業の老舗。もともとこちらのソースを知ったのは、以前行ったことのある有名割烹のフライメニューで、こちらのソースを採用していると聞き注目。で、今回工場がどんなところなのか偵察しつつ。
 (90812)

この周辺を歩いていると、フルーティーな甘い香りと、スパイシーな香りが漂ってきます。
 (90809)

工場の周りにもいろいろ会社紹介、商品紹介情報が。
 (90810)

私もあまり知らなかったんですが、粉もんソースの業務用ではけっこう有名なメーカーみたいですね。京都だけにとどまらず、全国、世界からも引き合いがあるとのこと。
 (90811)

通常の旨味2倍ある濃いソース。ちょっと珍しいし、気になります。
 (90822)

そして、こちらはめんつゆのように2倍希釈して使用できる水割り串かつソース。ソース界で希釈タイプって初めて見ました。自由な発想で商品開発されてるユニークな商品ですね。
 (90815)

で、どこのスーパーでも取り扱ってるというわけはありませんが、カナート洛北に行った際に見つけて。
 (90816)

ソースもいろいろ種類あって、はんなりラベルシリーズのウスターソース、お好みソース、焼きそばソース、とんかつソースなど。
 (90817)

今回はとんかつソース378円を買ってみました。
 (90819)

とんかつではないんですが(笑)この日、タコをミンチ状にして丸めてフライにしたタコミンチカツに。とろみ、照りがあります。
 (90820)

で、一口。甘みがけっこう効いてます。オタフクソースよりさらに甘いかも。そしてフルーティーで味も濃く、ほどよい酸味もあり。ちょうどフライに負けないパンチのあるソース。そして、有名割烹で食べたカツの味を彷彿させるような(笑)これはかなり気に入りました。ソースだけで、こんなにカツの印象が違ってくるとは。

とにかく、いろんな種類を試してみたくなるソースたち。オススメです!

ヒロタソース へのツイート

18 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都パンめぐり】絶滅危惧種!幻のレトロパン『ニューバード』発見!地元民御用達の老舗店「バード新町」

【京都パンめぐり】絶滅危惧種!幻のレトロパン『ニューバード』発見!地元民御用達の老舗店「バード新町」

たまたま北大路新町界隈を歩いていて発見。今はなき老舗パンチェーン店「バード」の支店。そして、京都発祥パンともいわれている名物レトロパンも発見。食べてみました。
京都ハイカラ洋食の要!そして激ウマ!!祗園生まれの京都で最初のウスターソース「オジカソース」【京都山科】

京都ハイカラ洋食の要!そして激ウマ!!祗園生まれの京都で最初のウスターソース「オジカソース」【京都山科】

大正7年創業のウスターソース製造の老舗。京都で初めてのソース製造会社がここ。西洋料理がまだ珍しかった時代の調味料として大活躍したソース。そして、現在はお好み焼きや粉もんの有名店の業務用ソースも製造。
【京都食品めぐり】創業80年余の京都老舗スパイスメーカー!日本のスパイス開発の歴史支える☆「甘利香辛株式会社」

【京都食品めぐり】創業80年余の京都老舗スパイスメーカー!日本のスパイス開発の歴史支える☆「甘利香辛株式会社」

伏見にある、主に業務用スパイスを製造する老舗メーカー。その歩みはそのまま国内スパイス開発の歴史そのもの。業務用であるがゆえ、知らぬ間にこちらのスパイスやカレーを食している地元民も大半。
【京都発酵食品めぐり】鷹峯にある創業200年余の老舗!木樽仕込みの究極の本醸造醤油☆「松野醤油」

【京都発酵食品めぐり】鷹峯にある創業200年余の老舗!木樽仕込みの究極の本醸造醤油☆「松野醤油」

北区、鷹峯街道沿いにある本醸造醤油の老舗。創業1805年(文化2年)で200年余の歴史ある造醤油店。昔ながらの製法で木樽を使ってじっくりと発酵、熟成された本醸造醤油。
【保存版】ハイカラ洋食や粉もんグルメの要!京都オススメの地元愛あふれる地ソース【厳選4点】

【保存版】ハイカラ洋食や粉もんグルメの要!京都オススメの地元愛あふれる地ソース【厳選4点】

京都には洋食をはじめ、粉もんグルメやカツやフライなどの名店が数多くあり。そんな名店を支える調味料の要となるのがソース。地元メーカーの地ソースもいろいろあり。今回はそんなオススメの地ソースをまとめました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

三杯目 J Soup Brothers 三杯目 J Soup Brothers