2017年2月14日 更新

京都ハイカラ洋食の要!そして激ウマ!!祗園生まれの京都で最初のウスターソース「オジカソース」【京都山科】

大正7年創業のウスターソース製造の老舗。京都で初めてのソース製造会社がここ。西洋料理がまだ珍しかった時代の調味料として大活躍したソース。そして、現在はお好み焼きや粉もんの有名店の業務用ソースも製造。

京都初のソースは祗園生まれ

 (71804)

もともと大正7年に祗園で創業。大学で醸造学を学んだ創業者がウスターソース発祥の国・イギリスでソースづくりの基礎を学び、京都初のソース会社をつくったのが始まり。

現在はここ山科区小野に本社、工場があります。
 (71805)

創業当初、「大鹿社(たいろくしゃ)」だった社名が、町の人たちに「オオジカさん」と呼ばれ、いつしかオジカソースが社名に。それ以降地元民の食卓を支えるソースを常に提供。

じつは私もうっすらとしか知らなかったんですが、東京の友人にここのソースファンがいて。逆輸入みたいな形で教えてもらったというか(笑)
 (71806)

この時も周辺にはスパイシーでフルーティーな香りが漂っていて、香りだけで白飯が食べられそうなくらい(笑)

市販用のソースやドレッシングなどはもちろんスーパーなどで売ってますが、市内でも有名お好み焼きチェーン店の業務用ソースも手がけていて、じつは知らない間にオジカソースを食べていることも(笑)

それだけ、地元で生まれ育って愛されてきたソース。
 (71807)

で、ちょうどウスターソースを切らしてたんで、買ってみて魚フライにかけて食べてみました。赤ワインの風味を感じ、そして酸味、キレがあり輪郭のハッキリとしたソース。フライにはこれくらい明確な個性をもったソースの方があってるし、私はすごく気に入りました。

これ以外にも、香辛料の効いた辛口ソースや創業時の味わいを再現した復刻ソースなどあり、次はそれを試してみたいなと。灯台下暗し。こんな美味しいソースが地元にあったとは。ちょっと驚きでした。大げさじゃなく、ホントにホントに。

オジカソース へのツイート

オジカソースのオリソースうまいです。神戸はドロソースというて京都はオリソースらしいです。

井上 バッキーさん(@vackey1959)がシェアした投稿 -

詳細情報

社名
㈱オジカソース工業
住所
京都府京都市 山科区勧修寺東出町9
電話番号
075-573-3061
詳細サイト
http://www.ozika.net/

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

三杯目 J Soup Brothers 三杯目 J Soup Brothers